« 表六甲ドライブウエイから六甲山 | トップページ | 秋の播磨をサイクリング »

2015年11月19日 (木)

霧の六甲山

 雨の天気予報なんてどこにもありません・・・実際の空模様は今にも降り出しそうですが・・・レインウエアを着ていくか迷ったんですが、降らなかったら暑いし、邪魔なだけなので、降らない事に掛けて先週と同じ服装とウインドブレーカーで走り出しました。

 

 今日は長田の鬼兵コロッケで、コロッケを買って行きます。

 

 兵庫を過ぎた辺りでウインドブレーカーを脱いで,西六甲への登り始めでアームウオーマをずらしてと、ここまでは順調でした。

 

 六甲トンネルを過ぎた辺りから霧雨が降り出して来ましたが無視!・・・普通はここで引き返すんでしょうが・・・今日の気持ちは六甲へ登る!としか思っていませんからね・・・そんなの関係ない!って、相変わらず言ってる事が古い。

 

 鉢巻展望台の手前ぐらいで、ちょっとまずいんじゃ?と気がついても後の祭りというか・・・とにかく記念碑台まで行けば屋根付きの休憩所があるので先に進みます。

 

20151119121541

 

 


 雨も風もや~ねって事で、風を遮ってくれる屋根のある所に落ち着きました。お握りとコロッケで腹ごしらえをして下る事にします。ウインドブレーカーで防げる雨量はもう限界ですし、この後天候がどう変化するのかは予測出来ませんので、摩耶山とか六甲山頂とかはありえないでしょう。

 

 私が出発しようとしているときにやって来たハイカーさんも、天気予報と違いすぎると嘆いていました。

 

20151119122338

 

 


 霧に包まれた景色は幻想的でいいですね~なんて言ってる場合では・・・

 

 この後、裏六甲を下るんですが、濡れ落ち葉は嫁に嫌われる!だけでなくサイクリストにも嫌われるでしょう。とにかく落ち葉が多くて、ライン取りが限られていて車が来てもよけられないという。

 

 下れば路面は乾いているとの予想はその通りでしたが、箕谷から岩谷峠へ登る元気も気力も無く帰ってきてしまい、走行距離は70km程度で終わってしまいました。

 

 それでも、登りでは心拍を上げすぎないようにセーブして、下りでは目一杯踏み込んで心拍が下がらないように走行して、それなりに負荷をかける練習走行は出来た一日でした。

|

« 表六甲ドライブウエイから六甲山 | トップページ | 秋の播磨をサイクリング »

六甲山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霧の六甲山:

« 表六甲ドライブウエイから六甲山 | トップページ | 秋の播磨をサイクリング »