« 須磨寺一騎打ち | トップページ | あいたい兵庫スタンプラリー 北播磨 »

2012年11月 8日 (木)

ススキの曽爾高原

Uda  ここは奈良県です。せんとくんがいます。

 針T.R.S.を出発して道の駅宇陀路室生までやって来ました。
 補給食用にと名物の草餅も買いました。
 この先、室生寺から曽爾高原へと向かいます。

 この辺りの道は神戸に比べて登りも下りも距離が長いし、斜度もきつめです。前途多難が予想されます。

Murou_t
 やまなみロード(広域農道)は交通量も少なくアップダウン以外は走りやすいルートです。

 室生トンネル、全長1.7km超と長い上に、照明が届かずに真っ暗な部分もあってヘッドライトは必須です。

 トンネルの先のT字路を左へ行くと室生寺、右へ行くと曽爾高原方面。

Murou  

 赤い太鼓橋の向こうが、女人高野とも呼ばれる室生寺です。

 拝観する時間も宗教心もないので、写真を写すだけのバチ当たりなジジイです。

Murou_1
 バチ当たりついでにもう一枚。

 紅葉がきれいです。




Pass
 伊勢本街道を栂坂峠まで登ってきました。
 平日だからか?そう言う場所だからか?車がほとんど来ません。

 気温は低め(12℃くらい?)で、曽爾高原で10℃前後の気温を想定して来てきたウエアでも、汗をかくことなく走れています。

Tutiyabara_t  土屋原トンネル。
 このトンネルは新しいタイプのトンネルなので、広い歩道も付いています。
 距離も短く、出口が見えています。

 この先で、みつえ高原牧場へ向かうために左折することになりますが、新道は工事中で通行不可でした。
 工事のおじさん曰く、このちょっと先の信号の手前の旧道を行くと上で合流するよ、と。

 ちょっとじゃなく、ずいぶんと下って行きますけど・・・、下った分は余分な登りがあるわけですよね・・・

 

Mitue なんの表示もありませんが、300m程先に信号が見えているし、その間には道路も無さそうなので、ここだろうと左折します。

 最後の激坂を過ぎれば高原に到着です。
 なんのこっちゃわからん写真ですが、みつえ高原牧場の建物です。

 ゆる~くアップダウンする道を行くと、崖崩れの場所があります。新道もこんなように崩れているんでしょうね。

Soni_bunki
 道路はきれいだし、下りだしと、気持ちよく走っていると見落としてしまいそうな看板です。

 実は、ちょっと行き過ぎて戻ってきました。

 激坂と評判の登りを恐る恐る登り始めます。確かに激坂ですが、短めで終わってくれて一安心です。

Miti
 登りがずっと続くのだと思っていたら、下って行きます。

 この先、二車線の道路になった先を右折して曽爾高原です。

 上には駐車場や曽爾青少年自然の家等もあります。

 Seinenn_ie
 曽爾青少年自然の家の入口です。右方向に高原が広がっています。

 写真はタイミングを見計らって、人が写り込まないようにしていますが、ハイキング姿の人が行き交い賑わっています。

Soni
 細くて滑りやすい道をお亀池の所まで、自転車を押して上ってきました。

 ススキの見頃は過ぎてしまっていますが、同じススキの名所砥峰高原とまた違った雄大な風景を見る事が出来ます。

 レーサーシューズではこの先は無理なので、下って昼食にします。

Farm
 レストランがあるだけでなく、土産物や米粉のパン、地元の野菜などが販売されています。また、横にはお亀の湯もあります。

 それほどお腹が空いているわけではありませんが、昼時だしという事で、ここで昼食をいただく事にします。

 食べ終わって外に出ると、体も冷えているし、風もあるしで、寒いです。
 防寒着代わりのレインウエアを上下共に着込んで下りに備えます。

Koyo
 下り始めは、なかなかに斜度のある下りなので慎重に下らないとオーバーランしてしまいそうです。

 青蓮寺川沿いの香落渓まで下って来ると、快適な下りになって紅葉を眺めながら走れます。

 ポイントポイントでは、車を止めて撮影に余念のない人達も・・・

Koyo_1_2  
 香落渓では紅葉だけでなく柱状節理も見る事が出来ます。

 ようやく気温も上がってきて、下っていても寒くなくなってきました。


Dam
 青蓮寺ダムまで下ってきました。

 ここまで来れば名張の市街もすぐそこです。

 なが~い下りも終わって、針まで登って行く事になります。


Hari
 針までの登りの途中。大和高原らしく茶畑が出てきました。

 残る距離は10kmほど。頑張って登ります。

 平地のほとんど無い、登るか下るかのコースで走り堪えのある100kmでした。

 今日のコース詳細
 → 轍(コースタイム・プロフィールマップ・GPSログ)
 → CatEye Atlas(GPSログ・コース動画) 針から曽爾高原
 → CatEye Atlas(GPSログ・コース動画) ファームガーデンから名張

|

« 須磨寺一騎打ち | トップページ | あいたい兵庫スタンプラリー 北播磨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ススキの曽爾高原:

« 須磨寺一騎打ち | トップページ | あいたい兵庫スタンプラリー 北播磨 »