« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月23日 (月)

軽量ペダルの憂鬱

 5年間使ってきたペダルのベアリングが、ゴリゴリし出したので交換しました。走行距離は3万キロくらいでしょうか。
 TIME ICLICからMAVIC Zxelliumへ交換しました。TIMEからMAVICへブランドが変わったと言っても、MAVICのペダルはTIME XPressoなので、実際は旧型から最新型への交換と同じ事なんですがね。

Time_1

 ICLICとXPresso&Zxelliumはクリートは共通なので機構は同じです。5年で進歩したのは、クリートのキャッチ&リリースがよりスムーズになった事と、軽量になった事です。

 キャッチ&リリースは本当にやりやすく改良されています。ICLICの頃は若干の癖があって、扱いにくいと感じる人もありましたが、今のモデルは癖が無くなって扱いやすくなっています。

 当店では、初めてビンディングペダルを買われる場合、ペダルとシューズをセットでお買い上げいただくと、自転車に取り付けてキャッチ&リリースの練習をしてもらっています。その際に一番速く慣れていただけるのがXPressoです。

Time_2

 で、何が憂鬱なのかと言えば、軽量になりすぎたボディなんです。ICLICも軽量でしたが、ボディがふっくらとしていてペダルシャフトの前後で重量差があったので、フリーな時のペダルはほぼ垂直に立っていました。

 ペダルが垂直に立ってくれていると、後ろからシューズを持って行って、簡単にクリートの前側をペダルに引っかける事が出来るのです。毎回同じ動作でペダルをキャッチ出来て、失敗する事がありませんでした。

 ところがXPressoになって、より軽量なボディになった事で前後の重量差が小さくなって、フリーな時のペダルの姿勢が一定しなくなってしまいました。これでは一回でキャッチする事が非常に難しくなってしまいました。

 信号待ち後のスタート等がストレスなので、ちょっと手を加えてみました。

 左側のペダルのみ後ろ側に錘を貼り付けました。錘の重さは3g程度ですが、これでペダルは垂直に立った位置で一定するようになってくれました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月16日 (月)

汗冷えしないアンダーウエア

 寒い時期に一番困るのは、登りは暑い(汗をかく)、下りは寒い!しかもいい加減なアンダーウエアを着ていると汗冷えでもっと寒くなる、と言う二重苦に苦しめられる事でしょう。

 これから紹介するのは、高価なメリノウールを使っていなくても汗冷えしないアンダーウエアです。

173_1

 □ パールイズミ ウオームフィットドライアンダー
 ■ 価格:¥5,000(税別)

 薄手の生地が皮膚にピッタリと密着して汗を吸ってくれます。カッティング&縫製も自転車の乗車姿勢(前傾で腕が前)に合わせてあるのでより密着度があがります。

 汗冷えも無く、快適な走行を支えてくれる、今の時期に最適なアンダーウエアです。

173_2

 こんな生地を使っています。


188_1

 □ パールイズミ ヒートテックセンサー
 ■ 価格:¥8,000

 厳寒期(0℃前後)にお薦めはこのアンダーウエアです。前面の防風素材が冷気をブロックして暖かさを保ってくれます。そして、ハイネックが首筋への風の侵入を防いでくれます。

188_2

 こんな生地を使っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 3日 (火)

ふぞろいのウエアたち

 昨年以前からの持ち越しの冬物ウエアをバーゲンセール!

Winter

 長袖・タイツ・長袖アンダー・ウインドブレーカー等々・・・30% OFF です。

 たくさんはありませんので・・・お早めにどうぞ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »