« 走行会 見土呂 | トップページ | »

2014年6月18日 (水)

PINARELLO DOGMA F8 試乗会

 「PINARELLO DOGMA F8」の試乗会へ行って来ました。サイズは一つだけなのでとりあえずサドルの高さぐらいは合わせて乗ってみて下さいっていう試乗会ではなくて、すべてのサイズが用意されていて一番合うのを選らべるという贅沢さ・・・しかもちょい乗りではなく、ぶどう坂という大阪では有名なヒルクライムスポットを登って・下って約40kmの試乗でした。

Dogma
 私が選んだのはこれです。コンポはカンパニョロEPS:普段使っているのと同じコンポ、ホイールはカンパニョロシャマル:何度か試乗しているので印象は判っている、タイヤはビットリアオープンコルサ(7Barに自分で調整):指定空気圧よりは低めですが普段と同じ空気圧。

Dogma_jersey
 お揃いのジャージで試乗に出発です。

Budo
 大阪南部の方にはおなじみの風景でしょう。

 元サンツアーレーシングのHさんに引っ張ってもらって、ぶどう坂まで移動。さすがです、加・減速は緩やかに気を遣っていただいて、スピードが乗れば一定で後ろに付いていて楽だし・怖くないし・・・私一人の時の巡航速度よりも高めですが、楽について行けました。

 登りに入って本気の?テストライド開始!

 登りが強くなったように錯覚させられます。9%~10%の登りで普段より1枚重いギヤを踏んで楽々!って感覚で登っている自分がいました。

 真ん中過ぎた辺りから緩めに登って、息を整えて、関電の変電所の少し先でUターン。帰り道の下り、直線をノーブレーキでバビューン!時速50kmくらいまでなので(当たり前ですが)何も起きません、スムーズとは言えない路面ですが安定して下っていけます。

 路面の濡れていた、つづら折れ部分はおとなしくゆっくりと下って、下の方の路面の乾いた所にさしかかった時にタイミング良くワンボックス車が元気よく抜いていってくれます。後続車のいないのを確認してペースメーカーになってもらいます。

 右へ左へと続く急カーブも自由に操って、狙ったラインを外れません。もうちょっと効いて!ってくらいのフルブレーキングでも安定していて、安心してコーナーへ入っていけました。

 路面の状況はしっかりと伝わってくるのでコンフォートな乗り心地ではありませんが、硬いシャマルの硬さを感じさせない乗り心地は、ロングライドでも疲れにくそうだなぁって思いましたね。

 なんのために試乗したんや!と怒られそうですが・・・私ごときでは限界がどこにあるのか???って結論です。

 平地の40km/h台では軽くよく走るって印象、50km/hを越えるとまた違った何かが見えてくるかもしれませんが・・・私には無理です。
 登りは、軽いです・・・自分が強くなったかのような錯覚をしそうです。
 下りコーナーは、安定してます。フルブレーキングからコーナーへ入っても安定しています。危ないおもちゃを与えられてしまったかも・・・

Dogma_fork
 安定したコーナリングを支えているのがこのヘッドとフロントフォークですね。薄いのは空気抵抗の軽減、がに股っぽいのは、太いタイヤを入れるためのクリアランスを取るためで、結果横剛性も上がっているという事でしょう。

Dogma_front
 ピナレロと言えばONDAフォークでしたが、面影は残っていますがストレートに近くなっています。変速はワイヤー・電動のどちらにも対応しています。

Dogma_back
 バックもシンプルになっています。ブレーキは一般的なシートステイ上で、整備性や効きを重視すればこの位置になるのは必然でしょう。

|

« 走行会 見土呂 | トップページ | »

ロードレーサー」カテゴリの記事

ショートライド」カテゴリの記事

コメント

ふ~~ん、こんなところで遊んでいた・・・(x_x) ☆\( ̄S ̄*)バシッ!

もとい!
お仕事お疲れ様です!!

投稿: 腹ポ | 2014年6月21日 (土) 07時39分

そう!お仕事ですよお仕事!

役得とも言いますけど^_^;

投稿: サカイ | 2014年6月21日 (土) 12時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PINARELLO DOGMA F8 試乗会:

« 走行会 見土呂 | トップページ | »