« ルネ・エルセ ミラノ-サンレモとケルビムR2 | トップページ | 日生へ牡蛎喰いサイクリング »

2014年1月 1日 (水)

六甲山初日の出サイクリング

Rokko_1 なんて暖かいんでしょう?例年ならすでに気温が氷点下になっている午前4時でも3℃です。

 六甲山頂まで登り続けるコースなので、長袖アンダー+長袖ジャージ+レインウエアのいつもの組み合わせで走り出したものの、汗をかいてしまうので速攻でレインウエアを脱ぎました。

 ウインドブレーカーよりも生地が厚いので、より冷気を遮断してくれるからと着ていたレインウエアが走り始めには不要でした。

 いつものように白川から抜け道を抜けて、ひよどり台へ出て鈴蘭台へと走っていると雨がパラパラしだして、今日は中止か?との考えがよぎる。雨に濡れて氷点下は走るのは危なすぎでしょう。

 雨は森林植物園まで降り続けていましたが、ジャージが濡れる程ではなかったのはさいわいでした。西口でトイレによったついでに雨雲の様子を確認すると六甲山頂南側にあるだけなので大丈夫と判断して出発。

 さすがにここまで登ってくると気温も氷点下なのでレインウエアを着るが、ベンチレーションは全開でもちょっと暑い。正月の六甲では飲んだ事のないボトルの水(スポーツドリンク)を何度も飲みながら登る。

 水を飲むのでトイレが近い。記念碑台でも寄るが時間には充分な余裕があるのでペースは落とし気味で走る。着くのが早すぎると身体が冷えて寒いんでね。

 7時直前に一軒茶屋に到着。気温はマイナス1.5℃。40年間、1月1日早朝に登って来ていますがこんなに気温が高いのは初めてです。今まではマイナス5℃位で今年は暖かいね~って言ってたのに。

 着いてみれば案の定と言うか・・・曇り空、下界も曇って霞んでいます。日の出なんて見えそうにありません。

 それでも雲の間から光が見えるまで粘って下山開始。

Rokko_2
一軒茶屋から少し西へ走った所でようやく雲の隙間から太陽が姿を見せてくれました。

|

« ルネ・エルセ ミラノ-サンレモとケルビムR2 | トップページ | 日生へ牡蛎喰いサイクリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 六甲山初日の出サイクリング:

« ルネ・エルセ ミラノ-サンレモとケルビムR2 | トップページ | 日生へ牡蛎喰いサイクリング »