« SHIMANO ロード・パフォーマンスシューズ RP3 新色 | トップページ | 小さなサイズのフレームでも使用可能 オーストリッチ製「スマートイージーパック」 »

2017年7月28日 (金)

最新パーツ全部盛り 試乗車

 予告していました試乗車が一応の完成をみました。

 

Dogma1
 7月16日のあわいち150kmでシェイクダウンを済ませましたが、各パーツの動作に問題が無いのを確認した程度でした。

 その後80km程度走行していますが、当然不具合はありません。ディスクブレーキのあたりががまだ出ていないのが問題と言えば問題ですが、あたりが出せるほどの下りを下っていないのでしかたがないでしょう。

 それでもブレーキの効き具合は抜群(タイヤの限界をはるかに超えています・・・怖いんで限界は試していませんが)と言えます。その上、シマノのキャリパーブレーキの欠点であるコントロール性の低さが見事に解消されています。カンパなみかそれ以上です。ブレーキレバーの引きも軽く、もうキャリパーブレーキには戻れないかも・・・

 ■ フレーム:PINARELLO DOGMA F8-DISK
 今更、旧型になってしまったF8かと言えば、2017年6月時点ではF10-DISKは発表もされて無く(2017年7月28日発表)、最短で手に入るディスクブレーキ対応フレームだったわけです。

 ■ コンポ:SHIMANO デュラエースDi2
 ■ ブレーキ:SHIMANO ロード用ディスクブレーキ(デュラエース R9170)
 新しい試乗車を用意する気になったのは、このディスクブレーキの発売が発表されたからですが、その時点(2016年7月)では発売時期が未定という(笑)

 ■ ホイール:MAVIC コスミック プロ カーボン  SL クリンチャー ディスク
 この試乗車の計画が始まったのが約1年前で、その時点で発売が確実だったカーボンクリンチャーでディスクブレーキに対応していたのがこのホイールだけだったのです。
 フレームも決まっていなかったので、アクスルが9mmQR/スルーアクスルのどちらにでもアタッチメントの交換で対応出来るのも決めての一つでした。

Dogma2
 R9170ですが未対応の32Tギヤを装着しています。
 ツーリング程度の走り方では何事もなく変速してくれます。

Dogma3
 ホイールがMAVICでセンターロックディスクが装着出来ないので、正体不明(長期在庫)の6穴のローターを使っています。

 現時点では最高峰(ちょっと上にF10がいますが・・・)のカーボンフレームにカーボンクリンチャーホイール、油圧ディスクブレーキ、Di2(電動変速)と、最新技術を体験していただけます。


 試乗用ペダル(下記がご用意できます)
   TIME:エクスプレッソ
   SHIMANO:SPD-SL
   クランクブラザース

   ※その他のペダルで試乗をご希望の方はご自身のペダルを持参して下さい。

 試乗時には写真入りの身分証明書をご提示下さい。

|

« SHIMANO ロード・パフォーマンスシューズ RP3 新色 | トップページ | 小さなサイズのフレームでも使用可能 オーストリッチ製「スマートイージーパック」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最新パーツ全部盛り 試乗車:

« SHIMANO ロード・パフォーマンスシューズ RP3 新色 | トップページ | 小さなサイズのフレームでも使用可能 オーストリッチ製「スマートイージーパック」 »