2017年7月28日 (金)

最新パーツ全部盛り 試乗車

 予告していました試乗車が一応の完成をみました。

 

Dogma1
 7月16日のあわいち150kmでシェイクダウンを済ませましたが、各パーツの動作に問題が無いのを確認した程度でした。

 その後80km程度走行していますが、当然不具合はありません。ディスクブレーキのあたりががまだ出ていないのが問題と言えば問題ですが、あたりが出せるほどの下りを下っていないのでしかたがないでしょう。

 それでもブレーキの効き具合は抜群(タイヤの限界をはるかに超えています・・・怖いんで限界は試していませんが)と言えます。その上、シマノのキャリパーブレーキの欠点であるコントロール性の低さが見事に解消されています。カンパなみかそれ以上です。ブレーキレバーの引きも軽く、もうキャリパーブレーキには戻れないかも・・・

 ■ フレーム:PINARELLO DOGMA F8-DISK
 今更、旧型になってしまったF8かと言えば、2017年6月時点ではF10-DISKは発表もされて無く(2017年7月28日発表)、最短で手に入るディスクブレーキ対応フレームだったわけです。

 ■ コンポ:SHIMANO デュラエースDi2
 ■ ブレーキ:SHIMANO ロード用ディスクブレーキ(デュラエース R9170)
 新しい試乗車を用意する気になったのは、このディスクブレーキの発売が発表されたからですが、その時点(2016年7月)では発売時期が未定という(笑)

 ■ ホイール:MAVIC コスミック プロ カーボン  SL クリンチャー ディスク
 この試乗車の計画が始まったのが約1年前で、その時点で発売が確実だったカーボンクリンチャーでディスクブレーキに対応していたのがこのホイールだけだったのです。
 フレームも決まっていなかったので、アクスルが9mmQR/スルーアクスルのどちらにでもアタッチメントの交換で対応出来るのも決めての一つでした。

Dogma2
 R9170ですが未対応の32Tギヤを装着しています。
 ツーリング程度の走り方では何事もなく変速してくれます。

Dogma3
 ホイールがMAVICでセンターロックディスクが装着出来ないので、正体不明(長期在庫)の6穴のローターを使っています。

 現時点では最高峰(ちょっと上にF10がいますが・・・)のカーボンフレームにカーボンクリンチャーホイール、油圧ディスクブレーキ、Di2(電動変速)と、最新技術を体験していただけます。


 試乗用ペダル(下記がご用意できます)
   TIME:エクスプレッソ
   SHIMANO:SPD-SL
   クランクブラザース

   ※その他のペダルで試乗をご希望の方はご自身のペダルを持参して下さい。

 試乗時には写真入りの身分証明書をご提示下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月19日 (月)

フィジーク バーテープ ニギニギ見本

 見た目のカッコ良さと、滑りにくくにぎり心地の良さで人気のフィジークバーテープには厚さが3種類あります。

 「SUPER LIGHT 2mm」「ENDURANCE 2.5mm」「PERFORMANCE 3mm」

Fizik

 それぞれのにぎり心地の違いを試していただけるように見本を用意しました。

 ぜひ、ニギニギしにご来店下さい。

 3種類共に各色を取り揃えてあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月28日 (月)

ハッチンソンのニュータイヤ フュージョン5

 ハッチンソン(仏)のニュータイヤが入荷しています。
 これまでのフュージョン3が全面的に刷新されてフュージョン5となって発売されました。

Fusion5

 モデルは大きく分けて3種類あります。

Fusion5600

 □ フュージョン5 ギャラクテック
   スピードとパフォーマンスを重視した軽量タイヤ
 ■ クリンチャー 700x23C 190g ¥9,600
 ■ クリンチャー 700x25C 205g ¥9,600
 ■ チューブレス 700x23C 240g ¥10,800
 ■ チューブレス 700x25C 250g ¥10,800

 □ フュージョン5 パーフ
   ギャラクテックの耐パンク性を向上させた軽量タイヤ
 ■ クリンチャー 700x23C 200g ¥8,000
 ■ クリンチャー 700x25C 215g ¥8,000
 ■ チューブレス 700x23C 285g ¥9,600
 ■ チューブレス 700x25C 295g ¥9,600

 □ フュージョン5 オールシーズン
   様々な路面での耐久性を高めたロングライド用タイヤ
 ■ クリンチャー 700x23C 210g ¥7,400
 ■ クリンチャー 700x25C 295g ¥7,400
 ■ チューブレス 700x23C 225g ¥9,500
 ■ チューブレス 700x25C 315g ¥9,500

 その中でも一番需要の多いであろう「フュージョン5 オールシーズン」の700x25Cを試して見ました。

 普段走っている自宅近くの周回コースは路面状況を覚えていますから旧モデルのフージョン3との比較も出来ます。

 それだけでなくロングライドでも使ってみて、総計300km程度走行しての感想です。
 ホイールはOPEN-PROを使った手組ホイールを使い、チューブも同じ物を使いました。もちろん空気圧も同じです。

 走り出してのすぐに感じたのは走行感が軽いと言う事です。それと転がり抵抗が大幅に低減されていて、空走時の速度の低下が非常に小さくなっています・・・どこまでも転がって行ってくれそうです。
 ハブのベアリングをセラミックに換えたときにも、同じ感覚を味わいました。

 乗り心地も良くなっています。25Cの空気量の多さだけでなく、タイヤのしなやかさが増しての乗り心地の良さを感じます。

 ロングライドでは四国を190km走ってきましたが、疲れが非常に少なくて、走り終わっても元気そのものでした。

 このタイヤはホント!お薦めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月23日 (月)

軽量ペダルの憂鬱

 5年間使ってきたペダルのベアリングが、ゴリゴリし出したので交換しました。走行距離は3万キロくらいでしょうか。
 TIME ICLICからMAVIC Zxelliumへ交換しました。TIMEからMAVICへブランドが変わったと言っても、MAVICのペダルはTIME XPressoなので、実際は旧型から最新型への交換と同じ事なんですがね。

Time_1

 ICLICとXPresso&Zxelliumはクリートは共通なので機構は同じです。5年で進歩したのは、クリートのキャッチ&リリースがよりスムーズになった事と、軽量になった事です。

 キャッチ&リリースは本当にやりやすく改良されています。ICLICの頃は若干の癖があって、扱いにくいと感じる人もありましたが、今のモデルは癖が無くなって扱いやすくなっています。

 当店では、初めてビンディングペダルを買われる場合、ペダルとシューズをセットでお買い上げいただくと、自転車に取り付けてキャッチ&リリースの練習をしてもらっています。その際に一番速く慣れていただけるのがXPressoです。

Time_2

 で、何が憂鬱なのかと言えば、軽量になりすぎたボディなんです。ICLICも軽量でしたが、ボディがふっくらとしていてペダルシャフトの前後で重量差があったので、フリーな時のペダルはほぼ垂直に立っていました。

 ペダルが垂直に立ってくれていると、後ろからシューズを持って行って、簡単にクリートの前側をペダルに引っかける事が出来るのです。毎回同じ動作でペダルをキャッチ出来て、失敗する事がありませんでした。

 ところがXPressoになって、より軽量なボディになった事で前後の重量差が小さくなって、フリーな時のペダルの姿勢が一定しなくなってしまいました。これでは一回でキャッチする事が非常に難しくなってしまいました。

 信号待ち後のスタート等がストレスなので、ちょっと手を加えてみました。

 左側のペダルのみ後ろ側に錘を貼り付けました。錘の重さは3g程度ですが、これでペダルは垂直に立った位置で一定するようになってくれました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月30日 (金)

フィジーク RONDINE

 フィジークのコンフォートサドル「RONDINE(ロンディネ)」が再登場!

Fizik1

 パッドをたっぷりと入れたコンフォート系のサドルと言えば、お世辞にもカッコイイとは言えないポッテリとしたデザインが定番ですが、フィジーク ロンディネはアリオネに似たデザインでスタイリッシュに仕上がっています。

Fizik2

 たっぷりとしたパッドと幅広な座面やサドル中央の窪みは、硬めのサドルでは痛みを感じるビギナーにも快適なライディングを提供してくれるでしょう。

 完成車に標準で装備されたサドルにご不満な方にお薦めです。

Fizik3

 サドル後部の両サイドに配置されたガードは転倒等の傷付きからサドルを守ってくれます。

 □ フィジーク ロンディネ
 ■ レール:マンガネーゼ
 ■ サドルトップ:マイクロテックス
 ■ カラー:ブラック
 ■ 価格:¥6,980(税別)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月18日 (火)

シマノ10速ホイールに11速スプロケットを装着

 今更ながらのネタで・・・シマノ10速(8/9/10速)対応ホイール(ハブ)に装着出来る11速スプロケットが最近発売されましたが、10速の幅の中に11速分(11枚)のスプロケットを入れてあるという事で、変速に癖があるという事です。

 そこで、検索してみるとシマノのスプロケットを削って売り出しているSHOPさんがあるんですね。なるほど!って事で、知り合いに相談してみると・・・出来るよって引き受けてくれました。

Shimano_11
 とりあえず試作してもらって、WH-RS80に装着してテストしています。

 日曜日の走行会他で100kmほど走っていますが問題ないのは当たり前の事ですね。シマノのスプロケットを取付部分だけ加工して使っているので、変速に問題が出るわけ無いですね。
 削っているのは必要最小限なので、強度も問題無いはずです。

 CS-9000(デュラエース)が\29,000~32,000、CS-6800(アルテグラ)が\12,000~\12,500(税別)、CS-5800(105)が\9,500~\10,000(税別)と言うお値段になりますが、欲しい!って方はいらっしゃいますかね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月25日 (月)

fi'zi:k ARIONE K3(トライアスロン用)テストサドル

 テストサドルへの追加がもう一品あります。フィジーク アリオネK3。

Fizik_arione_test1
 標準のアリオネよりも全体にパッドが厚く、特にノーズは前乗りで使いやすいようにより厚くなっています。

Fizik_arione_test2
 来シーズン用のサドルを探されている方はご利用下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月18日 (月)

fi'zi:k TRITONE(トライトーン) サドル

 最近、流行の兆しを見せているノーズのないサドル。フィジークからも発売されました。

 こんな特殊な形状のサドルを新製品ですよ!と言って、簡単に奨めるわけにはいきませんので、試乗用のサドルを用意しました。

Fizik_tri_test1
 最新テクノロジーから生まれた荷重分散に優れるパッドに「チャンネル(溝)・デザイン」を施して快適性とパフォーマンスの向上を図ってあります。
Fizik_tri_test2
 前後にポジション出しがしやすいロングレールアジャスタビリティを備え、サドル長はUCIレギュレーションに適合する24cmとトライアスロンだけでなくロードTTにも使用可能です。
 サドル先端にはバイクラックにかけたときに安定するトランジションフックが装備されています。

Fizik_tri_test3
 後端にはボトルケージ2個が装着可能な取り外し式のステーが取り付け可能です。

Fizik_tri_test4

 ■ サドル長:240mm
 ■ 重量:250g
 ■ カラー:Black/Red・Black/White
 ■ 価格:¥20,070(消費税 5%込)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月19日 (土)

Pioneer ペダリングモニター他

 今日のメインはパイオニア製のペダリングモニターシステムの講習です。この講習を受けておかないと取扱が出来ないという事で、万難を排して(と、いうほどでもありませんが)参加してきました。

1016_pioneer
 対応クランクはSHIMANO製 FC-9000/FC-7900/FC-7950 でその他のクランクには対応していません。また、SHIMANO純正BBはそのまま使えますが、プレスフィットBBの場合は別途オプションBBを使う必要があります。

 左クランクの内側にはセンサーが貼り付けられますが、写真で見るよりも大きな物が出っ張っています。このためフレームによっては干渉する事があり、クリアランスの確認が必要です。

 ペダリングモニターセンサーのクランクへの取付はメーカーでの作業となり、クランクを送付して約1週間かかります。

□ 機能
 ・パワー・左右独立パワー:左右別々にパワー値を測定(他のパワーメーターと同じ)

 以下はペダリングモニターシステムのみの機能
 ・ペダリング効率:ペダリングの回転角度を30°毎に分析した効率
 ・パワーベクトル:パワーの出ている方向
 ・ペダリングトルク:ペダリングの回転角度30°毎のトルク値
 ・ペダリングロス:マイナスに働いている力

 以上がリアルタイムで表示されるだけでなく、「シクロスフィア」と呼ばれる専用サイトに走行ログをアップロードして解析することもできます。

 浅田さん(エキップアサダ)の事例報告では、実際のレースでの1選手のデーターを使って説明がありました。
 地図と連動して時間毎の勾配とパワーデーターを照らせ合わせて、ペダリングの分析が出来る事を画面上で見せられると、すごい時代がきたな~と思いますね。

 上手にペダリングしているとか、ペダリングでロスが出てしまってスプリントで負けたんだ等々が一目瞭然というのは、選手にとっては良いのか・・・悪いのか・・・。

 選手でなくても、自身のペダリングを解析して改善に役立てるという使い方も出来ますが・・・それには、ちょっとお値段が高いですかね。

 ■ ペダリングモニターセンサー:¥157,500(消費税 5%込)
 ■ サイクルコンピューター:¥84,000(消費税 5%込)
   ※サイクルコンピューターはすべてのデーターを表示するのに必要です。
   ※ANT+モード対応機器(GARMIN EDEG等)ではパワー・左右パワー・ケイデンスが表示できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月17日 (土)

入荷 ビットリア ラリー21チューブラータイヤ

 練習用チューブラータイヤの定番、ビットリア ラリー21が入荷しています。当店ではチューブラータイヤも欠かさず在庫を持つようにしています。

Vittoria
 ■ ラリー21 ¥2,625

Michelin
 練習用チューブラータイヤ以外にも「ミシュラン プロ4チューブラー(28-24)」と「ビットリア コルサSC(28-23)」も在庫しています。

 ■ ミシュラン プロ4チューブラー \8,925(リムセメント付属)
 ■ ビットリア コルサSC \9,450

| | コメント (0) | トラックバック (0)