« 2017年9月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年10月24日 (火)

JAMIS RENAGADE EXPLORE 2018年モデル入荷

JAMISのアドベンチャーロード「RENAGADE EXPLORE」2018年モデルが入荷してきました。展示車が2台?ではなくて1台は売約済みです。

 最近注目の新しいジャンルのアドベンチャーロードは、遊びの幅を広げてくれますね。


Jamis1

 □ JAMIS RENAGADE EXPLORE
 ■ Size:44・48 650B, 51・54・56・ 58 700c
 ■ Frame:6061 aluminum double-butted
 ■ Fork:monocoque carbon composite
 ■ Rear Derailleur Shimano Sora RD-R3000GS
 ■ Crank FSA Vero
 ■ Rims:WTS(UST Tubeless Compliant System), 32H,
 ■ HUB:Formula 12mm front and QR rear
 ■ Tires:700 x 36c
 ■ Shift levers:Shimano Sora ST-R3000
 ■ Handlebar:Ritchey Evomax Comp 6061aluminum 73reach 120drop
                400mm(44)・420mm(48-51)・440mm(54-56)・460mm(56/58)
 ■ Cassette:Shimano HG400 9-speed, 11-32T
 ■ Crank:FSA Vero 50/34T 165mm(44/48)・170mm(51)・172.5mm(54/56)・175mm(58)
 ■ Brakeset:Tektro Lyra mechanical disc brake
 ■ Color:Cream Stout/Armor Green
 ■ Weight:10.4kg
 ■ Price:\118,000(税別)

 ハンドバーとクランクがフレームサイズ毎に、最適なサイズの物を設定してあるのは、メーカーの良心を感じますね。

 タイヤは標準で36Cがセットされていますが、フレームとのクリアランスは余裕があるのでもっと太いタイヤに換装も可能です。


Jamis_front

 フロントは12mmスルーアクスルで、ローター径は160mmです。


Jamis_front_fork

 フロントフォークの両サイドにはキャリア取付ダボ装備されています。フォークだけでなくフレームにもキャリア取付ダボが装備されているので、荷物の積載方法に自由度が上がっています。


Jamis_rear

 ディスクブレーキは前後共にワイヤーです。リアホイールはクイックレリーズが採用されています。


Jamis_bottle

 ボトル台座はシートとダウンチューブの2箇所に加えてダウンチューブ下にも装備されて荷物の積載にも配慮が行き届いています。


Jamis_top

 ワイヤー類はシフト・ブレーキ共にフルアウターでトップチューブ上にルーティングされて、オフロード走行で埃や泥をかぶっても影響が出ないように考慮されています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月21日 (土)

SHIMAO R8050 電動アルテグラ発売

秋祭り~!

秋の新製品祭り! パワーメーター・GPSサイコンと来て第三弾です。

電動アルテグラ「R8050」が発売されて入荷して来ました。


R8050

フロントディレーラーは、モーター部分が小型になりスッキリとした見た目になっています。モーターは小型化されただけでなくパワーアップもされているそうで、より確実な変速が期待できます。

リアディレーラーは、デュラエース(R9150)と同様にダイレクトマウント対応のシングルテンションとされて、横への張り出しが少ないシャドー化もされています。

従来のRD-6870SSでは最大ローギヤが28Tでしたが、RD-R8050SSでは30Tになっていて、よりワイドレシオ対応になっています。


R8050_switch

ST-R8050にもブラケット先端の隠しスイッチ(スイッチA)が装備されて、この面でもデュラエース(ST-R9150)と同等になっています。

この隠しスイッチのどこが良いのか?

無線ユニット(EW-WU111A等)が必要ですが、シフト操作やサイコン(GARMIN等)のページめくり等が割り当てられます。

シフト操作に割り当てれば、左右のスイッチでシフトアップ/シフトダウンが操作できます。

サイコンの操作に割り当てれば、スイッチの短押し・長押しでそれぞれ別々の機能が割り当てられて、ページスクロールやタイマースタート/ストップ・手動ラップ・個別のページへジャンプ等がハンドルから手を離さずに行えるようになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月19日 (木)

GARMIN EDGE1030 発売

 GARMINの新型GPSサイクルコンピューターが発売されて、入荷してきました。

 

Garmin_1030
 さっそく固定ローラで試しています。

 

Garmin_1030_power
 シマノのパワーメーターのデーターはこのように表示されます(他にも項目はあります)

 

Garmin_bracket
 ブラケットの表裏はこのようになっています。
 拡張バッテリーに接続用の端子が付いてくるんでしょう、現状では固定できるようになっているだけです。なお、拡張バッテリーは発売が延期されて納期未定になっています。

 

 私、個人的には日照時間も短くなっているので長時間の走行もしないでしょうから、来春までに発売されれば良いんですけどね。

 

 さてさて、設定項目が増えていて、どう使いこなして行きましょうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月15日 (日)

シマノ製パワーメーター FC-R9100P 入荷

 発売される事は決まっていましたが、時期が未定だったシマノ製パワーメーターがようやく発売されて入荷して来ました。

Fc9100p
 □ SHIMANO FC-R9100P
 ■ 極めて正確なひずみゲージで測定し、どのペダリングポジションでも安定したパワー測定
 ■ トラブルを軽減する内蔵充電式バッテリー仕様
 ■ チェーンリング交換時にも影響を受け難い構造
 ■ 瞬時に計測を開始:トランスミッターのスイッチで簡単にリセットが可能
 ■ BluetoothRLE と ANT+ に対応


 □ 計測情報
 ■ パワー
 ■ パワー左右バランス
 ■ ペダルスムーズネス
 ■ ケイデンス
 ■ トルクエフェクティブネス
 ■ バッテリー残量情報


Fc9100p_charging
 右クランクのユニットから充電するようになっていて、外から見えるのは充電端子の蓋だけです。
 全体に小型・軽量でパワーメーターの存在を主張しない仕上がりになっています。

 シマノから発売されるのはパワー測定する部分だけで、表示は
GARMIN製のEDGEシリーズが代表的な、ANT+に対応したサイクルコンピュータを別途用意する事になります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年12月 »