« オッサン達の悪だくみ 昼食まで | トップページ | 笠形の足湯へサイクリング »

2016年3月10日 (木)

オッサン達の悪だくみ 昼食後

 薪ストーブの焚かれたグリーンハットさんの店内は暖かく、ゆっくりしたかったのですがまだまだ先は長いので出発します。

10_kinsha
 国道319号線は赤い橋を渡って伊予三島方向へ行っています。我々は西へ向かって県道6号線を行きます。

10_k6
 国道は酷道でしたが、県道は険道ではなく道幅も広く、路面もきれいに整備されていました。

 ブルーのラインはサイクリング道の「別子・翠波(べっし・すいは)はな輪道(りんどう) 」を表しているようです。

 別子ダムと、その少し先の今日の最高地点に向かって勾配が少しずつきつくなっていきます。

10_tomisato_3
 富郷ダムが見えてきました。まだまだ登りは続きます。

10_hoou
 次のダムは法皇ダムです。まだまだ登りは続きます。ダム巡りをやっているつもりは無いのですが、次々とダムが出てきます。

10_nobri
 別子山手前で県道6号線は県道47号線にバトンタッチですが、道は一本道です。

 別子山を過ぎて、ブルーラインに沿って登り続けます。

10_besi_dam
 スタートから140km、標高840m。今日のコースで一番高い所に位置する別子ダムが見えて来ました。あと少しでピークを過ぎて、新居浜までは下るのみなので、補給をかねて休憩します。

10_yuki
 路肩が濡れているだけでなく雪も残っています。

 ピークは145km地点。標高999m。

 いくつかのピークと下りを挟んで、スタート直後から登り続けてきた今日のサイクリングも新居浜までの下りを残すのみとなりました。

10_tonaru
 東平地区への入口まで下ってきました。東洋のマチュピチュと言われている別子銅山跡も見てみたいけれど、今日は時間の余裕がないので先へ進みます。

10_loop
 今日、最後のダム。鹿森ダムとループ橋。

10_main
 マイントピア別子。写真を撮っただけで通過します。

10_satuma
 新居浜まで下ってきたら腹ぺこでした。「味のさつま」さんはサイクリストにも人気のお店だそうで、マスターからは色んなサイクリスト・ローディの話を聞かせてもらいました。

 お薦めの、さつま丼はミニとは言え、すごいボリュームでしたが味もよく、なんとか完食することが出来ました。これで1,050円なので、大食いのローディにはありがたいお店です。

 新居浜駅でお土産を買って、東予港まで残りは9kmって、どう計算を間違えたのか?実際は20km残っていて、いつ着くんだぁ~と言いながら走り続ける事1時間、やっと東予港フェリーターミナルに着きました。

 走行距離:190km、走行時間:13時間30分でした。

10_ferryboat
 4人部屋に3人でしたが、運良く貸し切りでした。自転車は輪行して持ち込めば只だし手元に置いておけるので安心です。

 風呂で汗と埃を流して、筋肉をリフレッシュした後は、延々と続く反省会(笑)

11_breakfast
 睡眠時間は数時間でしたが、爆睡して、6時に起床。

 今回、オレンジフェリーには「オレンジフェリーで行く 関西サイクリングセットプラン 東予発便」と言う割引プランを使って乗船しました。標準の部屋は二等ですが、差額を払って一等へ等級を変更しています。

 セットに付いている朝食はバイキングなので、大食いにはありがたいサービスです。

11_orange7
 大阪南港に着岸したオレンジフェリー、大きすぎて全体は撮せません。

 水曜日の夜に出発してジャンボフェリーで寝ている間に高松着。休日の木曜日は早朝から一日、自転車で走り続けて、夜のオレンジフェリーで寝ている間に大阪南港着。金曜日は午前中に自宅へ帰って、午後の開店に間に合わせるという、疲れましたが濃く楽しい休日でした。

 同行していただいた、Oさん、Mさん、ありがとうございました。

 今日のコース詳細
 → 轍(コースタイム・プロフィールマップ・GPSログ)

 昼食まで

|

« オッサン達の悪だくみ 昼食まで | トップページ | 笠形の足湯へサイクリング »

四国Cycling」カテゴリの記事

ロングライド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オッサン達の悪だくみ 昼食後:

« オッサン達の悪だくみ 昼食まで | トップページ | 笠形の足湯へサイクリング »