« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月29日 (日)

走行会 志染

0929_shijimi  タイトルは志染ですが志染まで行かずに(笑)、三木防災公園で終わって帰ってくる30kmです。

 元々はこの先、志染方面まで行っていた40kmのコースだったんですが、信号待ちが多くて楽しくない部分があったので、カットして30kmコースになっています。

 近々、別コースも加える予定なので、その時に名称を変更しましょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月26日 (木)

北播磨

0926_mitoro  平らな所を北へ行こうと、まずは西へ走ってきました。いつもの墓園ルートではなく、少し西の見土呂フルーツパーク前を通っていきます。

 向かい風がきつく、これから先が思いやられます。

 快晴で気温は23℃位でしょうか?夏物の半袖だと少し肌寒く感じます。

0926_gogle
 JR加古川線の東側の田舎道(旧道?)を北上中に、珍しい車と遭遇。
 Googleのストリートビュー撮影車です。頭の上に青色のボールが乗っかっています・・・カメラが入っているんでしょう。

 近いうちにこの辺りの田舎道のストリートビューが公開されて、私の勇姿?も公開される・・・まさかね。

0926_eco
 ホントに平らではね・・・と、いう事でちょっとした峠を越えて北播磨エコミュージアムに到着。

 最初の目的地はもう少し北の方だったのですが・・・向かい風にやられて、今日はこの辺で勘弁しといたろという事になりました。

 ここのお弁当はどれを買っても美味しくて、いつも迷ってしまいます。
 今日は唐揚げ弁当にして、帰りのおやつのつもりでおはぎを買いましたが、弁当のご飯が少なくて足りないので、おはぎも食べてしまいました。

0926_aki  北播磨エコミュージアムを出て、へそ公園から国道175号線の東側の田舎道を・・・どんだけ幹線道路がきらいやねん・・・西脇市街を避けて南下。

 稲穂と彼岸花。

 秋の風景の中を追い風に乗って走っていると、午前中の向かい風でのつらさを忘れてしまいます。

0926_shika  国道175号線が4車線となった部分は路側帯も広いので、なかなか快適に走る事ができます。

 しかも、今日は追い風なので、そりゃもう!快調です。

 時速35km/hを割らずに(除く登り)走り続けると、あら?不思議!信号にほとんど引っかかりません。チンタラと走っているときは数少ない信号にほとんど引っかかっていたのに。

 三木からは走行会(見土呂)ルートで狭くなる国道175号線を避けて走ります。そうすると鹿の飼われている広場を通ります。もう10年以上前から何代も代替わりして鹿が飼われていて、時々豚がいたりと不思議な広場です。

0926_ikawa  近場ですませたのと、帰りの追い風のお陰で随分と早い時間に帰って来られました。

 ここからは一つ坂を登れば我が家です。

今日のコース詳細
 → 轍(コースタイム・プロフィールマップ・GPSログ)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月22日 (日)

走行会 六甲山

Rokko  一ヶ月ぶりですかね?晴れの日曜日は。

 本当に久しぶりの走行会です。登りの人、二人が参加なので頑張ってみましたが、たいした違いはありませんね・・・数分の短縮が精一杯ってとこです。

 先日の台風の影響はここにも出ていて、裏六甲ドライブウエイが閉鎖されています。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月19日 (木)

吉野から五番関のはずが・・・

Tuburo  スタートは津風呂湖ダム。

 台風一過から四日目の木曜日、まだまだ川は濁って流れも急です。

 しかし、今回の台風では京都・滋賀での被害は報道されていますが、ここ奈良県では被害は出ていないようですし、今回のコースは地元の方が9月始めに走った様子をブログに書かれているので、問題なく走りきれるはずでした・・・

Yoshino_yama  えっちらおっちらと登ってまいりました。

 ここへ来るまでにすでに何ヶ所かで、この先通行止めの看板を見ています。

 この辺りはシーズンになるとすごい人出なのでしょう、古くから続いていそうな土産物屋等が軒を連ねています。

Okusenbon  奥千本へと向かっていると、左側の道はこの先で崩れて復旧工事中ですと、左側の激坂を行くように指示される。

 ガードマンの兄ちゃんに大丈夫ですか?と心配されましたけど、まだまだ元気なんで「ガンバリま~す」とダンシングでクリア・・・ゼエゼエゆうてますがな。

 途中は木の枝が散らばっているくらいで落石もなく、5%前後の勾配を登って奥千本へ到着。よくわからずに選んだルートが一番楽なルートだったようです。

Yama
 随分と登ってきました。

 まだまだ平和な走行が続きます。




Kawakami

 川上村の看板(道標?)を横目に登り続けます。

 舗装もきれいで、激坂でもないのでユルユルとでもしんどさを感じずに登っていけます。



Shado
 木の枝が散らばっているのは台風の影響でしょうか?

 日陰が多いので暑さを感じずに登っていけますが、汗はポタポタと落ちていて、夏は来ない方がよさそうだな~なんて、考えながら登り続けています。


Kurotaki
 通行止めの看板がありますが、通れるように開けてあります。

 4km先で通行止めと書いてあるんですが・・・4kmも進めませんでした。


Dosha
 この手前数百mからほとんど乗れなくなっていて、自転車を担いで歩いてここまでやって来ました。

 ちょっと手前には、四駆が止めてあります。道路の様子の点検にでもやって来たんでしょうが、この崩れ方では四駆でも越えられません。

 私もここで引き返そうかと思ったんですが、ひょっとしてこの先はいけるかも?と・・・はかない期待をもって歩く事もう数百m

Kuzure
 期待は完全に砕かれてしまいました。

 どうしたって越えられるわけがありません。




Kuzure_1
 どれくらい先まで崩れているのかも判りません。

 杉の木が何本も根こそぎ倒れて折り重なっています。

 たまたま出会った地元の役所の人の話では、谷の一番底まで崩れた土砂が届いているそうで、相当な規模で山が崩れたみたいです。

 すごすごと担いで引き返すしかありません。

Kamisenbon
 上千本口まで下ってきました。

 写真の右側の激坂を下ってきましたが、下るのが怖いくらいの坂でした。

 行きは、たまたま選んだルートが楽な道だったようです。


Tera
 意気消沈して別のコースを走る気も失せて、観光してます。

 でも、砂利の境内は、レーサーシューズでは歩きにくい(歩けない)、堆積した土砂の方が歩きやすい。

 なので、写真を写しただけで退散。

Torii

 下まで下ってきました。

 今日は40km弱で終わってしまいました。




今日のコース詳細
 → 轍(コースタイム・プロフィールマップ・GPSログ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »