« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

カンパニョロEPSの充電間隔

31_eps  カンパニョロEPSを装着したカレラに乗り始めて2ヶ月がたち、走行距離が1,400kmになった所でインジケーターがレッドに点灯する事を確認しました。

 カンパニョロの公式データーよりもすこし走行距離が短めですが、変速の頻度が高いのでこんなモンでしょうか。

 それでは、シマノデュラエース9070Di2はどうでしょうか。
 2月から2ヶ月間で1,200km乗って、その後2ヶ月間乗らずに置いていたのを確認したら緑の点滅でした。

 3月末の時点では緑の点灯でしたから、自然放電で点灯から点滅に変化していますが、こちらはまだもう少し充電せずに走り続けられそうです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月23日 (木)

北播磨エコミュージアム

23_mitoro  またまた見土呂です。今回は場所を変えて撮影してみました。

 名前がわかりませんが、黄色い花がきれいに咲いています。

 今日も見土呂を経由して北へ向かって走っていきます。

23_kakogawa
 粟生の駅前も通り過ぎて、加古川の堤防上を走っています。

 冬だと北風がすごくて走るのが大変な堤防上の道路も、今日は弱い横風なので苦労する事はありません。

 粟生から青野ケ原までの約5kmは信号もなく交通量も少ない(ほとんど車は来ない)平和な道です。

23_harima
 播磨中央公園までやって来ました。ここも緑がきれいです。

 ここまでは住宅の多い地域を走ってきましたが、ここからは田圃の多い田舎を走っていきます。

 どこを走っても、幹線道路は避けて走るので、コンビニにも自販機にもお目にかかる事はまれなんですけどね。

23_35
 不法投棄された自転車を見つけたわけじゃないですよ。

 北緯35度線です。

 この辺りを走っていると北緯35度線の標識やら、東経135度線の標識にちょくちょく出くわします。





23_nishiwaki  
 市原から峠を越えて東へ出ると、西脇市街を西から北へと大きく迂回したルートになります。

 ここを下れば今日の目的地、北播磨エコミュージアムはすぐそこです。


23_yakitori
 今日の昼ご飯は、焼き鳥弁当にします。
 まあ、着くのが遅かったのでコレしか残って無かったんですけどね。

 横の休憩所で、西脇の名所案内を見ながらの昼食です。

 ここのお弁当は色々とバリエーション豊かで、どれも美味しいので来るのが楽しみです。

23_himawari  
 お腹がふくれたら、帰るのみです。

 国道175号線をまっすぐではなく、ちょっと東へ遠回りしてみましたが、休憩にはここ、ひまわりの丘が一番です。

 

23_miki  休憩ばかりしていますが、最後は道の駅三木で休憩です。

 だいぶと日も傾いて影長くなってきています。

 あと少し、帰宅ラッシュの前に家に帰り着けるように頑張りましょう。

 今日のコース詳細
 → 轍(コースタイム・プロフィールマップ・GPSログ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月12日 (日)

走行会 六甲山とNewシューズ

12_rokko
 日曜日恒例の走行会、今日は六甲山です。いつもより距離が長いのと、平均速度が遅いので、出発が1時間早くなっています。

 たくさんのサイクリストと出会って、記念碑台で折り返して来ました。上の方は涼しくて、下りにはウインドブレーカーが必要でした。

12_shose
 今日から新しいレーサーシューズにしました。「MAVIC ZxelliumMaxi(ゼリウム マキシ)」です。昨年には発売されていましたが、冬にはウインターシューズを履いているので、春から履き始める事にしました。

 ゼリウム-マキシは通常のゼリウムと何が違うのか?モデル名の後ろにマキシと付いているのは足幅が2mm/拇指球部分の周長が7mm大きくなっている事を表していて、幅広・甲高の日本人にフィットするように作られています。
 見た目が幅広に見えないのも良いですね。

 典型的な日本人足の私も、カッコイイMAVICのシューズを履く事が出来るようになりました。

12_mavic_back  まずは準備です。クリートの位置決めはもちろんの事、後ろに反射材を貼り付けて夜間の視認性を高めます。

 さて、肝心の履き心地は?

 優しく包み込まれている感じで安心感があります。カーボンソールにしては少し柔らかめのアウトソールも長距離走行では足への負担も少なくて、疲れにくいでしょう。

 これからの何シーズンかはこのシューズで走っていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 9日 (木)

氷上 かどのの郷で卵かけご飯

09_mitoro  氷上のかどのの郷で卵かけご飯を食べて帰ってくる計画です。

ほぼ折り返しのコースとなってしまいますが、同じ道を往復するのは好きじゃない(なぜか?)ので、コースが重ならないように走ります。

 で、最初は見土呂の日光山墓園です。

09_tunnel  西脇市内以外は信号も少なく、交通量も少なくて快適です。停車も少ないので平均速度も上がります。

 本日の最高点。播州トンネル。旧道は閉鎖されていて通行できません(出来ても行きませんけどね)。

 国道427号線は西脇市内からここまで、延々と登っていますが登っている感じは無く走れてしまいます。最後だけ少し勾配がきつくなるだけです。

09_135
 ここから青垣までは、いつもなら快適な下りのはずですが、何故かスピードが乗りません。向かい風か?もう足が売り切れか?

 良い風が吹いているのか、パラグライダーが飛んでいます。
 そして子午線(東経135度線)のこんな看板も。

09_sannan
 それでも予定の13時には、かどのの郷に到着。
 350円でおかわり自由の卵かけご飯を3杯食べると、お腹が苦しい!

 走っているうちにこなれてくるだろうと、帰路につきますが、苦しいし、前半飛ばしすぎた疲れも出てきて、ギブアップ寸前です。

 いつもなら通り過ぎる道の駅山南で休憩します。道の駅とは言ってもトイレと自販機があるだけの小さな施設ですが、ベンチはきれいに清掃されていて、ゆっくりと座って休憩が出来ます。

 缶コーヒーを飲みながらボーッとしているばかりでは、家に帰れませんので意を決して走り出します。

 この後は水の補給と信号以外はノンストップで、でもダラダラ~と走って帰宅。

今日のコース詳細
 → 轍(コースタイム・プロフィールマップ・GPSログ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 5日 (日)

走行会 神出30km

05_kande
 日曜日、恒例の走行会です。今日のコースは神出周辺を30km走ります。

 風もそれほど強くなく、ようやく自転車にいい気候になってきたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 2日 (木)

今が見頃の石楠花

02_ta  明石駅から新快速に乗車。朝の8時台なら通勤時間も終わって、少しは空いているかと思ったらえらい混んでます。でも、三ノ宮までの辛抱でした(辛抱してたのはまわりの他のお客さん?輪行袋なんて邪魔なもの持ち込んで!)

 そして、いつもなら最後に起きるアクシデントが、今回は朝にいきなりです。橋桁にトラックが当たったとかで、線路の点検中という事で約10分の停車です。線路が無事で良かった・良かった。線路の状態次第では、大津から走り出す事になってたかもしれません。

 寒い!

 東へ向かって走っているので追い風のはずですが、それほど押して貰っている感じはしませんね。それよりも寒い。朝と、夜の帰りだけは要るだろうと着てきたウインドブレーカーを脱げません。

 走り始めの1時間はウオーミングアップの時間ですから、ゆっくりと行きます。混雑している国道は避けて、ほぼ並走している田舎道を走ればのんびりといけますが、たまに車が走ってくるので油断は出来ません。

 水口で昼食ですが、予定していた店は跡形もなく、フードコートで腹を膨らませるだけの食事となってしまいました・・・どんどんと、やる気が失せる・・・

 やっぱり田舎道を行きます。ちょっと遠回りですが、交通量が少ないので快適です。この辺りの国道(1号線とか8号線とか)の混雑はハンパじゃないです、とてもじゃないが走る気にはなれません・・・命がいくつあっても足りなさそう・・・

02_shaku  鎌掛に近づいても交通量が増えませんが・・・本当に人がいっぱいなの?・・・一応平日だから?

 結局、たいした人出ではありません。閑散としているわけではないので、それなりに有名なのでしょう。しっかし、年寄りばっかり(私もですが・・・)

 肝心の花は?2万本???

 山一面に木はありますが、花はごく一部だけ・・・たくさんあるように頑張って写して見ましたがこの程度です・・・プロでもこれじゃ山一面に見える写真は写せんやろ。
 案内では、これで9割程度は開花しているそうです。

02_shaku2  シャクナゲとはこんな花です。

 子供の頃に山いっぱいのシャクナゲを見た記憶があるのですが、思い出はそのままにしておいた方がよかったようです・・・ガッカリ!

 意気消沈したまま、1.5kmのハイキングを終えて。さあっ!次!行こう!と、いう気にもなれないまま走り出します。

02_hashi  山を越えて平地に出たら、強烈な風です。北西に向かおうとしているのに、北西の風が吹いています。

 もう、帰りたい!
 でもね、ここまでで30kmちょっと、ここからJRの最寄り駅まで10kmちょっとで、合計40kmじゃね~、わざわざ輪行して何しに来たのか?って思ってしまいますよね~

 次の予定だったジェラートはパスして、道の駅(マーガレットステーション)へ行く事にします。
 直行ルートのデーターは用意していないし土地勘もないし、GPS(GARMIN EDGE800J)で行き先を検索して、ナビゲーションしてもらいます。

 GPSに言われるままに走り出します。最初は農道でしたが途中からは国道を走ります。この国道307号線はさほど交通量も多くなく、遮るものもなく風が強い以外は走りやすい道路です。

02_aito  さて、ここで買ったういろう等を食べながらこれからのルートを考えましょうか。

 予定ではここから西へ向かって、びわ湖よし笛ロードで湖岸に出て彦根へ向かうつもりでしたが、遠回りだし風上に向かって走る事になるので次回(は、あるのか?)という事にして彦根へ直行する事にします。

 はい、またGPSで検索です。彦根の極楽湯を電話番号で検索したら出てきました。おまかせでナビしてもらいます。
 言われるままに国道を行ってもいいのですがスマホのグーグルマップで現在地を見てみると、国道307号線に並走するように細い道があります。こっちの方がより平和そうです。

02_gps
 国道を少し走って、平行している田舎道へコースを変更して走ります(青い三角が私)。GPSの縮尺を調整して画面内に検索したコース(ピンク色の線)も同時に表示させながら走ればとんでもない所へ行ってしまう心配もありません。
 GPSの設定で「コース再計算」をOFFにしてあるので、どんなにコースを変更しても元の検索で設定されたコースは変更されることなく表示されています。

 この「コース再計算」をONにすると設定されたコースから外れると、外れた位置に合わせて再計算されます(カーナビと同じ)。ただ、田舎だと選択する道路が少ないので有効な事もありますが、市街地だと選択肢が多すぎて移動に計算が追いつかなくなってしまい、どう走ればいいのか判らなくなったり、最悪はフリーズする事もあります。
 なので、通常はOFFで使っています。

02_kendo
車、いません。道路、平らでまっすぐです。でも、向かい風きついです。気温も下がってきました。





02_time
 極楽湯に無事到着しました。

 この時期なら汗を流して、埃を落としてとなるはずですが、今日は埃を落として、温まってです。


今日のコース詳細
 → 轍(コースタイム・プロフィールマップ・GPSログ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »