« 旧型シューズが大特価! | トップページ | 新発売 GARMIN Edge820J »

2016年9月 9日 (金)

JAMIS(ジェイミス) ICON PRO アルミフレームロードバイク

 今さらアルミフレーム?ではなく、今だからのアルミフレームモデルの紹介です。

Jamis_icon1
 □ JAMIS ICON PRO
 ■ フレーム:ダブルバテッド6061アルミニウム
 ■ フォーク:CarbonComposite
 ■ コンポ:SHIAMNO 105(5800) 11速
 ■ ブレーキ:TEKTRO
 ■ ホイール:MAVIC Aksium
 ■ カラー:Black
 ■ サイズ:480/510/540/560
 ■ 価格:¥178,000(税別)
   ※当店販売価格は店頭にてご覧下さい。

Jamis_icon2
 マットブラックの本体カラーに、グロスブラックのロゴと、渋い見た目の仕上がりです。

Jamis_icon4
 アルミフレームも進化しています。安い・軽い!のがアルミフレーム、の時代を経て、新しいアルミフレームの時代が来ています。

 JAMISが提唱している「SSD(Size Specific Design サイズ毎に合わせたデザイン)」は、同じモデルであれば、すべてのフレームサイズが、同じ乗り味であるべきだとの考えに基づき設計する思想です。
 同一パイプ・同一ジオメトリーだと、大きなサイズは柔らかく、小さなサイズは硬くなってしまいますが、サイズ間の乗り味を統一するために、パイプ径を変え、ジオメトリーを最適化してあります。

 この設計手法で、JAMISの考えるロードバイクの乗り味を、サイズの大小にかかわらずユーザーに体感していただけるようになっています。

Jamis_icon3
 ICON PROのフレームカットモデルです。バテッド(パイプ肉厚が変えてある)したパイプを使っています。

 このパイプの使い方で縦のしなやかさを出して、カーボンフレームに負けない(物によっては凌駕する)衝撃吸収性を実現しています。

 そして、シートチューブはたわまないのが正義だそうです。

 全くそうだと思います。BBまたはペダルとサドルの位置関係を、ミリ単位で設定するバイクフィットが提唱されて支持されているのに、シートチューブがたわむ?動く?あり得ないでしょう!レーザーまで使って測定して、設定する意味が無くなってしまいますよね。

 このがっしりと、たわまないシートチューブが、前に進む剛性を生み出しています。

 実際に試乗してみましたが、本当にアルミフレームなのかと疑いたくなるくらいの衝撃吸収性です。衝撃吸収性のいいアルミフレームは、柔らかくて走らないはずですでしたが・・・全くそんな事は無く、しっかりと走ってくれるので、ますます???でしたが、「ICON PRO」の良さはしっかりと体感できました。

 初めてのロードバイクには、お薦めのモデルです。

|

« 旧型シューズが大特価! | トップページ | 新発売 GARMIN Edge820J »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JAMIS(ジェイミス) ICON PRO アルミフレームロードバイク:

« 旧型シューズが大特価! | トップページ | 新発売 GARMIN Edge820J »