« 2015年忘年会 | トップページ | 霧の六甲山 »

2015年11月12日 (木)

表六甲ドライブウエイから六甲山

 先週は東六甲だったので、今日は表六甲から登って来ました。

 

 出発時の気温が9℃、六甲山頂も10℃前後と予想。今日はほぼ冬の服装です。上は、薄手の冬用アンダー+薄手の冬用ジャージ+ウインドブレーカー。下は、冬用(裏起毛)のスパッツ+冬用ロングソックス。シューズはカバー無し、手袋はアンダーグラブ+指切りグラブでした。

 

20151112110509

 

 


 ウインドブレーカーは長田付近で脱いで、山手幹線を東へ。六甲ケーブル下まで登って来ました。先週よりも6℃近く気温が低いので服装はちょうどよかったです。

 

 ここまでの道中で驚愕の事実が明らかに・・・ってほど大げさな事ではありませんが。今回同行したNさん曰く・・・交通量の少ない旧道があるそうですよ・・・そうなんですね探してみましょうか?・・・・はい!西六甲ドライブウエイへ行くのに、私がいつも登っていたのがその旧道でした(^_^;)。人間が古いので情報も古いままです、新道ってどこよ?状態です。

 

20151112121832

 

 


 西六甲ドライブウエイの片側交互通行もどうにか青信号の内に通過できて、他の交通に迷惑をかけることなく丁字が辻まで登り切れました。

 

 一軒茶屋前は、ふてこい高校生があふれていましたが、彼らは最高峰までは行かないらしくご覧のように平和な風景でした。

 

 おにぎりと、途中で調達してきた串カツとで昼食です。

 

 山頂は10℃前後でしたが、風もなく日差しがあるので寒さを感じることなく、ゆっくりと休憩出来ました。

 

20151112123431

 

 


 珍しく絶景が広がっていて、大阪湾・神戸港はもちろん、東は生駒山脈、南は友が島水道まで見る事が出来ました。写真は東方向だけですが、超~ワイドな!パノラマが広がっていました。

好事魔多しと言うか、快適だったのはここまでで東六甲の下りは寒い事!船坂への分岐までは我慢の時間でしたね~。

 

20151112132901

 

 


 船坂の激坂もクリアして、やって来た(下ってきた?)のは有馬温泉。そんなことはありまおんせん、ではなくて本当に有馬温泉です。平日でもなかなかの人出です。

 

20151112134405

 

 


 神戸電鉄有馬口駅から有馬街道(県道15号線)へは出ずに、線路を渡って南へ、阪神高速7号北神戸線を見上げながら、六甲山中へと入って(登って)いきます。

 

20151112135852

 

 


 道はアスファルトからコンクリート舗装に変わって、どんどんと山中へ入って(登って)いきます。最大斜度15%なんて所もあったりして、路面の荒れ具合からはロードバイクで走るコースと言うより、シクロクロスかMTBのコースといった方がよいかもしれません。

 

 唯一良い点は、時間も場所も独り占めできる所でしょうか?

 

20151112140411

 

 


 今日、唯一の紅葉ポイントで記念撮影。落ち葉の下は砂利道です(笑)。

 

20151112141215

 

 


 最後は、裏六甲ドライブウエイに合流します。写真の左側が今登ってきた道、ワイルドだろ!って(死語ですかね・・・)、右側が裏六甲ドライブウエイです。

 

 花山辺りで有馬街道(県道15号線)へ出て、下りなのをいい事に、良いペースで箕谷まで走って、国道428号線を西へと。その後、県道85号線の坂本交差点からは六甲国際GC前を抜けて、木幡、櫨谷と経由して帰ってきました。

 

 走行距離は95kmでしたが、内容の濃い一日を過ごせたと思っています。Nさん、登りでは後ろからのプレッシャーありがとうございました(笑)。

|

« 2015年忘年会 | トップページ | 霧の六甲山 »

六甲山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 表六甲ドライブウエイから六甲山:

« 2015年忘年会 | トップページ | 霧の六甲山 »