« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月24日 (金)

アイアンマン70.セントレア知多・常滑ジャパン

 「アイアンマン70.セントレア知多・常滑ジャパン」が2014年6月1日に開催される事が決まって、1月27日(月)正午からエントリーの受付が開始されます。

 公式サイトは → こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月19日 (日)

この春のサイクリングイベント等々

Event  ■ 春のロングライドイベント

四万十・足摺無限大チャレンジライド
開催日:2014年3月1日(土)、2日(日)
http://www.shimanto-mugendai.jp/

グラン・ツール・せとうち2014
開催日:2014年4月19日(土)、20日(日)
http://www.htv.jp/grandtour/index.html

ツール・ド・にし阿波
開催日:2014年5月25日(日)
http://tour-de-nishiawa.com/nishiawa.html

 ■ 2014年大会の申込が開始されています

アイアンマン ジャパン
http://www.ironman.com/ja-jp/triathlon/events/asiapac/ironman/japan.aspx#axzz2qo4JcW10

 ■ サイクリングマップや案内のサイト

奈良・京都のサイクリングマップ
http://nara-cycling.com/map/nara-kyoto/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月12日 (日)

日生へ牡蛎喰いサイクリング

0112_shimo

 

 


 正月明けの恒例行事になりつつある、日生への牡蛎喰いツアー。自宅を出た午前7時30分の気温はマイナス3℃(路上の電光掲示板)。

 

 田圃は霜で真っ白で、寒さを余計に強調しています。

 

0112_wine

 

 

 日曜日の走行会と同様にワイン城前の交差点に集合。

 

 懲りない人と怖い物(下痢)知らずな人が7名集合。これから90km先の日生へ向かいます。

 

 昨年は到着時間が13時過ぎと遅くなって、牡蛎を買い損ねかけたので12時半には着くつもりで最短距離で信号の少ないルートを選んでいます。

 

 まずは県道65号線を西へ。アップダウンも信号も少ないので姫路市内までは最短時間で走られます。
 問題はここからで、どう市内を抜けるか?です。選んだのは南へ下って国道2号線を西へ行く一番単純なルートですが、太子町までの信号の多さには辟易とさせられるものの、時間のロスも少なくて良かったんじゃないでしょうか。

 

0112_toge

 

 

 相生からは250号線で高取峠を越えるルートを選択しましたが・・・なんだ!こりゃ!オートバイの大集団と遭遇。喧しいし、臭いし。それでなくてもこの時期、坂越橋東詰交差点が渋滞するのを忘れていました。

 

 来年はまた坂越経由にしよう。

 

 赤穂からは車が少し多めですが平和な走行となり、機関車君たちのガンバリが効いて予定どおりの12時半に日生に到着。

 

0112_kaki

 

 

 しかし、えらい人ですなあ!駐車場へ入れない車で渋滞してるし、屋台もバーベキュー場も列ができるし・・・

 

 それでも30分程度の待ち時間で場所を取れたので、焼き焼き開始!

 

 今年の牡蛎は大きくて、一口でつるっとはいけない大きさです。

 

 たらふく食べて飲んでご機嫌ですが15時半を過ぎると急激に気温が下がってきたので、速攻で撤収です。

 

0112_hinase

 

 

 

 帰りは日生駅から輪行なので気楽なものです。

 

今日のコース詳細
 → 轍(コースタイム・プロフィールマップ・GPSログ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

六甲山初日の出サイクリング

Rokko_1 なんて暖かいんでしょう?例年ならすでに気温が氷点下になっている午前4時でも3℃です。

 六甲山頂まで登り続けるコースなので、長袖アンダー+長袖ジャージ+レインウエアのいつもの組み合わせで走り出したものの、汗をかいてしまうので速攻でレインウエアを脱ぎました。

 ウインドブレーカーよりも生地が厚いので、より冷気を遮断してくれるからと着ていたレインウエアが走り始めには不要でした。

 いつものように白川から抜け道を抜けて、ひよどり台へ出て鈴蘭台へと走っていると雨がパラパラしだして、今日は中止か?との考えがよぎる。雨に濡れて氷点下は走るのは危なすぎでしょう。

 雨は森林植物園まで降り続けていましたが、ジャージが濡れる程ではなかったのはさいわいでした。西口でトイレによったついでに雨雲の様子を確認すると六甲山頂南側にあるだけなので大丈夫と判断して出発。

 さすがにここまで登ってくると気温も氷点下なのでレインウエアを着るが、ベンチレーションは全開でもちょっと暑い。正月の六甲では飲んだ事のないボトルの水(スポーツドリンク)を何度も飲みながら登る。

 水を飲むのでトイレが近い。記念碑台でも寄るが時間には充分な余裕があるのでペースは落とし気味で走る。着くのが早すぎると身体が冷えて寒いんでね。

 7時直前に一軒茶屋に到着。気温はマイナス1.5℃。40年間、1月1日早朝に登って来ていますがこんなに気温が高いのは初めてです。今まではマイナス5℃位で今年は暖かいね~って言ってたのに。

 着いてみれば案の定と言うか・・・曇り空、下界も曇って霞んでいます。日の出なんて見えそうにありません。

 それでも雲の間から光が見えるまで粘って下山開始。

Rokko_2
一軒茶屋から少し西へ走った所でようやく雲の隙間から太陽が姿を見せてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »