« 鹿屋から佐多岬へ | トップページ | 走行会 見土呂 »

2013年7月18日 (木)

大泊から志布志へ

18_fureai  今日も快晴です。ふれあいパーク佐多まで登ってきました。

 一日での獲得標高が2,600mは走りきれるのかと試走をしたのが二週間前、それが裏目に出て疲労が抜けきれていません。今日は楽なコースを走る事にします。

 アワイチ150kmの獲得標高が1,000m弱。今日の120kmの獲得標高が1,500m。アワイチよりちょっときつめの走行です。

18_kaimon
 国道269号線を北上。昨日よりはきれいに開聞岳が見えています。午前中とあって気温も低めなので、昨日よりは元気に走行中。

 まだ、しばらくは昨日来た道を逆走して行きます。

18_tenbo  大根占町で国道269号線から別れて国道448号線へと右折します。

 ここまではコンビニもありましたが、この先しばらくは自販機のみが頼りです。お昼時に食事をする場所もありません。

 ハンガーノックにはなりたくないので、補給食を用意してあります。
 パワージェル5個を500ccの水で溶いてボトルに入れて、これで600kcal。
 その他にパワーバーを数枚。

 朝食と、この補給食で昼食は抜きで走りきれました。


18_kimotuki  今日の最高点。錦江町と肝付町の境界までやって来ました。

 途中の水場の冷たい水で、頭を冷やし、顔を洗って、気分をリフレッシュさせたりしながら何とか登り切れました。

 ここを越えてしまえば、後はたいした登りは残っていないので、一安心です。


18_kisira  爽快に下っていけば、海が見えてきました。岸良の海岸です。

 写真の右側に写っている道路は、当初予定していたコースの険道74号線です。見えている辺りは険しくは見えませんが、600m超の山越えが二つあったり、路面状況もよくないようです。

 集落には自販機はあるので水分の補給には困りませんが、商店は見当たらないな~と思ったら、移動販売車が来ていました。


18_hosigaoka  次に登りきった所には内之浦発射場へのゲートがあります。受付で名前と住所を書いて入場証をもらいます。

 海に面した山の斜面に点在する各施設へは、10%超の道路を登って行く事になります。
 一番上にあるのは衛星ケ丘展望台です。ここからは発射ドーム以外の施設を見る事が出来ます。
 それだけでは無く、天気のいい日には種子島等も見えるそうです。


18_hassha  右側がKSセンター台地に建つ発射ドームと組立室、左側がミューセンター台地に建つ整備塔。

 イプシロンロケット試験機の打ち上げが近づいていて、この両施設へは立ち入る事が出来ませんでした。

 資料館も清掃中という事で見学不可 ← ああっ!


18_antena  本当に最後の登りらしい登りを登って行くと、こんなモニュメントが。

 昭和の時代に人工衛星追跡に活躍したアンテナだそうです。

 この辺りで気温も最高潮で、どこか涼しい所で休憩したいと思っても何もありません。人家もまばらな所に食堂や喫茶店があるはずもなく・・・走り続けるしかありません。


18_oosaki  人家や車の往来も増えてきた国道448号線と国道220号線に挟まれた所にある道の駅 くにの松原おおさき、で最後の休憩を取ります。

 今朝、ホテルを出発してから初めての屋内(冷房も効いています)です。目的地の志布志港までは残り10kmなので、ゆっくりと休憩する時間があります。
 
 ソフトクリーム食べたり、お土産を物色して、涼しい所で休憩します。


18_ferry  道の駅を出発すると、いよいよ街らしくなってきて車も増えてきます。
 ファミレスや喫茶店も見かけますが・・・今更ね~

 国道を離れてフェリーターミナルへ向かいますが、回りは飼料倉庫で暑い時に飼料の臭いはきついです。

 到着すれば乗船手続きをして、輪行すれば乗船準備完了!待合室横の土産物屋を覗いたりしているうちに乗船時間となりました。

 乗船したのは、数台の乗用車と数人(わたし含む)の乗客に、多数(たぶん)のトラック。
 
 これから翌朝7時までの船旅です。

 朝、5時45分に船内アナウンスで(ほぼ強制的に)起こされ、朝食を食べたりして下船の準備を始める。

 下船後はバスが2系統あって好きな方を選べます。

 一つは大阪・梅田経由で京都・八条口行き。ただ、このバスは梅田とは行ってもJRの駅まで徒歩10分の梅田スカイビルに止まるので、輪行袋を持って駅まで歩くのは辛いので却下。乗換なしの直行便は魅力だったんですがね。

 もう一つは大阪市営バス(路線バス)住ノ江公園行き。終点まで乗らずに玉出で降りるとすぐ目の前に地下鉄四つ橋線への入口があります。
 四つ橋線で西梅田に着くと、JRの西口は中央口ほどの混雑ではないので、輪行袋を抱えての乗換でも迷惑をかける心配はありません。


今日のコース詳細
 → 轍(コースタイム・プロフィールマップ・GPSログ)

|

« 鹿屋から佐多岬へ | トップページ | 走行会 見土呂 »

ロングライド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大泊から志布志へ:

« 鹿屋から佐多岬へ | トップページ | 走行会 見土呂 »