« 土佐でキャンプ&サイクリング 二日目 | トップページ | 土佐でキャンプ&サイクリング 四日目(最終日) »

2016年1月 6日 (水)

土佐でキャンプ&サイクリング 三日目

 朝5時に起床、さっそく朝食の準備にかかります。内容は昨日とほぼ同じで、トースト(二枚)、目玉焼き、バナナ、キウイフルーツ、コーヒー、コーンポタージュ。

0106_bridge
 橋の下にテントを張ったのは正解でした、テントのまわりだけが濡れずに残っています。

0106_canoe
 しっとりと雨に濡れたキャンプ場。空は曇り空。天気予報の降水確率は少し低くなっていますが、今日一日どんな天気で推移するんでしょうか。

0106_goods
 キャンプ場の利用者は私一人だけなので、好きなように使わせて貰ってます。
 自転車は、屋根のある炊事場に置かせてもらって、雨に濡れずにすんでいます。

 そして、全財産をテントから出してテーブルの上に並べて、これからパッキングにかかります。

 フロントのサイドバックは、オルトーリーブのスポーツローラークラシックなので完全防水となっています。これに、濡れては困る寝袋や衣類をまず入れます。後は、左右の重さが揃うように入れていきます。
 フロントのサイドバッグは左右の重さを揃えておかないと、重い方にハンドルを取られてしまい、自転車をまっすぐに走らせられなくなってしまいます。重さが揃っていると、どんなに重くても、まっすぐに走らせる事に腕力は必要なくなります。

 後ろのパニヤバッグは前ほど重量バランスを気にする必要はありませんが、出来るだけ揃えておきます。TOPEAKのバッグは防水では無いので、雨が酷くなるようならゴミ袋を被せて中のものが濡れなようにしようと、用意はしてありますが今の様子では必要なさそうです。

0106_ekawasaki
 出発準備が整い、8時40分にキャンプ場を出発。昨夜、雨から守ってくれた橋の上から江川崎の町が見えています。

0106_tinka
 長生の沈下橋で記念撮影。路面は濡れていますが、雨は降らずにすんでいます。
 気温は9℃くらいで、走り始めなのでまだウインドブレーカーを着ています。

0106_ekawa_tn
 四万十川に沿っている国道381号線には、蛇行する四万十川を最短距離で抜けて行けるトンネルのバイパスが造られています。

 前回(2,011年4月)ここを走ったときにはバイパスを通らずに、川沿いに行きましたが、今回はバイパスで抜けていきます。

0106_towa
 道の駅とおわ。

0106_buta
 まだ10時前ですがお腹が空いてきました。緩~くだけれど登り続けるコースなので、それなりにエネルギーは消費しているようです。

 最初に買ったのは「紅茶大福」。でも、解凍して1時間後に食べて下さいと言われて、今すぐの補給には使えない事が判明。他にすぐに食べられるものはと探したら、レジ横に豚まんがありました。

0106_mishima
 第一三島橋。予土線鉄橋と沈下橋が並んでいる珍しい場所です。

0106_yodo
 予土線の100系風こだま号(笑)
 タイミング良く走ってきました。

0106_yodo_bridge
 四万十川に架かる予土線。

0106_tosataisho_st
 土佐大正駅までやって来ました。

0106_kokutetu
 駅横の看板がすごい!国鉄って書いてある!

0106_tosa_taisho
 道の駅四万十大正。ここで小休止ついでに、先程買った紅茶大福で補給しておきました。

0106_kamioka
 上岡沈下橋。郵便屋さん、お仕事ご苦労様です。

0106_jogu
 上宮沈下橋。

201601061247
 四万十川へ来たならウナギでしょうって事で、窪川の「うなきち」さんで昼食。

0106_shimizu
 清水沈下橋。

0106_ittohyo
 一斗俵沈下橋。

0106_19_1
 県道19号線。

0106_tenman
 帰ってきました、天満宮前キャンプ場。時刻は15時。路面はあちこちで濡れていましたが、雨に降られることはありませんでした。
 利用料金2泊分(600円)は昨日の朝に、管理のお婆さんに払ってあります。2泊したのは車で、人は1泊なんですけどね(^_^;)

 これから今夜のキャンプ地、津野町のかわうそ自然公園まで車で移動します。

0106_kawauso
 きれいな所です。施設は水場とかは無く、トイレしかありませんが無料なのはうれしい。
 川を挟んだ向こう側は国道197号線なので車の音がひっきりなしにしていますが、やかましくて困るほどではなく、ゆっくりと寝られそうです。

0106_dinner
 テントを設営して薪ストーブに火を入れて、お湯を沸かします。今日はお風呂は無しなので、沸かしたお湯で身体を拭いて、その後SportsBalmのリカバリ-オイルを塗って脚のケアをしておきます。

 夕食は黒毛和牛!と大正町の無手無冠で買ってきた火振ダバダです。
 薪ストーブのお陰でテントの中はヌクヌク、肉と焼酎もうまいし!

 ああっ!しあわせ~!

 まだ、明日があるので飲み過ぎないようにして、午後10時には就寝。

今日のコース詳細
 → 轍(コースタイム・プロフィールマップ・GPSログ)

|

« 土佐でキャンプ&サイクリング 二日目 | トップページ | 土佐でキャンプ&サイクリング 四日目(最終日) »

四国Cycling」カテゴリの記事

キャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土佐でキャンプ&サイクリング 三日目:

« 土佐でキャンプ&サイクリング 二日目 | トップページ | 土佐でキャンプ&サイクリング 四日目(最終日) »