« 走行会 三木防災公園 | トップページ | オッサン達の悪だくみ 昼食後 »

2016年3月10日 (木)

オッサン達の悪だくみ 昼食まで

 その昔(2010年まで)には「オッサン達の死酷」と称して、高松から松山まで険道?や酷道?を繋いで260km程度のルートを創って、一日で走っていましたが・・・寄る年波には勝てず?今回の四国ツーリングは予定距離183kmと随分と短縮しています。

10_jumbo
 水曜日深夜というか、実際は日付が変わった木曜日1時発のジャンボフェリーで、神戸港から高松東港へ到着しました。出港が30分遅れて、高松東港への入港も30分遅れていますが、今日は先を急ぐサイクリングでもないので、先ずは港のすぐそばにあるコンビニで朝食を調達して腹ごしらえです・・・腹が減ってはサイクリングは出来ぬ!

10_okada
 出発は夜も明けた6時30分。明るくなっていてライト無しで走られるのは良いけれども、交通量も増えてきています。
 高松の市街地を抜けて、国道32号線を高知方面へと走っていきます。そのまま国道を行ってもいいのですが、より交通量の少ない県道197号線へと岡田から入ります。
 この辺は私にとってはお馴染みの道ですが、よく走っていたのは10年近く前の事ですね~。

10_r32
 走り続けると国道32号線に出くわします。道を間違えようが無くていいですね。左折すると猪ノ鼻峠への登りが徐々に始まります。

10_inohana
 今日一つ目の難所?長めの登りを登りきれば猪ノ鼻峠です。路面は所々濡れているので慎重に下って、下りきれば阿波池田です。

 ここも定番のローソンのイートインのうどんで登りで使ったカロリーを補給しておきます。カップ麺ではないちゃんとしたうどんが食べられるので、ここでの休憩は外せません。

10_ikeda

 ローソンを出て国道32号線とは別れて、県道267号線を行きます。吉野川の左岸を行けば道幅は狭くなりますが、交通量は激減します。それでも抜け道に使っている(たぶん)車がやって来るので気は抜けません。

 阿波池田の街を抜けた辺りで国道32号線に戻ると、国道らしく大型トラックも頻繁にやって来ます。ここは出来るだけ短時間で抜けられるように、ちょっと頑張ってみました。

10_r3192
 JR土讃線、阿波川口駅を過ぎた所で国道32号線から別れて、国道319号線へ入ります。三桁国道に入ったら、こんな風景が出てくるのもご愛敬と言ったところでしょう。

10_r3190
 路面はきれいに整備されていますが、国道の道幅では無いと思うんですが・・・

10_shingu
 細くて、曲がりくねって、細かくアップダウンを繰り返して新宮と言う所まで走ってきました。まだまだ先は長いので、小休止をしながら補給を取っておきます。
 阿波池田で食べたうどんのエネルギーはすでに使い果たして、腹ぺこになっていました。

10_r319
 この辺りの川(銅山川)の様子です。谷深い所をゆったりと流れています。

10_kotido
 何処からか聞こえる車の音?少し行くと遥か下を高知道が通っていました。

10_shingu_dam
 新宮ダムまでやってきました。山奥深く入ってきている風景ですが、集落が所々にあるというのが四国らしい所です。

10_horikiri
 堀切トンネルまで登ってきました。今日二つ目の大きな(ちょっと小さめですが)ピークです。直進方向の2車線道路は県道5号線でして、我々が行くのは左折して、路地にしか見えない国道319号線です。

 ちょっと先で分岐していて、右側へ登れば国道319号線で、左へ下れば、少し近道して国道319号線に出ます。ここは当然のごとく下ります。

10_green
 国道じゃなくて酷道な319号線で細かくアップダウンを繰り返し、小さなブラインドコーナーをクリアして金砂町までやってきました。

 ちょっと遅めの昼食は、ここのカフェグリーンハットさんでいただきました。最後の激坂も短いので、ここまでの行程に比べればしれた物です。


 今日のコース詳細
 → 轍(コースタイム・プロフィールマップ・GPSログ)

 昼食後に続く

|

« 走行会 三木防災公園 | トップページ | オッサン達の悪だくみ 昼食後 »

四国Cycling」カテゴリの記事

ロングライド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オッサン達の悪だくみ 昼食まで:

« 走行会 三木防災公園 | トップページ | オッサン達の悪だくみ 昼食後 »