ショートライド

2018年11月22日 (木)

天候が怪しいけれど粟生へ

路面の乾いてきた午後から走り始めました。天気予報でも午後は晴れだと・・・

しかし走り出して見ると、北の方には怪しげな雲が見えていますね。

175
県道65号線を西へと走って、見慣れた田井南の交差点までやって来ました。
平日は大型トラックが多いです。

Photo_2
加古大池を通り過ぎて、まだまだ県道65号線を走り続けています。

ここまで走って来て少し暑くなってきたので、走り出すときから着ていたウインドブレーカー(こちら参照)を脱ぎました。脱いでも薄いのでジャージの後ろポケットに入れておけるので、寒い時期には重宝します。短時間(1時間程度)ならレインウエアの代用として使う事も出来ます。

Photo_3
上荘橋を渡ってすぐに右折。今日は車が少なくてすぐに曲がれました。
加古川右岸を北へ行きます。遮る物のない堤防上なので風の強い日は大変なんですが、今日はほぼ無風でした。

Photo_4
日光山墓園が近づいてくると、雨がぱらぱらしてきましたね。やっぱり来たか!って感じです。墓園の東屋で雨宿りをしながらスマホで雨雲の様子を見てみると、これから行こうとしている北の方向には雨雲が無いようなので、休憩もそこそこに走り出します。

Photo_5
JR小野町駅の先でまた加古川右岸に出れば晴れています、上空に雲は見えますが雨雲ではありませんね。

Photo_6
JR粟生駅の先で右折して県道23号線で栗田橋を渡って小野の方へ向かいますが、この線を走るのは失敗でした。国道175号線に出る手前へには、イオン等のショッピングセンターやドラッグストアが建ち並んでいて車通りが多くて走りにくい事!

ようやく浄谷町の国道175号線交差点までやって来ました。
今走って来た県道23号線は「きらら通り」って言うんですね。

Photo_7
国道175号線に出ると、思った以上に追い風ですね~。快調ですね~。

追い風半端ないって!

雌岡山が見えるところまで帰ってきました。

Photo_8

追い風に助けられて快調なペースで帰ってきました。
この先も追い風に助けられて、日没までに自宅に帰り着けました。

今日のコース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月30日 (木)

雌岡山

 涼しいと評判の?雌岡山へ登って来ました。

0830_mekko
 日陰でなくても涼しいのは実感できました。

 景色は・・・霞んでいるのが残念でした。
 肉眼では明石海峡大橋も見えていましたが、写真では判別が難しいですね。

0830_mekko_stop
 境内へは車だけだけではなく、自転車も乗り入れ(侵入)禁止です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月18日 (金)

オッサン(と、ジジイ)達の夏休み三日目 松永-鞆の浦-福山

 朝起きて、頭も身体もドヨ~ン(反省しすぎ!)。
 それでも朝食はしっかりと食べます。

 

18_matsunaga_2
 出発直前、元気が足りないような?

 

18_tomo
 松永湾を走りすぎて、グリーンラインを登って鞆の浦を眺めていますが、三日間で最高の斜度でした。
 今日は距離が短いからと舐めてかかったらダメでした。しかも暑い!これで眺めが良くなかったら踏んだり蹴ったりでしたが、眺めには癒されました。

 

18_tomo_2
 先程、走ってきた松永湾方向です。

 

18_tomo_3_2
 鞆の浦をバックに。

 

18_tomo_4
 昼食後、鞆の浦を散策。

 

18_fukuyama
 福山駅に到着。楽しかった三日間も本当にあっという間に終わってしまいました。

 

 風呂に入ってさっぱりとして、帰り支度の輪行です。

 

 一日目に戻る

 

 地図をクリックでルートラボが開きます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 8日 (日)

走行会 岩谷峠

 今日の走行会は岩谷峠でした。ちょっと少なめの参加者でしたが・・・色々とありまして、と言うか・・・色々あったのは一人だけですが。

0508_iwatani_1
 岩谷峠の登り途中でパンク修理中!

 この手間でも変速の調子が悪いと言う事で調整をしましたが・・・変速ワイヤーが切れる兆候?とか言ってれば、峠を下って三木防災公園へ向かっている途中で本当に変速ワイヤーが切れてしまいました。

 ここからは、変速できるのはフロントのみ!

 頑張っていただきまして・・・農業公園まで帰ってきました。

0508_iwatani_2
 H谷さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 4日 (月)

土佐でキャンプ&サイクリング 一日目

 お正月の休みを長めにいただきまして、キャンプ道具とキャンピング仕様に改装したロードバイクを車に満載して土佐までやって来ました。

 今回は、三泊四日で四万十川流域等を満喫しようと目論んでいます。

Ten_camp
 遥々と360km車を走らせて、やって来たのは四万十川源流近くの天満宮前キャンプ場。今夜はここでキャンプをしますが、その前に源流近くの道の駅布施が坂まで、ひとっ走り行ってきます。

20160104110931
 走り出す前に、土佐久礼のスーパーで買ってきた、かんぱちの握り鮨(うまい!)と天ぷら(でかい!)で腹ごしらえ。

Kumaakibashi
 高知県道19号線を登って行くと、さっそく現れました久万秋沈下橋。

Takahi
 次の髙樋沈下橋は、四万十川本川の最上流にある沈下橋。

R197
 ユルユルと登って行って国道197号線に出ます。左へ行けば檮原から四国カルストですが、今日は右へ行って道の駅布施が坂が目的地です。

Fusegasaka
 道の駅布施が坂まで登ってきました。

 2005年に四万十川源流まで登ったとき(記事はこちら)には旧道(たぶん)を通ったので、この道の駅にはニアミスしただけでした。

Dinner
 天満宮前キャンプ場まで戻ってくれば夕食です。今日のメインは骨付き鳥、土佐久礼のスーパーで買ってきました。

 南部鉄のベイクパンで温めると、もう最高!

Maki
 夜も更けて、とは言っても19時過ぎですが日没時間が早いので外は暗闇です。薪ストーブの炎を見ながら、ワインなどをいただいております。

 至福の時間を過ごしながら、土佐での一日目が終わろうとしています。


今日のコース詳細
 → 轍(コースタイム・プロフィールマップ・GPSログ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月20日 (日)

私のTour de AWAJI

 当初の予定だった7月19日は雨天で中止となったTour de AWAJIを、9月20日に延期して開催する事にしましたが・・・17名もの方に参加していただいて感謝・感謝!です。

Jenova
 明石港と淡路島の岩屋港を結ぶジェノバラインが運航する「まりん・あわじ」は、今までの「まりーんふらわー2」よりも後部デッキが広くなって自転車とオートバイ(125cc以下)が余裕で載せられるようになっています。

Jenova_bike_2
 後部デッキのバイクラックは20台分。この時は、30台程載っていましたが余裕です。オートバイは写真の右手方向、後部デッキの前部に載せられるようにラックが取り付けられています。

Jenova_in
 船内も広く、余裕を持たせて座席が配置されています。たった13分ですが快適な船旅です。

Mikoshi
 150km・130kmと100kmの方達がスタートした後は、各コースのゴール時間の11時頃まではする事が無いので、60kmコースの人達と一緒に走って焼きアナゴ(夕飯のおかず)を買いに行く事にします。

 60kmの三人は途中のたこせんべいの里へ寄ると言う事なので、一緒に走ってと言うか・・・途中までは引いてもらう算段です。

 秋なのですね・・・お祭りです、御神輿に道を塞がれていますが、片側車線はあけていただけました。そう言えば祭りの役員をしているので今回は参加できないと言っているお客様もいらっしゃいましたね。

Awaji_lunch
 ゴールの道の駅あわじまで戻ってきて、少し早めですが腹ごしらえ(あわじバーガー+海鮮丼)をして参加者の皆さんが帰ってこられるのを待つ事にします。この頃にはまだ行列は出来ていませんでしたが、少し後には長蛇の列となっていました (^_^;) 。

 今日の私は、走行距離55kmでしたが、後半の西海岸部分は一人で向かい風に抵抗して走り続けて少しはトレーニングになっているでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月19日 (木)

西神ニュータウン周辺

 相変わらずですが、雑用を済ませて午後になってから出発。気温は7℃とこの時期にしてはそれほど低くもないんですが北風が強いですね(天気予報どおり)。

0219_ikawa
 長坂を下った田圃道での風景。冬景色ですね。写真ではのどかですが、向かい風(北風)が強烈です。

 老体に鞭打つ気は全くないので、風の強弱に合わせて北へ・・・ハイテクパークを目指して走っていきます。

 ハイテクパークから西神南NTを抜けて、西神NTを周回するLSD(Long-Slow-Distance)ならぬSSD(Short-Slow-Distance)で50km、パソコンのSSDは超速ですが私のSSDは超遅。

0219_ibuki
 西神南NTのいつもの場所で撮影。この後西神南NTを周回して帰宅しましたが・・・午後4時を過ぎた途端に気温がぐっと下がって寒くなりますね。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月27日 (木)

近場で散策(探索?)

 暖かくて良いお天気ですが・・・寝不足気味で疲れが取れてないんですよ。

 でも、こんな休日に走りに行かないなんて有り得ない!と、近場をウロウロと・・・

1127_ikawadani
 まだ長坂を下っただけの伊川谷町です。

 もうウインドブレーカーを脱いで、長袖アンダーと長袖ジャージだけになったほうが良いんじゃないか?というくらい暖かいです。15℃ですが日差しがあるのでより暖かく感じます。

1127_shrine
 櫨谷川沿いを一旦は登って行きましたが、ダンプカーの多さに嫌気がさして、堤防上を下ってきました。キョロキョロしながら走っていたらこんな神社(若宮神社)を見つけたり・・・

1127_river
 二ツ屋橋の上から北の方を眺めたら、紅葉と西神ニュータウンの高層マンションが見えたり・・・と。

 のんびり・キョロキョロ走っていると普段は見えていない景色が目に入ってきます。

1127_135
 第二神明道路の側道を登って行ったら東経135度(子午線)をくぐっていました。

 この道は行き止まりで山と田圃しかなかったはずなのに、トラックが次々とやってきます。山はそのまま残っていましたが、田圃はことごとく建築資材置き場となっていて、老人施設の後には新生病院なんてでっかい病院が建ってます。
 1127_stop
 道は山の中へ入っていって行き止まりだったのに、強制的に止められています。人と自転車(担いで)は山の中まで入って行ける道があったのにそこまでも行けなくなっています。

1127_ike
 しかたがないので手前の池の横から山の中へ入っていきます。この辺りは子供の頃から遊んでいた山なので勝手知ったるところです。

 今流行のグラベルロードに乗って来ているわけではなく、いつものチューブラーですが、硬く踏み固められているので乗ったままで走っていけます。

 調子に乗って、けっこう奧までやって来てしまいました。さすがに、この先はMTBでないと無理です。

1127_dart
 こんな道です。

 ええ感じでしょ!

1127_takatu
 先程の山から少し南は生まれたときから大学生になるまで住んでいた所で、家も土地もすでに跡形もないのは承知していましたが、当時の畑も畦道もなくなって住宅が建ち並んでいて、ため池だけが残っているのにはビックリです。

 神社も本殿は木造からコンクリート?に建て替えられています。昔は鳥居も無かった気がするんですけどね。

 近場をポタリングの午後でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 9日 (木)

百井峠

 京都国際会議場(宝ケ池)でお仕事をすませた後、ひとっ走り行ってきました。
 春には敗退した百井峠へ再チャレンジです。

1009_kurama
 鞍馬神社まで登って来ました。走りながらの撮影なのでブレブレです。

1009_hanse
 百井別れまで登って来ました。シッティングとダンシングを交えて、脚を疲れさせないように、心拍を上げすぎないように、ゆっくりとしたペースでやって来ました。

1009_momoi
 百井峠ピーク手前の祠?お地蔵さん?
 やっぱり走りながらなので・・・対向車のライトに照らされてもうちょっとましに撮れてるかと思ったけどひどい写真になってます。

1009_momoi_peak
 100mほど先のピーク。雨がポツポツと降り出して来たので、止まらずに通過。

 今回はちょうどアップが終わった頃に百井峠の登りに差し掛かる事が出来た事と、カンパニョロの最終兵器34x29Tを投入した事が功を奏して足を着かずに登り切れました。

1009_momoi_kudari
 下り始めたものの、汗で濡れたジャージでは寒いし、雨も勢いよく降り出したのでウインドブレーカーを着るために一時停止。ついでに写真も撮っておきました。

 どんどんと下るにつれて、雨足もドンドン強くなってビビリながら下ります。

1009_ebun
 大原で右折して江文峠を越えます。こちらの方が交通量が少なくて走りやすいです。

 雨も小降りになって、江文峠(たぶんここ)で、こんな写真を撮る余裕もあります。

 ここからは下る一方で宝ケ池まで帰ってきました。ウインドブレーカーだけで一時間程度雨の中を走ってずぶ濡れでしたが、寒くって困るほど気温が低くなかったのはさいわいでした。

 今日のコース詳細 → こちら(コースタイム・プロフィールマップ・GPSログ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月18日 (水)

PINARELLO DOGMA F8 試乗会

 「PINARELLO DOGMA F8」の試乗会へ行って来ました。サイズは一つだけなのでとりあえずサドルの高さぐらいは合わせて乗ってみて下さいっていう試乗会ではなくて、すべてのサイズが用意されていて一番合うのを選らべるという贅沢さ・・・しかもちょい乗りではなく、ぶどう坂という大阪では有名なヒルクライムスポットを登って・下って約40kmの試乗でした。

Dogma
 私が選んだのはこれです。コンポはカンパニョロEPS:普段使っているのと同じコンポ、ホイールはカンパニョロシャマル:何度か試乗しているので印象は判っている、タイヤはビットリアオープンコルサ(7Barに自分で調整):指定空気圧よりは低めですが普段と同じ空気圧。

Dogma_jersey
 お揃いのジャージで試乗に出発です。

Budo
 大阪南部の方にはおなじみの風景でしょう。

 元サンツアーレーシングのHさんに引っ張ってもらって、ぶどう坂まで移動。さすがです、加・減速は緩やかに気を遣っていただいて、スピードが乗れば一定で後ろに付いていて楽だし・怖くないし・・・私一人の時の巡航速度よりも高めですが、楽について行けました。

 登りに入って本気の?テストライド開始!

 登りが強くなったように錯覚させられます。9%~10%の登りで普段より1枚重いギヤを踏んで楽々!って感覚で登っている自分がいました。

 真ん中過ぎた辺りから緩めに登って、息を整えて、関電の変電所の少し先でUターン。帰り道の下り、直線をノーブレーキでバビューン!時速50kmくらいまでなので(当たり前ですが)何も起きません、スムーズとは言えない路面ですが安定して下っていけます。

 路面の濡れていた、つづら折れ部分はおとなしくゆっくりと下って、下の方の路面の乾いた所にさしかかった時にタイミング良くワンボックス車が元気よく抜いていってくれます。後続車のいないのを確認してペースメーカーになってもらいます。

 右へ左へと続く急カーブも自由に操って、狙ったラインを外れません。もうちょっと効いて!ってくらいのフルブレーキングでも安定していて、安心してコーナーへ入っていけました。

 路面の状況はしっかりと伝わってくるのでコンフォートな乗り心地ではありませんが、硬いシャマルの硬さを感じさせない乗り心地は、ロングライドでも疲れにくそうだなぁって思いましたね。

 なんのために試乗したんや!と怒られそうですが・・・私ごときでは限界がどこにあるのか???って結論です。

 平地の40km/h台では軽くよく走るって印象、50km/hを越えるとまた違った何かが見えてくるかもしれませんが・・・私には無理です。
 登りは、軽いです・・・自分が強くなったかのような錯覚をしそうです。
 下りコーナーは、安定してます。フルブレーキングからコーナーへ入っても安定しています。危ないおもちゃを与えられてしまったかも・・・

Dogma_fork
 安定したコーナリングを支えているのがこのヘッドとフロントフォークですね。薄いのは空気抵抗の軽減、がに股っぽいのは、太いタイヤを入れるためのクリアランスを取るためで、結果横剛性も上がっているという事でしょう。

Dogma_front
 ピナレロと言えばONDAフォークでしたが、面影は残っていますがストレートに近くなっています。変速はワイヤー・電動のどちらにも対応しています。

Dogma_back
 バックもシンプルになっています。ブレーキは一般的なシートステイ上で、整備性や効きを重視すればこの位置になるのは必然でしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧