« オレンジフェリーで行く東予・高松サイクリングその1 | トップページ | 1DAY走行会 宝塚北SAから東六甲ヒルクライム »

2019年4月27日 (土)

オレンジフェリーで行く東予・高松サイクリングその2

路面はまだ濡れていて曇り空ですが、天気予報の晴れ予報を信じて走り出します。


Dsc00034

お約束のようにブルーラインが引いてあります。しかし、なんでもかんでもブルーラインを引けば良いってもんではないでしょう?この道を自転車と大型トラックが走るんですよ、共存は無理でしょう?お互いに恐怖でしかありませんよ。

いつものようにコース設定時に、こういう道路は走らないようにしようとしたのですが全行程の1/4(約35km)はどうしても走らざるを得ませんでした。

やっぱり海沿いよりも山の方が良いなあ!


Dsc00036

「RIDE WITH GPS」を使ってルートを引いたんですが・・・これは道?本当に踏切?地元のおばさんは躊躇無く普通に渡って行かれましたがね。1分程前に特急が通過したので、単線のここへはしばらくは列車がやってくるはずがないので私も自転車抱えて渡りましたけど。

大型トラックの恐怖から逃れる為に国道11号線を迂回するルートを選ぶとこれですよ。でもこの先は国道11号線しかなく、5kmは国道を走らないとダメなんです。


Dsc00038

GPSログで「四国一周チャレンジ1000km」の完走を認定してもらう場合はスタンプは必要ありませんが、今回のルート途中でスタンプの置いてある道の駅を通過するので、どんなのもなもか押してみました。

 

Dsc00040

二つ目の「道の駅ことひき」

 

Dsc00041

スタンプ三つ目は「道の駅ふれあいパークみの」

 

Dsc00042

四つ目で今日最後の「道の駅恋人の聖地うたづ臨海公園」

 

Dsc00043

臨海公園の名の通りすぐそこが海です。
彼方に瀬戸大橋が見えています。

 

Dsc00046

宇多津、坂出と通り過ぎて四国の工場地帯から外れる事が出来ました。大型トラックからの恐怖からも逃れられます。

海岸沿いを行っても工場は無いのでトラックはやって来ません、自動車自体がやって来ません。
それもそのはず数日前までは、崩れた道路の復旧工事で通り抜けが出来なく、ようやく片側交互通行が出来るようになった直後だった見たいです。

東側から瀬戸大橋を眺めながら五色台の方へ登って行きます。

 

Dsc00047

高松駅から2km程西にあるあかね温泉に到着。
あかね温泉で、今日一日のあかを落とします。

コースを作るときから判っていて事ですが、実際に走ってみてやっぱり走ってはいけない所だったと実感しました。

私にとっての平成最後の四国サイクリングは終了しました。


今日のコース詳細(地図をクリックでルートラボの地図が開きます)

 

|

« オレンジフェリーで行く東予・高松サイクリングその1 | トップページ | 1DAY走行会 宝塚北SAから東六甲ヒルクライム »

四国Cycling」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オレンジフェリーで行く東予・高松サイクリングその1 | トップページ | 1DAY走行会 宝塚北SAから東六甲ヒルクライム »