ロングライド

2017年10月 6日 (金)

淡路島210km

 今年に入って三度目の淡路島です。今日は三日後に迫った当店のイベント「Tour de AWAJI」の為にコース下見にやってきました。

 

 先日の台風の影響で片側通行となっている所もあるので、しっかりと見ておきましょう。

 

Construction_goshiki
 県道31号線(西海岸)の鳥飼浦近く。先日の台風で崩れて工事中です。工事の距離は10数メートル位と短いので、それほど待たされることなく通過できそうです。

 

 慶野松原から北へ3km程の所です。

 

Construction_sumoto
 影響のありそうな工事はもう一か所ありました。洲本への入り口、国道28号線炬口交差点の左折車線が工事で規制されています。

 

 100kmコースは直進なので影響ありませんが、130km・150kmコースの時計回りは左折時に左へ寄れなくなっています。

 

 もう一か所(写真なし)は、国道28号線八幡交差点の北側、県道31号線のイオン南あわじ店近くで片側交互通行になっていましたが、日曜日まで工事をやってるのかは不明です。影響があるとすれば100km・130kmコースです。

 

Seidan
 今回のイベントとは無関係ですが、「海峡またぎ(自転車輸送)サービス」の淡路島側発着点、陸の駅西淡を見てきました。
 普段走っているルートとは外れているので存在すら全く知りませんでしたが、駐車場は満杯だし、で活用されている施設のようでした。

 

Yura
 走り始めは寒さを感じるくらいでしたが、お昼近くになって青空が出てきました。

 

Naruto
 鳴門海峡大橋の見える絶景ポイントまでやってきました。

 

Anaga
 福良で補給と小休止をして丸山までやってきました。東風が強くて東側を走っているときは追い風に助けてもらっていましたが西側は風の影響がほぼゼロです。
 風車も休憩中です。

 

Bridge
 日も落ちて、明石海峡大橋がライトアップされているのを見ながら帰ってきました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月21日 (月)

いなちくロングライド2017(佐用町)

 今年の6月に、佐用町でホルモン焼きうどんを食べに入ったお店で聞いていた「いなちくロングライド」の参加申込が始まっています。

Sayo



 その時のお話しでは、各チェックポイントでのふるまいでお腹が一杯になって帰って来れるとか・・・

 

開催期日:2017年11月12日(日)
大会公式ページ → こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月17日 (木)

オッサン(と、ジジイ)達の夏休み二日目 やまなみ街道 出雲市-松永

 さわやか?に目覚めて、黙々と朝食を口に運んで・・・若干身体が重く感じますが・・・無視して出発!

 

 今回のメインイベント「やまなみ街道」を走ります。

 ですが、本来のスタート地点ではなく、少し西の出雲市に宿を取ったので、国道184号線を行って、途中から国道54号線に合流します。

 

17_izumo
 ホテル前に集合。今回宿泊した出雲グリーンホテルモーリスでは、ロードバイクをそのまま室内まで入れさせてもらえました。

 

17_r_184
 国道184号線。ユルユルと登っています。国道54号線に合流する手前が一番きつい坂でした。

 

17_cycling
 サイクリング道の表示。
 登りの途中に、道の駅掛合の里があります。

 

17_seiun_tunnel
 出雲市をスタートして一つ目の大きなピーク、晴雲トンネル、標高545m。

 このトンネル、狭いだけでなく路肩の走りにくいトンネルでした。

 

 トンネルを出てすぐの所に、道の駅頓原があります。イートイン(休憩)スペースがあってソフトクリーム等の販売もあります。

 

 晴雲トンネルを過ぎて赤名トンネルへの登り途中に、道の駅赤来高原があります。残念ながら今日は臨時休業でした。多分お盆営業の振替休日だったんでしょう。

 

17_akana_tunnel
 晴雲トンネルから少し下って、登りなおして赤名トンネル、標高554m。ここが、やまなみ街道の最高点です。

 ここからは三次市へ快適な下りが続きます。ヤッホー!

 ほぼ下りきったところにある、道の駅ゆめランド布野。道の駅巡りもここで最後です。

 三次市へ入って国道54号線とは別れて国道183号線を行きます。
 お昼を随分と過ぎてしまいましたが、三次でやっと昼食にありつけました。
 国道183号線とはすぐに別れて、国道184号線を行きます。

 三次からダラダラと登って、少しくだって世羅からまた登って、御調まではヤッホー!な下りです。

 山陽自動車道をくぐれば国道184号線とはお別れ、やまなみ街道ともお別れして、今日の宿泊地松永ももうすぐです。



17_matsunaga
 松永で宿泊した、ビジネスホテルニュー長和島でもロードバイクは室内持ち込みOKでした。道の駅やコンビニでもバイクラックが設置してある所が増えて、ホテルでも室内持ち込みが出来て、サイクリストには良い時代が来ていますねぇ~


17_matsunaga_yoru
 ここでも、風呂・洗濯・反省会と忙しい夜も過ぎていき、いつの間にか熟睡していました。


 三日目に続く

地図をクリックでルートラボが開きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

灼熱の淡路島サイクリング

 好天イコール灼熱の、夏本番来る!といった一日でした。


0713_janoba


 朝、7時30分発のジェノバライン岩屋行きは、約50台のロードバイクを搭載して出航しました。


0716iwaya

 我々は総勢14名。
 暑さにも負けず・風にも負けず・・・アワイチに出発します。


0716sumoto

 14名が一列縦隊では隊列が長すぎるので3組に分かれて、それぞれが適当に間隔をあけて走ってきました。

 津名で小休止を入れて、洲本の温泉街を過ぎたコンビニで補給・休憩しています。


0716yura

 由良の手前を走行中。


0716nantan

 モンキーセンターで休憩後、南淡路水仙ラインを走行中。

 なぜか?休憩時の写真がありません、この後も(休憩優先で撮り忘れるんですね)。


0716zekei

 ホテルニューアワジ前の絶景ポイントで小休止&一旦集合。


0716newawaji

 炎天下を物ともせずに福良をめざして走行。


0716anaga

 福良で昼食・休憩後、阿那賀付近を走行。
 この後慶野松原、郡家で休憩を入れて今回の「あわいち」は終了しました。

 ご参加いただいた皆さんありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月10日 (木)

オッサン達の悪だくみ 昼食後

 薪ストーブの焚かれたグリーンハットさんの店内は暖かく、ゆっくりしたかったのですがまだまだ先は長いので出発します。

10_kinsha
 国道319号線は赤い橋を渡って伊予三島方向へ行っています。我々は西へ向かって県道6号線を行きます。

10_k6
 国道は酷道でしたが、県道は険道ではなく道幅も広く、路面もきれいに整備されていました。

 ブルーのラインはサイクリング道の「別子・翠波(べっし・すいは)はな輪道(りんどう) 」を表しているようです。

 別子ダムと、その少し先の今日の最高地点に向かって勾配が少しずつきつくなっていきます。

10_tomisato_3
 富郷ダムが見えてきました。まだまだ登りは続きます。

10_hoou
 次のダムは法皇ダムです。まだまだ登りは続きます。ダム巡りをやっているつもりは無いのですが、次々とダムが出てきます。

10_nobri
 別子山手前で県道6号線は県道47号線にバトンタッチですが、道は一本道です。

 別子山を過ぎて、ブルーラインに沿って登り続けます。

10_besi_dam
 スタートから140km、標高840m。今日のコースで一番高い所に位置する別子ダムが見えて来ました。あと少しでピークを過ぎて、新居浜までは下るのみなので、補給をかねて休憩します。

10_yuki
 路肩が濡れているだけでなく雪も残っています。

 ピークは145km地点。標高999m。

 いくつかのピークと下りを挟んで、スタート直後から登り続けてきた今日のサイクリングも新居浜までの下りを残すのみとなりました。

10_tonaru
 東平地区への入口まで下ってきました。東洋のマチュピチュと言われている別子銅山跡も見てみたいけれど、今日は時間の余裕がないので先へ進みます。

10_loop
 今日、最後のダム。鹿森ダムとループ橋。

10_main
 マイントピア別子。写真を撮っただけで通過します。

10_satuma
 新居浜まで下ってきたら腹ぺこでした。「味のさつま」さんはサイクリストにも人気のお店だそうで、マスターからは色んなサイクリスト・ローディの話を聞かせてもらいました。

 お薦めの、さつま丼はミニとは言え、すごいボリュームでしたが味もよく、なんとか完食することが出来ました。これで1,050円なので、大食いのローディにはありがたいお店です。

 新居浜駅でお土産を買って、東予港まで残りは9kmって、どう計算を間違えたのか?実際は20km残っていて、いつ着くんだぁ~と言いながら走り続ける事1時間、やっと東予港フェリーターミナルに着きました。

 走行距離:190km、走行時間:13時間30分でした。

10_ferryboat
 4人部屋に3人でしたが、運良く貸し切りでした。自転車は輪行して持ち込めば只だし手元に置いておけるので安心です。

 風呂で汗と埃を流して、筋肉をリフレッシュした後は、延々と続く反省会(笑)

11_breakfast
 睡眠時間は数時間でしたが、爆睡して、6時に起床。

 今回、オレンジフェリーには「オレンジフェリーで行く 関西サイクリングセットプラン 東予発便」と言う割引プランを使って乗船しました。標準の部屋は二等ですが、差額を払って一等へ等級を変更しています。

 セットに付いている朝食はバイキングなので、大食いにはありがたいサービスです。

11_orange7
 大阪南港に着岸したオレンジフェリー、大きすぎて全体は撮せません。

 水曜日の夜に出発してジャンボフェリーで寝ている間に高松着。休日の木曜日は早朝から一日、自転車で走り続けて、夜のオレンジフェリーで寝ている間に大阪南港着。金曜日は午前中に自宅へ帰って、午後の開店に間に合わせるという、疲れましたが濃く楽しい休日でした。

 同行していただいた、Oさん、Mさん、ありがとうございました。

 今日のコース詳細
 → 轍(コースタイム・プロフィールマップ・GPSログ)

 昼食まで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オッサン達の悪だくみ 昼食まで

 その昔(2010年まで)には「オッサン達の死酷」と称して、高松から松山まで険道?や酷道?を繋いで260km程度のルートを創って、一日で走っていましたが・・・寄る年波には勝てず?今回の四国ツーリングは予定距離183kmと随分と短縮しています。

10_jumbo
 水曜日深夜というか、実際は日付が変わった木曜日1時発のジャンボフェリーで、神戸港から高松東港へ到着しました。出港が30分遅れて、高松東港への入港も30分遅れていますが、今日は先を急ぐサイクリングでもないので、先ずは港のすぐそばにあるコンビニで朝食を調達して腹ごしらえです・・・腹が減ってはサイクリングは出来ぬ!

10_okada
 出発は夜も明けた6時30分。明るくなっていてライト無しで走られるのは良いけれども、交通量も増えてきています。
 高松の市街地を抜けて、国道32号線を高知方面へと走っていきます。そのまま国道を行ってもいいのですが、より交通量の少ない県道197号線へと岡田から入ります。
 この辺は私にとってはお馴染みの道ですが、よく走っていたのは10年近く前の事ですね~。

10_r32
 走り続けると国道32号線に出くわします。道を間違えようが無くていいですね。左折すると猪ノ鼻峠への登りが徐々に始まります。

10_inohana
 今日一つ目の難所?長めの登りを登りきれば猪ノ鼻峠です。路面は所々濡れているので慎重に下って、下りきれば阿波池田です。

 ここも定番のローソンのイートインのうどんで登りで使ったカロリーを補給しておきます。カップ麺ではないちゃんとしたうどんが食べられるので、ここでの休憩は外せません。

10_ikeda

 ローソンを出て国道32号線とは別れて、県道267号線を行きます。吉野川の左岸を行けば道幅は狭くなりますが、交通量は激減します。それでも抜け道に使っている(たぶん)車がやって来るので気は抜けません。

 阿波池田の街を抜けた辺りで国道32号線に戻ると、国道らしく大型トラックも頻繁にやって来ます。ここは出来るだけ短時間で抜けられるように、ちょっと頑張ってみました。

10_r3192
 JR土讃線、阿波川口駅を過ぎた所で国道32号線から別れて、国道319号線へ入ります。三桁国道に入ったら、こんな風景が出てくるのもご愛敬と言ったところでしょう。

10_r3190
 路面はきれいに整備されていますが、国道の道幅では無いと思うんですが・・・

10_shingu
 細くて、曲がりくねって、細かくアップダウンを繰り返して新宮と言う所まで走ってきました。まだまだ先は長いので、小休止をしながら補給を取っておきます。
 阿波池田で食べたうどんのエネルギーはすでに使い果たして、腹ぺこになっていました。

10_r319
 この辺りの川(銅山川)の様子です。谷深い所をゆったりと流れています。

10_kotido
 何処からか聞こえる車の音?少し行くと遥か下を高知道が通っていました。

10_shingu_dam
 新宮ダムまでやってきました。山奥深く入ってきている風景ですが、集落が所々にあるというのが四国らしい所です。

10_horikiri
 堀切トンネルまで登ってきました。今日二つ目の大きな(ちょっと小さめですが)ピークです。直進方向の2車線道路は県道5号線でして、我々が行くのは左折して、路地にしか見えない国道319号線です。

 ちょっと先で分岐していて、右側へ登れば国道319号線で、左へ下れば、少し近道して国道319号線に出ます。ここは当然のごとく下ります。

10_green
 国道じゃなくて酷道な319号線で細かくアップダウンを繰り返し、小さなブラインドコーナーをクリアして金砂町までやってきました。

 ちょっと遅めの昼食は、ここのカフェグリーンハットさんでいただきました。最後の激坂も短いので、ここまでの行程に比べればしれた物です。


 今日のコース詳細
 → 轍(コースタイム・プロフィールマップ・GPSログ)

 昼食後に続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月11日 (木)

氷上で卵かけご飯

 天気予報では温かい一日だそうですが、本当に温かくなるのでしょうか?

0211_start
 午前8時現在の気温は0℃です。卵かけご飯に釣られた?8名(私を入れて9名)のローディが集まっています。

0211_taka
 国道175号線を北上して、西脇からは国道427号線に入り、市原までやって来ました。

0211_lavender
 多可町を抜けて、やって来たのはラベンダーパー です。当初の予定では、もう少し先のかどのの郷で卵かけご飯のはずでしたが、直前になって食べ放題ではなくなっている(真偽不明)との情報を入手したりして、間違いなく食べ放題のラベンダーパークでの昼食に変更しました。

 山南町にお住まいのTさん、かどのの郷で待っていただいていたそうですが、急遽変更してしまい申し訳ない事をしてしまいました。

0211_tkg
 TKG、何杯食べられるのでしょうか?って、五杯いただきました(^_^;)

 お腹も満足した所で帰路につきます。

0211_shimizu_tn
 氷上へ抜けるトンネルが出来ていますが、トンネルはラベンダーパークからはもう少し登った所にあります。清水坂トンネルまで登れば、氷上まで下り一方で楽々と下っていけます。

0211_sanan
 トイレと自販機しか無い道の駅山南ですが、こちらの方面に来たときは何かと重宝な道の駅です。

 気温は10℃と真冬(0℃)に対応した服装では暑い!気温まで上がってきています。

0211_wine
 全員、元気に(元気すぎ!)農業公園前まで戻ってきました。

 ご参加いただきました皆さんありがとうございました。次回(いつ?)の自転車ツーリングもよろしくお願いします。

今日のコース詳細
 → 轍(コースタイム・プロフィールマップ・GPSログ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 2日 (木)

淡路島 210km 後半

 さて、下見の後半です。お腹が空いてどうしようもなくなる前に補給をすませて、飲み物も補充して走り出します。

0702_yura
 由良の町を過ぎるまでは、平坦が6km程度続きます。写真の信号のある交差点を左折すると水仙郷・灘大川の二つの登りが待っています。

 ここは間違えて直進しても、元に戻って来るだけです・・・

 信号はこの先、灘大川の峠を下った阿万までか、もっと外回りをした場合は福良までありません・・・なので、走り放題です。

0702_nantan
 水仙郷は登り始めが10%と一番きつく、登るほどに楽になりますが、ナゾパラまで登った後少しくだって(終わったと思わせて)もう一度登りがあるという罠が仕掛けてあります。

 下ると、コンクリート舗装路が待っています。灘までの半分以上はアスファルト舗装になってますが、平坦だけど走行抵抗が大きい区間です。

 今日は穏やかな海なので何事もありませんが、荒れていたり風が強かったりすると、波をかぶりながら走らないといけない時もあったりします。

0702_monkey
 モンキーセンターを通過します。年中無休のはずでしたが、数年前から木曜日には閉まっています。食堂・トイレ・自販機があって補給や休憩に良い場所です。

0702_sign
 灘大川を登っていると、写真の看板がいくつも出てきます。

 土生港から登り始めて中間地点と書かれた看板が出てくると、10数メートル先で激坂部分が終わります。登りはまだ続きますが、一番辛い所は中間地点の少し先で終わります。

0702_nada
 最高点です。

 一般的な、あわいちコースは直進して阿万へ下っていきます・・・路面もきれいで楽です。

 左折して、もう少し登って外回りを行く事も出来ます。

0702_ama
 外回りを選択すると、ごく一部ですがこんな所(斜度15%)が出てきます。

0702_ama_sea
 下りきった海岸です。少し行くと、水のきれいな阿万海水浴場があります。

0702_fukiage
 Y字路を右に行くと平坦な田圃の中を抜けて、ひと登りしたら福良です。
 左に行くと吹上浜のキャンプ場横から、ホテルニュー淡路へ登って、淡路島で一二を争う絶景ポイントへ出ます。

0702_fukura
 絶景ポイントですが、霞んでいるのでイマイチです。

0702_fukura_2
 今日はこちらの方が景色は良いかもしれません。先程のY字路で右の平坦を選ぶと、下に見えている田圃の中を走って来ます。

 合流した所から短い激坂を登って、下れば福良です。

0702_uzu
 福良のジョイポート南淡路(観潮船発着場)と、コンビニも休憩と補給場所ですが、今日はノンストップで通過します。

 港を抜けて、県道25号線を登って、登って、うずの丘・大鳴門橋記念館まで登って来ました。あわいちでは通常来ない所(たぶん)ですが、今日は目的があってやって来ました。

 実は、初の訪問です。
 「あわいち」なんて言われていない、40数年前に淡路島をめぐり始めた頃には鳴門海峡大橋は無く、当然、大鳴門橋記念館もありませんでした。時を経て大鳴門橋記念館が出来ても興味は走る事だけだったので、今日まで訪れる事はありませんでした。

0702_hamburger
 目的はこれです。喰い気だけで登って来ました。16時までの営業時間ぎりぎりに到着して、最後のお客でした。

0702_windmill
 固形食(味気ない言葉ですが)での最後の補給をすませて、阿那賀へ下ってきました。
 最近のおなじみの光景・風景、風力発電の風車が多数見えています。

0702_sizuki
 西淡町湊から、県道125号線・県道465号線を経て洲本へ出て、国道28号線を北上して志筑中央東交差点です。

 50kmコースは時計回りなら、岩屋から走って来て国道28号線から右折。反時計回りなら左折して国道28号線を岩屋へ向かいます。

0702_50
 50kmコースの志筑・尾崎間はこんな道路です。もう少し狭い所もありますが、路面状況は良好ですし交通量も多くはありません。

0702_31_west
 西へ出て県道31号線を岩屋へ向かっています。ちょうど明石海峡大橋が見えた所で振り返ると、真っ赤に染まった空が・・・

 明石海峡大橋が見えると岩屋港まで残り約4kmです。帰ってきたよ~と言う気分になれる場所でもあります。

0702_akashi
 明石港に着いた時にはすっかり暗くなって、大蔵海岸から明石海峡大橋がきれいに見えています。

今日のコース詳細
 → 轍(コースタイム・プロフィールマップ・GPSログ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

淡路島 210km 前半

 一年ぶりの淡路島です。最近は淡路島から足が遠のいていますが、7月19日に予定している当店の夏恒例のイベント「Tour de AWAJI」の下見で、あわいちを走ってきました。

 アワイチとは言っても、50km~150kmまでの各コースで通るルートを一気に下見するつもりなので、走行距離は210kmになる予定です。

0702_marin
 おなじみのジェノバライン、まりんふらわー2で淡路島へ渡ります。

 125cc以下のオートバイも乗船可能な新造船は、初就航が8月2日(日)と発表されていますが、明石発の時間が発表されていませんので、初乗りを目論むのは無理そうですね。

0702_park
 岩屋港を出発して国道28号線で津名を目指して走行しています。大型車もやって来ますが、車線が広いのと、路肩も広く取ってあるので自転車も走りやすいです。

 いつもの事ですが走りながらの撮影なので、ピントの甘い写真が多いのはご容赦を。

0702_sano
 淡路市佐野の、現在の国道28号線と旧の国道28号線(県道157号線)との分岐です。右が国道28号線、アップダウンがあり車の通行量も多いけれども、それほど走りにくくはないと思います。
 左は県道157号線、フラットなので走りやすいけれども、商店や民家があるので注意は必要です。4km程先でまた合流します。

0702_ikuho
 左へ分岐して県道157号線を行くと、交通量は激減してのんびりとした雰囲気になります。

 ここまでは、すべてのコース(50km/100km/130km/150km)の人がどちらかに向かって走る事になります。

0702_takosen
 国道28号線と合流した後、志筑で右折してたこせんべいの里の前を通過して西へ、郡家を目指します。

0702_31
 郡家からは県道31号線を南へ。路肩もほとんど無く、車線も少し狭めです。一人で走っていると、追いついてきた車も苦労をせずに追い抜いていってくれますが、自転車が5台以上で隊列を組んでいるとチョット迷惑な存在になってしまいそうです。

 50kmコース以外の人は、ここをどちらかに向かって走ります。

0702_yahata
 慶野松原を過ぎ、志知川を渡って湊を左へと県道31号線を走り続けて八幡で国道28号線に出ます。

 100kmコースはここ「八幡」を左折して、国道28号線を岩屋へ向かうか、岩屋から国道28号線を走ってきてここを右折して県道31号線で岩屋へ向かうかです。

 130kmコースは時計回り、反時計回り共にここは直進で国道28号線とは交差するだけです。

0702_28
 国道28号線を東へ、洲本方向へ走っています。ゆるく登っていったピーク近くを走行中。この後は洲本までゆるく下っていきます。

0702_air
 ビーチクラフトだったと思うのですが、30年近くここに展示されています。なぜ、ここにあるのか不明ですが、まだありましたね~。

0702_28_sumoto
 洲本までやって来ました。交通量も増えてきました。

0702_28_sumoto_bunki
 炬口(たけのくち)北交差点。

 100kmコースは直進です。

 130km、150kmコースの時計回りは国道28号線を岩屋から走ってきて、ここを左折して県道76号線を行きます。反時計回りは、右折してここから国道28号線で岩屋へ走ります。

0702_sumoto_fami
 炬口北交差点から県道76号線で水仙郷へ向かう途中。サントピアマリーナのコンビニで昼食と飲み物の補給。この先福良までの40kmは由良と阿万に小さなスーパーがあるだけでコンビニはなくなります。自販機は所々にあるので飲み物の補給には困らないでしょう。

前半、ここまで。

今日のコース詳細
 → 轍(コースタイム・プロフィールマップ・GPSログ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 6日 (木)

淡路島をジグザグと200km

 アワイチはもう飽きた!

 わけでは無いけれど・・・高校3年生の時に走った初アワイチから46年。グルグル廻って目が廻りそう。背骨も走ったし、山にも登った(キャンプした事も・・・)

 それでも、淡路島はまだまだ走る魅力がたくさんある、不思議な島です。で、今日は趣向を変えて走って見る事にします。

 通称アワイチは外周をグルッと回って150kmです。二周回300kmを走る根性も足も無いので、中間の200kmを走ってみようと出かけました。

Sumoto
 岩屋を9時20分出発。走り出した時間が遅いのでナイトランは覚悟の上です。国道28号線を津名で右折して西側に出て県道31号線を志知まで。志知を左折して洲本へ向かうも、洲本までは大型トラックが多くて走りにくい。

 洲本からは県道76号線で海岸沿いを走っていきます。ここまでは追い風に助けられて快調に走ってきました。サイクリストにはおなじみ?の洲本のファミマで補給&休憩。

Pass
 最高地点(とは言っても200m弱)まで登って来ました。空が明るく映っていますが、曇り空、時々小雨。

Tatikawa
 峠を下って海岸線に出ると、海は大荒れです。サーファーさんたち大喜びだろうなと思ったら案の定、灘までの海岸にはたくさんのサーファーが海に入っていました。

Fukura
 灘の坂を登りきってすぐに左折、細い道を通って阿万の海岸へ降りる。

 ホテルニューアワジの絶景ポイントも曇り空では霞んでいて今一でしたが、ここは外せませんね。

Naruto
 鳴門岬の道の駅うずしおで二回目の補給&休憩。止まっての補給以外に走りながらパワーバーを一枚食べているので、それほど空腹感は無いけれども、先はまだまだ長いので補給しておきます。

Naruto_1
 夕日と言うには少し早すぎて、ただの逆光になってます。

Jenova
 二度目の湊で日没。
 二度目の洲本をすぎて津名まで帰ってきたら、雨がポツポツ。路面が濡れるほど降ってきてこの先のルートをどうするか思案を迫られ、予定のコースへは行かず距離の短い国道28号線を直行する事を選択。

 予定では津名から西へ出て県道31号線を岩屋へ向かうつもりでいました。でも、天気の変化が判らないので「今日はこれぐらいで勘弁しといたる!」とばかりに最短距離で帰ってきてしまいました。結局、距離は198kmと2km足らず。外周も全部走れずと残念な結果に終わってしまいました。

 今回のコースは走っていて楽しくない所がいくつかあったので、コースを再検討してチャレンジしてみようと思っています。

今日のコース詳細
 → 轍(コースタイム・プロフィールマップ・GPSログ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)