« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月30日 (土)

SHIMANO 9070 試乗車

 シマノの最新電動コンポ、デュラエース9070Di2試乗車を、グラファイトデザインのメテオランチに組み付けた試乗車を用意してあるのはすでにお知らせしてあります。

 メテオランチにはDi2の内蔵に対応したフレームがありませんので、外装で組み付けてあります。
 NewフレームにはDi2内蔵に対応したフレームが次々と発売されていますが、既存のフレームへコンポのグレードアップの場合には外装で組み付ける事になります。外装で組み付ければどのような仕上がりになるのかご覧下さい。

Gdr
 まずは、外観です。当然ですがなんの違和感もありません。

Lever
 コントロールレバーは外装・内蔵、どちらでも同じです。非常に細見に出来ていて握りやすくなっています。アルテグラDi2よりも細くなっているように感じます。

 リーチ調整も出来ます。レバーが一番手前に来るように調整しています。

Junction
 ジャンクションは標準ではステムの下側に取り付けるようになっています。アルテグラDi2のようにジャンクションからケーブルが出ているわけではなく、自由な長さのケーブルを差し込めるようになっているので、取付場所は他を選択する事も出来ます(インジケーターが見える必要はありますが)。

Fdrd
 外装で組み付けてもケーブル(eチューブ)はすっきりとまとまっていて、余分なケーブルが出っ張ったりはしていません。

Fd_front
 フロントディレーラ部分。ケーブルの差し込み口が後ろ側に変更されたので前からはなにも見えていません。この辺りの処理の仕方によっては、チェーンの脱落時にケーブルを切断してしまわないかと心配になったりします。9070ではチェーン側にケーブルが来ないように処理することが簡単にできるようになっているので安心です。

Fd_back
 ボトムブラケット下のジャンションです。外装で組み付ける場合には、タイヤやチェーンとケーブルが干渉しないように一番気を遣う場所です。

 写真中央で上に行っているのが、フロントディレーラへつながるケーブルです。右側はリアディレーラーへ行っています。左側にはバッテリーがあります。

 バッテリーは本来だと、ボトル台座のネジを使って取り付けるようになっていますが、ちょっと細工をして左側のチェーンステイ下側に取り付けてあります。この位置に取り付けておくと、フレームサイズが小さくてもボトルケージの取付位置に困る事が無くなります。

 ケーブルの露出は最小限で、フレームに沿った部分にはカバーを被せてあります。このカバーはシマノ純正品で、外装で組み付けた場合に使用するように指定されています。カラーはホワイトとブラックが用意されています。
 当店での組付けでは、フレームの塗色に合わせて使うカラーを選択して、出来るだけ目立たないように処理をしています。

Down
 ダウンチューブ下もカバーしてあります。
 このように、見た目も機能も安全性も、外装と内蔵の区別が付かないように処理する事ができます。

Indication
 これはデュラエースDi2(9070)/アルテグラDi2(6770)に共通の話題です。

 電動アルフィーネのシフトインジケーターでリアのシフト位置が表示されています。

Charge
 内蔵バッテリーへ充電する事も出来ます。

 どちらも取付の可否はご注文時にご相談下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月29日 (金)

キャットアイ GPSサイクロコンピュータ

 キャットアイから新発売となるGPSを使ったサイクロコンピュータ二機種が、正式発売を前に先行入荷してきました。

Cateye
 CC-GL10/CC-GL50共に、GPSを利用したデータ計測を行うので車体への取付は本体のみでよく、センサー類は不要となっています。また、充電とデータ通信はUSBクレードル(標準添付)を使って手軽に行えます。

Cateye_50
 □ STEALTH 50 CC-GL50
 ■ 最大60時間の走行ログ記録
 ■ ANT+規格センサー対応4信号ワイヤレス
 ■ 専用サイト(CateyeAtlas/Trainingpearks/Strava)での走行ルート・データ閲覧と蓄積
 ■ ワンボタンのシンプル操作
 ■ PCからの本体設定
 ■ 夜間常時バックライト(ナイトタイム設定)
 ■ メニュースクリーン
 ■ ペースアロー
 ■ 積算距離入力(使用開始時の積算距離を任意に設定できます)
 ■ オート専用モデル(走行を開始と同時に計測開始)
 ■ FlexTightブラケット(工具を使わずに取付)
 ■ 心拍センサー(HR-11)・ケイデンスセンサー(ISC-11)・パワーメーター対応(別売)
 ■ 価格:¥15,750

Cateye_10
 □ STEALTH 10 CC-GL10
 ■ 最大60時間の走行ログ記録
 ■ 専用サイト(CateyeAtlas/Trainingpearks/Strava)での走行ルート・データ閲覧と蓄積
 ■ ワンボタンのシンプル操作
 ■ PCからの本体設定
 ■ 夜間常時バックライト(ナイトタイム設定)
 ■ メニュースクリーン
 ■ ペースアロー
 ■ 積算距離入力(使用開始時の積算距離を任意に設定できます)
 ■ オート専用モデル(走行を開始と同時に計測開始)
 ■ FlexTightブラケット(工具を使わずに取付)
 ■ 価格:¥12,600

 ※CC-GL10はANT+センサーには対応していません。GPSによる計測機能のみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月27日 (水)

ゼファール マイクロポンプ

 サイクリングにつきものなのはパンク。最近は道路も綺麗になって異物を踏んでパンク、というのも減っていますが、やっぱりするときにはする。

 小型でカラフルな「Zefal AirProfilMicro」が入荷してきました。

Zefal
Zefal_1
 フレンチバルブ(Presta)と米式バルブ(Schrader)に対応しています。

 ■ 重量:88g
 ■ 最大気圧:100psi(7気圧)
 ■ 付属品:ボトル台座取付ブラケット
 ■ 価格:¥1,932

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月26日 (火)

ピナレロ by パールイズミ

 春がすぐそこまで来ています。 店内のウエア&小物(グラブ等)も春・夏物に切り替わりました。

Pinarello
 新柄のピナレロウエア(パールイズミ製)も入荷しています。日本人の体型が判ったパールイズミが製造していますので、着心地も満点です。

 半袖ジャージ:¥11,550
 パンツ(3Dneoパッド):¥11,550


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 2日 (土)

KCNC SMART MOUNT

 ハンドルバーに取り付けて、サイクルコンピューターやライト類の取付場所を増やす補助バーが軽量パーツで有名なKCNCから発売されています。
 31.8mmと26mmのパイプが付属していて、ハンドルバーの径が318mmの時には26mmのパイプを使う事になります。

Kcnc
 ■ 積載重量:300g以内
 ■ 重量:44g
 ■ 価格:¥3,150

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 1日 (金)

パルスプラス(指輪型脈拍計)

 装着感が気にならない指輪タイプです。従来の心拍計は正確に計測するために胸にベルトを巻いてセンサーを取り付けていましたが、この商品は指輪のように指にはめるだけで心拍数を計測してくれます。
 ただ、胸と違って密着度が少し落ちる分、激しい運動をした場合の計測精度は若干落ちてしまいます。

 デモ機がありますので、ご興味のある方はお試し下さい。

Pulsplus
 ■ 簡単モード
   現在の脈拍数を表示します。中止すると時計モードに戻ります。

 ■ トレーニングモード
   脈拍数・運動強度・累積トレーニング時間・平均脈拍数・燃焼カロリーを測定表示
   ※身体情報:性別・年齢・身長・体重・最大脈拍目標値・最小脈拍目標値を入力

 ■ 脈拍ターゲットゾーンの設定
   設定した上限・下限の脈拍数を逸脱すると警告音が鳴ります
   ※運動強度を上げすぎることなく持続した運動が出来ます

 ■ 時計モード
   12時間表示の時計

 ■ 外気温測定モード
   外気温度が測定できます(0℃~+50℃)

 ■ その他
   電池容量不足の警告(電池:CR2032の電圧が低下するとアイコンが点滅)
   補助パッドで二段階に指のサイズを調整出来ます

 ■ カラー
   4色:赤・黒・青・銀

 ■ 価格:¥3,990



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »