« 牛窓&岡山で食い倒れ | トップページ | 走行会 六甲山 »

2013年9月19日 (木)

吉野から五番関のはずが・・・

Tuburo  スタートは津風呂湖ダム。

 台風一過から四日目の木曜日、まだまだ川は濁って流れも急です。

 しかし、今回の台風では京都・滋賀での被害は報道されていますが、ここ奈良県では被害は出ていないようですし、今回のコースは地元の方が9月始めに走った様子をブログに書かれているので、問題なく走りきれるはずでした・・・

Yoshino_yama  えっちらおっちらと登ってまいりました。

 ここへ来るまでにすでに何ヶ所かで、この先通行止めの看板を見ています。

 この辺りはシーズンになるとすごい人出なのでしょう、古くから続いていそうな土産物屋等が軒を連ねています。

Okusenbon  奥千本へと向かっていると、左側の道はこの先で崩れて復旧工事中ですと、左側の激坂を行くように指示される。

 ガードマンの兄ちゃんに大丈夫ですか?と心配されましたけど、まだまだ元気なんで「ガンバリま~す」とダンシングでクリア・・・ゼエゼエゆうてますがな。

 途中は木の枝が散らばっているくらいで落石もなく、5%前後の勾配を登って奥千本へ到着。よくわからずに選んだルートが一番楽なルートだったようです。

Yama
 随分と登ってきました。

 まだまだ平和な走行が続きます。




Kawakami

 川上村の看板(道標?)を横目に登り続けます。

 舗装もきれいで、激坂でもないのでユルユルとでもしんどさを感じずに登っていけます。



Shado
 木の枝が散らばっているのは台風の影響でしょうか?

 日陰が多いので暑さを感じずに登っていけますが、汗はポタポタと落ちていて、夏は来ない方がよさそうだな~なんて、考えながら登り続けています。


Kurotaki
 通行止めの看板がありますが、通れるように開けてあります。

 4km先で通行止めと書いてあるんですが・・・4kmも進めませんでした。


Dosha
 この手前数百mからほとんど乗れなくなっていて、自転車を担いで歩いてここまでやって来ました。

 ちょっと手前には、四駆が止めてあります。道路の様子の点検にでもやって来たんでしょうが、この崩れ方では四駆でも越えられません。

 私もここで引き返そうかと思ったんですが、ひょっとしてこの先はいけるかも?と・・・はかない期待をもって歩く事もう数百m

Kuzure
 期待は完全に砕かれてしまいました。

 どうしたって越えられるわけがありません。




Kuzure_1
 どれくらい先まで崩れているのかも判りません。

 杉の木が何本も根こそぎ倒れて折り重なっています。

 たまたま出会った地元の役所の人の話では、谷の一番底まで崩れた土砂が届いているそうで、相当な規模で山が崩れたみたいです。

 すごすごと担いで引き返すしかありません。

Kamisenbon
 上千本口まで下ってきました。

 写真の右側の激坂を下ってきましたが、下るのが怖いくらいの坂でした。

 行きは、たまたま選んだルートが楽な道だったようです。


Tera
 意気消沈して別のコースを走る気も失せて、観光してます。

 でも、砂利の境内は、レーサーシューズでは歩きにくい(歩けない)、堆積した土砂の方が歩きやすい。

 なので、写真を写しただけで退散。

Torii

 下まで下ってきました。

 今日は40km弱で終わってしまいました。




今日のコース詳細
 → 轍(コースタイム・プロフィールマップ・GPSログ)

|

« 牛窓&岡山で食い倒れ | トップページ | 走行会 六甲山 »

Cycling」カテゴリの記事

ショートライド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉野から五番関のはずが・・・:

« 牛窓&岡山で食い倒れ | トップページ | 走行会 六甲山 »