« 播州清水寺 | トップページ | 鹿屋から佐多岬へ »

2013年7月17日 (水)

海上自衛隊鹿屋航空基地資料館

Kagoshima_air  搭乗手続きに若干バタバタしましたが、なんとか時間内に終わって所定の席に座ってホット一息です。

 手荷物として輪行袋に入れた自転車を預けようとした所、大きすぎる荷物は機械で確認できないので袋から出してくださいと・・・時間がないのに・・・おまけにサドルに取り付けたままにしていたサドルバックも中の物を出してくださいと・・・エエッ時間がないのに・・・(当たり前ですが)不審な物は発見されず、元に戻してくださいと・・・まったくもう・・・しかも受託手荷物料金が1,500円に値上がりしてるし。

 鹿児島空港内をウロウロとしている間に、バス待ちの35分はいつの間にか過ぎて発車時間です。鹿屋までの道中は海岸線を行けばフラットなのかもしれませんが、バス道中は登りと下りだけで平坦がほとんどありませんでした。

 前途多難ですな~

 海上自衛隊鹿屋航空基地資料館の見学も今回の目的の一つだからで、決してアップダウンの多い道中に日和ってバス移動したわけではありませんよ。
Kanoya_1

 まずは資料館前で記念撮影。

 駐車場には地元ナンバーに混じって、「わ」ナンバーのレンタカーも止まっていましたから物好きは私だけでは無いようです。


Zero
 資料館内はこのゼロ戦以外は撮影禁止です。

 コックピット内もしっかりと見えるように展示してあるのはここだけではないでしょうか。

 その他にはゼロ戦の機銃や各部の部品等の興味深いものが展示されていました。

Air
 館内だけでなく資料館のまわりにはたくさんの機体が展示されています。

 写っているのはごく一部ですがこんな風に屋外展示されています。


Shidenkai
 16機の機体以外に、完全な形ではないものの、ゼロ戦21型の栄12型エンジンとプロペラ・紫電改の誉エンジンも展示されています。




Nishiki
 ここでしか見られない機体がこの二式大艇です。






Kaigun_cury
 資料館隣接の鹿屋市観光物産総合センターでは、ここまで来たらコレでしょ!という事で海軍カレーで昼食です。

 大盛り750円にしては盛りが少ないような・・・味は・・・

 さて、この後は佐多岬へ向かってスタートです。

|

« 播州清水寺 | トップページ | 鹿屋から佐多岬へ »

飛行機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海上自衛隊鹿屋航空基地資料館:

« 播州清水寺 | トップページ | 鹿屋から佐多岬へ »