« 手のひらサイズの防水スポーツカメラ「CM-1000」 | トップページ | TIG チタンMTBフレーム »

2014年2月22日 (土)

GARMIN EDGE810J

 GARMIN EDGE810Jが人気です。消費税増税前の駆け込み?でしょうか。

Garmin
 セットアップもしといて!と頼まれた一台をお借りして、800Jと810Jの違いを確認してみました。
 起動時の画面表示やメニュー構成が大きく変わっていますが、機能の基本は同じです。

 当店でEDGE810J(510J)をお買い上げいただいたときにお渡ししている、当店独自の説明書も810Jに合わせて一部を書き換えて、わかりやすくしました。
 付属している操作マニュアルには機能や操作方法は詳しく記載されています(当たり前です)が、独自に作ったナビデーターを使ってナビが出来るのに、その方法については一切触れられていません。

 カーナビで目的地を決めてナビをさせていると、なんで?こんな道を通るんだ!という経験をされた方は多いと思います。EDGE810Jで目的地検索をしてナビをさせた場合も同じです。
 国道を回避とか、勾配のきつい所は回避等々選択は出来ますが完璧ではありません。此処を通って行きたいと思えばルートラボ等でデーターを作る必要があります。
 自分で作らなくてもネット上で公開されているデーターを使えば、簡単にお薦めコースを間違えずに走って来られます。

 当店の説明書は、独自のナビデーターの作り方や本体へのインストール方法、必要な本体の設定についても解説してあります。GPSでは汎用と言える「.gpx」を使って、他のファイル形式への変換をしなくても使える方法を解説してありますので、パソコンが使える人なら特別な知識はなくても使っていただけます。

|

« 手のひらサイズの防水スポーツカメラ「CM-1000」 | トップページ | TIG チタンMTBフレーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GARMIN EDGE810J:

« 手のひらサイズの防水スポーツカメラ「CM-1000」 | トップページ | TIG チタンMTBフレーム »