« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月26日 (木)

ディスクロードで徳川道

 ディスクロードはアドベンチャーロードのようにオフロードを走れるんでしょうか?と言う、しょうもない疑問を解消しに行ってきました。

 結論から言うと、まあまあ走れるんじゃない!って事でした。

 秋の長雨から解放された木曜日、久しぶりにロードバイクに乗れる休日がやって来ました。


Dogma

いきなりのオフロードの登りは無理でしょと、西神ニュータウンの外周でウォーミングアップを済ませてから白川の徳川道へ向かいます。

 タイヤは普段の25Cではなく28Cと太めのタイヤにしてあります。DOGMA-F8だと28Cがフレームと干渉しないギリギリの太さです。 PIRELLI P-ZEROの700x28Cはピッタリ28mmです。


Tokugawa_shirakawa

 県道16号線(神戸-三木線)から路地へ左折して、小川沿いに行きます。


Tokugawa_shirakawa2

 右へ川沿いを行くと東白川台、直進するとしあわせの村なので左へ行き、集落の中を抜けて行きます。


Tokugawa_shirakawa3

 大きなカヤの木の手前を左折すると登り(斜度12~13%)が始まります。倒れていたり朽ち果てかけていますけど、太陽と緑の道の看板もあります。


Tokugawa_shirakawa_kaya

 このカヤの木は「白川の石抱きカヤ」と呼ばれているそうです。入口の目印としてわかりやすくありがたい存在です。


Tokugawa_1

 舗装路を上りきって、そのまま直進すると白川大歳神社へと下って元のところへ帰ってしまいます。

 舗装路からは草むらにしか見えない右側へ鋭角に曲がると、いよいよ未舗装の山道が始まります。ところが、いきなりのギャップでスリップして押すはめになりました。


Tokugawa_2

 一度足を着いてしまうと、少し斜度が緩い所まで行かないと再スタートが出来ないのは辛いです。MTBだとブロックタイヤでグリップしてくれるので、よほどの斜度でないかぎりは再スタート出来ますが、ディスクロードのタイヤだとグリップしてくれないので、斜度の緩くなるところまで押していく事になります。


Tokugawa_dogma

 阪神高速北神戸線上の橋までやって来ました。ここまでの乗車率は90%位です。思っていた以上に乗れましたが、久しぶりのオフロードで路面状況に気を配ってライン取りを考えたりと、気疲れがすごい。

 あんまり乗れないようだとここから下って帰ろうかと思っていましたが、予想以上に乗れたのでこの先の藍那まで行く気になっています。


Tokugawa_3
 今来た方向を振り返っています。遠くに見えるのはしあわせの村の建物です。


Tokugawa_4

 MTBでこの辺りを走り回っていた頃は見慣れた風景の放置車両。久しく来ていなかったので懐かしく、思わず止まって写真を撮ってしまいました。


Tokugawa_5

 次の難所。MTBの頃も乗れたり乗れなかったりの場所。とても無理なので押していきます。


Tokugawa_6

 こういう所は楽勝で乗れてしまいます。慣れてきたのと、前半よりもコース状況が緩くなっているのでしょう。
 
 余裕が出てきて気がつきましたが、両側をフェンスで囲まれています。檻の中を走らされている気分でちょっと厭でしたね。昔はこんな事は無く開放感があったのに・・・


Tokugawa_park

 里山保全とか言っていながら、古民家を移築したりしてるのは自然破壊じゃないのかな?

 MTBでは走り慣れた道だったけれども、地形も風景も変わってしまって、どの辺りを走っているのか皆目見当がつかなくなって、道に迷ったかのような気分です。

 三叉路に出て、こっちかな?と見当を付けて右へ行きましたが間違っていましたね。予定していたところへは出ずに少し東側に出てしまいました。


Tokugawa_puncture2

 右側はコンクリート舗装だったので走りやすかったのですが・・・何故か?パンクしてしまいました。それも立派なリム打ちパンクです。空気圧は6気圧に走り出す前に調整していたのに、リム打ちパンクするなんて、乗り方が下手くそなのかと落ち込みますねぇ。


Tokugawa_puncture

 チューブを交換して走り出します。



Tokugawa_aina

 藍那の集落で道に迷いましたが、どうにか県道52号線に出る事が出来て、現在地が把握出来ました。それまでは藍那までは来たけれど、ここは何処?状態でした。


Tokugawa_aki

 県道52号線から外れて、藍那小学校の横から山田町へ峠を越えて行きます。このルートはほとんど車が来ないので走りやすくて好きな道です。

 峠を下っていく風景は「里の秋」って感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 6日 (金)

淡路島210km

 今年に入って三度目の淡路島です。今日は三日後に迫った当店のイベント「Tour de AWAJI」の為にコース下見にやってきました。

 

 先日の台風の影響で片側通行となっている所もあるので、しっかりと見ておきましょう。

 

Construction_goshiki
 県道31号線(西海岸)の鳥飼浦近く。先日の台風で崩れて工事中です。工事の距離は10数メートル位と短いので、それほど待たされることなく通過できそうです。

 

 慶野松原から北へ3km程の所です。

 

Construction_sumoto
 影響のありそうな工事はもう一か所ありました。洲本への入り口、国道28号線炬口交差点の左折車線が工事で規制されています。

 

 100kmコースは直進なので影響ありませんが、130km・150kmコースの時計回りは左折時に左へ寄れなくなっています。

 

 もう一か所(写真なし)は、国道28号線八幡交差点の北側、県道31号線のイオン南あわじ店近くで片側交互通行になっていましたが、日曜日まで工事をやってるのかは不明です。影響があるとすれば100km・130kmコースです。

 

Seidan
 今回のイベントとは無関係ですが、「海峡またぎ(自転車輸送)サービス」の淡路島側発着点、陸の駅西淡を見てきました。
 普段走っているルートとは外れているので存在すら全く知りませんでしたが、駐車場は満杯だし、で活用されている施設のようでした。

 

Yura
 走り始めは寒さを感じるくらいでしたが、お昼近くになって青空が出てきました。

 

Naruto
 鳴門海峡大橋の見える絶景ポイントまでやってきました。

 

Anaga
 福良で補給と小休止をして丸山までやってきました。東風が強くて東側を走っているときは追い風に助けてもらっていましたが西側は風の影響がほぼゼロです。
 風車も休憩中です。

 

Bridge
 日も落ちて、明石海峡大橋がライトアップされているのを見ながら帰ってきました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »