« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月19日 (土)

京都北山を越えてびわ湖へ

Sanda  日も長くなってきたので長めの距離を走りましょうか!と、数年前から温めていた企画を実行します。

 思い立ったが吉日とばかりに、すぐに出かけられなかったのには訳があって、200km超の走行距離で150km以降に、佐々里峠・花脊峠・百井峠・途中越と峠が四つ連続してあるからで、走りきれる自信が持てなかったんです。

 帰りはJR野洲駅から輪行して帰ってくる予定です。野洲駅から明石への最終は23:25なので時間は余裕があります。

 朝08:30出発(年寄りなのに朝は弱いんです!)。櫨谷でDさんに遭遇。三田までは同じルートを走るって事で、引いたり引かれたりして三輪までの車の多い区間を快調なペースでこなせました。

 三輪で右折すれば、この先途中越えまで車の少ないルートのはずです。

 県道37号線・309号線の志手原から後川・篭坊温泉・るり渓までは30年間時間が止まったかのような、相変わらずの田園風景で、気持の良いサイクリングコースです。
Sasayama

 後川下では母子・篠山方向へは行かずに右折して、川沿いを走っていけば篠山市へ入ります。





Kagobo

 

 篭坊温泉はまだ桜が満開です。





Nose



 県境を越えて大阪府へ入ります。





R172

 天王で右折して国道173号線を登って、トンネルの手前で左折して府道731号線るり渓方向へ、まだまだ登ります。







Nantan

 

 大阪府とは、すぐにさよならして京都府南丹市。






Dongahata

 ちょっと下って、土ヶ畑で左折して府道54号線をるり渓温泉まで登って行きます。そろそろお昼ですが、るり渓温泉は駐輪場(駐車場)から少し歩かないとレストランへ行けないのでパスして下ります。



Ruri  るり渓まで下ってきました。ここには休憩所やトイレもあります。向かいの寂れた感じのお店(失礼!)で聞いてみたら食事が出来るという事で、ここで昼食にします。
 どんな物が出てくるのか?ハラハラ!ドキドキ!でしたが、いたって普通の玉子丼が出てきて美味しくいただきました。
 やる気があるのか?無いのか?よく判らん店ですが、話し好きのおじさんで・・・自転車の人はすごいね~って、夏でも冬でもやってくるって。この辺りは冬でも走れるんですね・・・雪の日もあるんでしょうけど。

K54_funasaka  少し下って、一旦府道54号線とは別れて府道453号線へ道なりに。
 園部町船坂で右折して、もう一度府道54号線です。

 園部の市街へ入れば、コンビニやラーメン店等もあって、昼食はここまで待った方が良かったかな?

 国道9号線を横断して、府道19号線に入ります。道の駅新光悦村で小休止。

 これからしばらくは府道19号線とおつき合いで、緩~く登って行きます。

Hiyosi

 


 川を渡って、向かうのは日吉ダム方向です。





K19_miyama

 


 ここを左折。





Kagura_tn

 


 ちょっと長い神楽坂トンネル。





R162_kakiuti

 


 ここを右折して国道162号線。





Miyama  信号の手前を右に入れば(看板無し)美山ふれあい広場です。

 気温も25度まで上がってきて、少し汗ばむ陽気。ジェラート等いただきながら休憩。

 ここも桜が満開から散り始めの時期で、花びらの絨毯になってました。

R162_agake
 元の入った所から出れば、ここを左。東へ出ればここを右折して府道38号線。

 緩~く登り続けます。



Kayabuki

 
 かやぶきの里を通過。見事に保存されていますね~。

 ここまで130km走ってきましたが、登りと峠4連が始まるのはまだこれからなので、先を急ぎます。


Sugi
 山深くなって来ました。

 今日はGPSの電波状況が悪いんでしょうか?ルートのロストを繰り返しています(帰ったから見た軌跡も随分とずれた所があります。)背の高い杉の木も障害になっていると思いますが・・・

Sasari_nobori

 


道幅が狭くなって、斜度も増します。

 いよいよ、始まったって感じです。



Sasari_snow

 


 標高があがってくるとコーナー毎の日陰に残雪が・・・





Sasari_pass
 佐々里峠に到着。初佐々里です。

 最大勾配が10%程度でしたから、苦労せずに登れましたが150kmを走ってきた疲労は足に溜まっていて、百井峠への不安が大きくなってきています。

 気温は19度と下がってきています。

Hanase_pass  一旦下って次は花脊峠です。

 下りきった所で県道38号線から国道477号線へ左折します。

 北側からの花脊峠は路面も良くて走りやすいです。

 ここは昨年の秋に一度走って様子がわかっているので気が楽です。
 南側への下りの路面の悪さも経験済みです。

 日没が近づいていますが、ライトを使わずにどこまで行けるでしょうか。山の中はあっという間に暗闇になるので用心が必要です。

Momoi
 百井別れまで下ってきました。

 急角度に左折して、一瞬下ってから上りが始まります。

 今日、最大の難関。百井峠は押さずに登れるのでしょうか?

R477  170km以上走ってきて百井峠を登れる程の剛脚は持ち合わせていませんでした。

 まあ、花脊峠を登りながら、この調子なら百井峠は押すしかないと弱気満載でしたからね~

 心拍数が上がってから持ちこたえる根性が足りてません・・・年寄りが根性見せると身体を壊しかねないので程々しておきましょうと、言い訳したりして・・・

 押しに入ると同時に暗闇に包まれて、ライト点灯。

 上の方は斜度が緩くなるので乗車してピークへやって来ましたが、百井峠はここ?

R367  下ります。明るいライト(Cateye VOLT1200)に助けられて、たいしてペースダウンすることなく下って行けます。

 国道367号線へ出ました。

 一気に交通量が増えますが、暗闇の世界から明かりのある文明の世界へ戻って、気分的にはホッとします。

Tochu
 途中越への上りはあっけなく終わって、拍子抜け。

 この先は、人生下り坂最高!とばかりに下るだけです。残り20kmです。

 気温は16度。ウインドブレーカーを着て下ります。

Tochu_kyu

 


 ここは左へ行ってトンネルを回避します。





Biwako

 

 びわ湖大橋を渡って、守山をめざしています。

 街と車のライトが綺麗!と思って写してますが、スマホのカメラじゃ伝わってきませんね。



Hotarunoyu  スーパー銭湯到着。

 百井峠を押す事になったのはちょっと残念ですが、無事走りきれました。

 夏の物長袖アンダーと半袖ジャージ+ウインドブレーカーで、暑すぎず寒すぎず、登りでも汗だくにならずに走れたので、ウエアの選択も最適でした。

Yasu  汗と埃を流して、食事をした後は野洲駅から輪行で帰ります。

 22時59発の新快速に乗車します。

 最寄り駅のJR守山駅ではなくJR野洲駅なのは、ここが始発の新快速があるからです。
 途中駅から乗車すると、邪魔にならないように最後から乗車して輪行袋を固定したりしている間に座席の争奪戦に負けてしまいますから。

 もっとも、こんな遅い時間だと守山でも余裕で座れましたけれど。一気に人が増えたのは京都駅でした。

Rinko

 

 新快速(快速も同じ)の下り先頭(上りだと最後尾)車両の後ろ側には、トイレとこんなスペースがあります。





Akasi   さてさて、ここまでは順調に事が運びましたが・・・それじゃぁ終わらない!

 雨に濡れた明石駅です。

 不幸中のさいわいは、ひとしきり降った後の小康状態の間に家まで帰れた事です。

 出発時間が遅かったり、走りきった後の食事をのんびりと取ったりして、自宅へ帰り着いたのは日付が変わっていましたが、楽しい一日でした。

今日のコース詳細 → 轍(コースタイム・プロフィールマップ・GPSログ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月11日 (金)

阿蘇外輪山

Bike

 

 

 寒さの厳しかった冬が終わってようやく暖かい春がやって来ました!そろそろ1,000m以上の峠を越えるのも、天候の急変や雪の心配をせずに安心して出かけられるでしょう。

 

 日帰り(と言えるのか?)が必須な私。行くのが可能な範囲が限られていますが・・・時間を有効に使う手立てを色々と考えて、今回の計画をたてています。

 

 行きは夜行バスを使う事で仕事が終わってから出発出来ます。ただ、残念な事は自転車を乗せてくれないバス会社が多い事です(折りたたんでも不可となってます)。でも、なんとかなる物で降車するバス停の近く(500m)にヤマト運輸の営業所を見つけました。これで前もって自転車は送っておいて営業所で受け取る事が出来ます。

 

 帰りは大分港から六甲アイランド行きのフェリーが出ています。これを使えば輪行した自転車の持ち込みも可能ですし、早朝に神戸へ着くので午後からの仕事に間に合います。

 

 これで二泊一日の日帰り?の計画が立てられます。

 

 熊本から阿蘇を抜けて大分まで、与えられた時間内に走りきれるルート作れば計画は完成します。

 

 バス(サンライズ号)が熊本県庁前に着くのが07:57、フェリー(サンフラワー)が大分港を出港するのが19:15。約11時間が使える時間です。

 

 地元の方のブログ等を色々調べて名所や名物をピックアップ。ルートラボでとりあえずルートを引いてみて距離や勾配をチェック。交通量等の道路状況や自分の足(どれだけ登れるか?)を考慮して、これなら時間内に走れるだろうと決めたのが下の計画です。

 

三宮BT          23:10
サンライズ号(西部車庫行)
熊本県庁前      07:57

 

東へ約500m
ヤマト運輸東野センター

 

熊本            08:30
12km
熊本空港        09:00
10km
道の駅大津      10:00
18km
ラピュタ  912m 11:30
12km
大観峰     893m 13:00
12km
城山展望所 715m 14:00
22km
牧ノ戸峠  1323m 15:30
23km
黒岳展望茶屋    16:30
38km
大分港          18:30

 

大分港          19:15
サンフラワー
六甲アイランド  06:35

 

 後は実行あるのみって事で行ってきました。

 

 出発が水曜日(4月9日)なので、月曜日には自転車を輪行袋に入れてヤマト運輸に預けます。水曜日の午後に確認したら営業所で保管中になっていたので、現地へ行っても自転車が無いって事はなく、安心して出かけられます。

 

 行きの自転車の輸送には宅配便を使うので、極力出っ張りを少なくして、破損のリスクを少しでも減らすように袋に入れてあります。
 使用している輪行袋はオーストリッチのSL-100(小さく畳めて走行時に邪魔にならなくて良いですね)。
 普段は前後輪を外して、スプロケットにカバーをしてベルト3本で縛るだけで入れていますが、今回は「リアディレーラー・ペダル・クイックレリーズ」を外して、ハンドルはベルトで固定、ハブシャフトにもカバーをして、前後エンドには保護金具を付けてと、考えられる限りの対策をして袋に入れてあります。

 

Bus

 

 

 天気予報も雨の予報ではないし(安心は出来ませんが・・・過去、色々とありましたからね)。

 

 バスは定刻に三ノ宮バスターミナルを出発。三ノ宮が最終乗車地だと言う事で乗客が少ないので指定席以外でも好きな所に座って貰って良いですよ・・・と。
 少し後ろ気味の所を選んだのが悪かったのか?阪神高速の路面が悪いのか?ギシギシ・ガタガタとうるさい事・・・でも、中国道にいつ入ったのか・・・いつの間にか熟睡してました。

 

 途中、何度か目が醒めたけれど熟睡して、さわやかな目覚め!
 熊本県庁前で降車してヤマト運輸の営業所へ移動途中、トイレ休憩などして時間がかかってしまって、走り出すのが予定より30分も遅くなってしまったんですが・・・大丈夫ですかね。

 

Kuroneko

 

 


 自転車は無事に受け取って組立。今回、運送便を使うという事で、あちこち外して、出っ張りが極力少なくなるようにして袋に入れて送った分、組立にも時間がかかってしまいました。

 

 9時に出発。牧ノ戸峠(1,323m)まではず~っと登り(ほんの少し下りも)。

 

 獲得標高が2,000mを越える予定なので、モノは試しと27Tを入れてきましたが・・・普通に使ってますがな!

 

 27Tに入っている時間が一番長かったかも。

 

Ozu

 

 

 道の駅大津(OZU)に到着。30分遅れたままです。
 補給用のパワージェル4個を水で溶かしてボトルに入れたり、お土産のクマモングッズを買ったり、名物の芋たい焼きを買ったりと、それなりに時間を費やして出発。

 

 少し行ってミルクロード入口を左折して県道339号線へ入ったら、本格的に登りが始まります。事前情報通りに大型トラックが多い。途中の工場地帯までかと思ったらそうではないんですね。

 

Futae

 

 

 ミルクロードを走っている間あちこちで大型トラックに抜かれたりすれ違ったり。一度など左コーナーでトレーラーのしっぽに当てられそうになったり・・・溝ギリギリまで逃げて、マジでびびった!
 埃もすごくて、汗と混じってGPSの画面が汚れてしまって見にくい。

 

 二重の峠まで登ってきました。普段はこんなに長い距離を登り続ける事がないので、結構大変です。

 

 参勤交代の道(豊後街道)となってますが、ハイキング道でしょ?てな道ですが、江戸時代はこの道を使って参勤交代してたなんてタフですね~。

 

 まだまだ登りが続きます。

 

Laputa

 

 

 勾配が緩くなって5km程でラピュタの道への分岐があります。ゲートが閉まっているとの情報もありましたが、今日は開いていました。
 距離にして100m程下ると、ラピュタの道と呼ばれる絶景が目の前に広がります。

 

 確かに素晴らしい!

 

 とは言っても、まだ予定の三分の一も走っていませんので、先を急ぎます。

 

Kabuto

 

 

 3km走って、かぶと岩展望所。ちょうどお昼を過ぎた所なので腹ぺこって訳ではありませんが昼食にします。
 ドイツの国際コンクールで金賞を受賞したというフランクフルトを使ったホットドッグも食べてみたかったので、良い時間に着きました。30分遅れは取り戻せていませんが・・・

 

 フランクフルトはもちろん野菜も美味しくて、幸せな気分です。展望台へも行ってみたりと、のんびりしすぎかも。

 

 ここまで登ってくると風がひんやりとして気温は16度と、暑くも寒くもなくサイクリング日和です。

 

Daikanbo

 

 


 大観峰までは思っていた以上に下っていて、遅れを少し取り戻しています。

 

 涅槃像に見える阿蘇五岳は霞んでいて、かろうじてそれらしく見えています。

 

Soft

 

 


 景色よりも茶店のソフトクリームに目が行ってしまって、次に行く予定だった城山展望所へは行くのをやめて、大観峰でもう少しゆっくりしてソフトクリームを食べる事にします。

 

 行き先を一ヶ所取りやめて、遅れは解消したので、今日の最高地点牧ノ戸峠へ登ります。ミルクロードを10km下ってやまなみハイウエイに入った所から16kmの登りです。

 

Kujyu

 

 


 九重連山の風景は雄大ですが、登り続ける気分は苦渋としか言いようがありません。
 27Tを付けてきて良かった!と、ホントに心から思いましたね・・・27Tが付いてなかったら、どれだけダンシングしていた事やら。

 

Makino

 

 

 牧ノ戸峠へは予定より10分遅れで到着。登りが、自分で思っている以上に登れないって事ですね。
 空気も冷えてきているので、下りに備えて防寒着(レインウエア)を着込んで出発します。一気に下って900mまで、ここで黒岳への登り返しに備えてレインウエアは脱ぎます。
 黒岳展望所は通り過ぎただけ。登り返した後の下りは斜度は変わりませんが、つづら折れの道で細かなコーナーが多く踏む所が多くなります。

 

 やまなみハイウエイ(県道11号線)は広くて路面状況も良好です(さすが観光道路)が右折して入った県道621号線は、一部片側一車線で車のすれ違いが困難な箇所も多々あります。ですが、この区間で出会った車は二台だけ、信号も無し。

 

 庄内まで下って国道210号線に出ると一気に交通量が増えます。コンビニで水を補給して走り出した途端にGPSからアラームが鳴って、充電が必要ですと表示が・・・
 残り20km・一時間位のはずだけれど、そんなにはバッテリーが持ってくれないので、走行ログを取るのをやめて節電を計ります。

 

Sunflower

 

 

 大分市街は通勤ラッシュも終わった後なのか渋滞もなく、信号地獄という程でもなく・・・一回の信号待ちの時間は長いけど。
 バッテリーも最後まで持ってくれて、迷うことなく大分港フェリーターミナルへ到着できました。

 

 すでに乗船が始まっていますが、乗船手続きの窓口は列が出来ているので、先に自転車を輪行袋に入れてしまいます。輪行袋は船室に持ち込むので、いつものように前後輪を外すだけで簡単に袋に入れます。

 

 平日のフェリーでこんなに乗船客の多いのは初めてです。団体サンも何組か乗船しているようです。

 

Room

 

 

 乗船口で係の方に声を掛けられました。自転車は、お部屋まで持って行かれますか?と、下船もここからなので横の空いたスペースに置いてもらってもかまいませんが・・・と、持って行きますと答えましたが、なぜ?というのは船室に入って納得しました。
 シングル個室(今回予約した部屋)の狭い事!今まで乗ったフェリーの個室で一番狭い、へたに置くとドアの開け閉めも出来ないってどうよ。

 

 フェリーの風呂は狭いので、さっさと行って汗と埃を流します。でも、混んできませんね~、皆さん風呂には入らないの?
 展望風呂(大浴場とは言えない広さ)の窓から外を見ながら湯船に浸かっていると、岸壁が動いてる・・・いやいや、船が出航してるんです。

 

Dinner

 

 

 風呂でさっぱりした後は夕食をいただきます。レストランはバイキング(\1,540)ってのは嬉しいですね。腹一杯喰ってやる!
 テーブルは、ほぼ満席です。空いているのはカウンター席だけですが、お一人様なので充分です。
 品数は少なめですが、味はまずまずで、昨年乗った志布志航路より美味しくいただけました。

 

 満腹になれば寝るだけですが、ベッドに横になると・・・なんと乗り心地の悪い!バスより悪い!エンジンの振動が大きくなったり小さくなったり、ずっと震えてる。一定の振動なら良いけれど変化するのでやっかいですね。熟睡出来ないまま朝がやって来ました。
 フェリーの朝は寝過ごす心配はありません。元気いっぱいの船内放送で起こしてもらえます(たたき起こされます)。

 

Rokko

 

 

 六甲アイランドへは定刻から10分遅れで着岸。下船して組み立てて、走って帰るんですが、自転車での出入り口は一箇所だけしかありません。二本ある橋の西側の橋にある側道の入口を見つけるのにウロウロとしてしまいました。

 

 六甲アイランドから出れば、国道43号線・国道2号線と走り慣れた道です。

 

今回の費用
 宅急便:¥1,944
 夜行バス:¥8,100(平日割引)
 フェリー:¥13,320(インターネット割引)
 食事・飲料:約¥5,000

 

今日のコース詳細
 → 轍(コースタイム・プロフィールマップ・GPSログ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »