« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月29日 (木)

笠形温泉

1129_mitoro
 日曜日に続いて今日もまた、ここ日光山墓園で小休止をしています。

 この後、次の目的地は福崎です。
 今までは福崎に出るのには県道65号線を志方まで行って、北上していたのですが、最近見つけたルートは県道65号線よりは路面も良くて遥かに交通量の少ないルートです。

 小野町から県道81号線・県道716号線から県道81号線に戻って、西山田からは名もない道を北上して福崎に出ます。
 このルートだと途中にコンビニがあって補給も出来ますし、交通量も少なくて走りやすいです。

1129_fukusaki
 柳田国男記念館の横にあるトイレでいつものように小休止します。


 今日は工事中でしたが横には東屋もあって、福崎を通過するときは必ずといって良いほどここで休憩しています。





1129_kasagata
 国道312号線から落合橋東詰で別れて、県道34号線を北上していきます。

 ゆる~く登る事、約10kmで今日の昼食場所、かさがた温泉が左手に現れます。

 温泉には入らないので「足湯喫茶 茶処 はんせ」で卵かけ定食をいただきます。

 足湯喫茶の名前の通り足湯に入りながら食事や喫茶が出来ますが、普通の席もありました。
1129_funasaka
 かさがた温泉を出て、なおも県道34号線を北上していくと勾配が少しきつくなった所で舟坂トンネルに出ます。旧道の舟坂峠へ行かなければ、ここがピークです。

 下って行くと八千代です。こちらは道幅もあって路面も綺麗なので快適に走る事ができます。

 緩く下って行くルートを快走して八千代区大和まで下ってきた所で少し寄り道をしてキャンプ場を見に行って来ました。

 山の中の空き地みたいな所で一泊3,000円は高いんじゃないの?

 ガッカリした気持ちを取り直して、西脇から国道175号線に出て一目さんといった感じで帰ってきました。

今日のコース詳細
 → 轍(コースタイム・プロフィールマップ・GPSログ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月25日 (日)

小野 共進牧場

1125_ono
 4名で、こぢんまりと小野(共進牧場)のミルカーズまで行ってきました。

 いつものようにワイン城前で集合。走行会の見土呂へのルートを辿って見土呂の日光山墓園で小休止。このルートは西へ行く時の定番となっています。

 ここから北上して粟生の駅前で再度小休止。東へ向かえば共進牧場ミルカーズに到着です。開店直後に到着したので店内は空いています。ちょっと寂れた感じの外観とは違って店内はきれいで落ち着いた雰囲気です。

 ゆっくりと食事をして喋って、ずいぶんと長居をしてしまいました。

 帰り道は来る時と同じではつまらないので、グリーンピア三木方面から三木防災公園・笠松峠を経由して帰ってきました。

 今日のコース詳細
 → 轍(コースタイム・プロフィールマップ・GPSログ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月20日 (火)

二日連続の西神ニュータウン

1120_seishin
 今日もまた同じコースを40kmです。

 平日の午前中に出会うのはプロ(競輪選手)のみです。

 親指の痛みも取れてきたので、久しぶりにカンパに乗ってみましたが・・・まだ、もう少しはDi2にしておいた方が良さそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月19日 (月)

西神ニュータウン周回

1119_seishin
 井吹台谷口公園のトイレ前から南側、まだ秋です。

 一月ほどサボっていた、午前中のサイクリングを再開しました。
 西神ニュータウンと西神南ニュータウンをつないで約40km周回しています。

 少しサボると後退するようで・・・足が重いです。まだまだ、こまめに走り続けていかないとだめなようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月18日 (日)

走行会 見土呂40km

1118_mitoro  気温も低めで皆さん冬装束です。

 順調に走ってやって来た見土呂(日光山墓園)。

 後輪のエアーが徐々に抜けてきたと、言う事でチューブ交換中です。でも、交換したチューブもパンクしていて、再度やり直しと・・・

 ロスタイムはコース変更して、少しだけ取り戻してゴールインでした。

今日のコース詳細
 → 轍(コースタイム・プロフィールマップ・GPSログ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月15日 (木)

あいたい兵庫スタンプラリー 北播磨

1115_tamaki  三木市内の「旧玉置家住宅」です。

 木谷山キャンプ場まで直行するのもつまらないので、途中で4箇所のスタンプをゲットしていく予定で、その一箇所目です。

 晴天ですが肌寒く、身体がなかなか温まってくれません。
 キャンプ道具満載なので、上り坂も頑張って漕がないのも身体が温まらない理由かもしれません。

1115_choko
 国道175号線に戻って北上します。この区間の国道175号線は、車線幅も広く取ってあるのでトラックに抜かれるのも怖くありません。

 社からは西へ向かって、サンロイヤルGCの中を抜けていく予定ですが、本当にゴルフ場の中を抜けてけるのか心配でした。えっちらおっちらと登った先には、短いトンネルがあって向こう側に抜けられてホットしました。

 突然の二車線道路を少し行くと「朝光寺」です。立派な本堂は国宝に指定されているそうです。

 そろそろ昼時ですが食事の出るような所は見当たりませんし、近くにも無さそうなのでパワーバーと缶コーヒーで補給しておきます。

1115_ame  東条湖を越えて北へ向かっていると、今までの晴天から一転して雨です。北の方の空も雨雲しか見えません。
 今日の天気予報からして、一部地域の雨だろうから走り抜けてしまえばいいと、そのまま走り続けていましたが、一向に止まないしウエアも濡れてきたので、このままではずぶ濡れになりかねない状況です。うまい具合に神社の入り口で雨のかからないところを見つけたので、ここで雨具を着て、今後に備えます。

1115_sirasaka_t  今日のコースの最高地点です。とは言っても221mしかありません。

 雨は止んで日差しも戻っていますが、路面はびしょ濡れのままです。少し前までこの辺りも雨が降っていたようです。

 トンネルを抜けると路面は乾いていました。やはり雨のエリアは限られた地域だけだったようです。

 北はりまエコミュージアムに着く前から空腹が酷くなってきました。パワーバー一枚ではキャンピング仕様の自転車を走らせるには足りなかったようです。

 到着後夕食用の鮨と、大福餅を購入。ゆっくりと休憩をしながら大福餅を食べて、ハンガーノックを解消するように努めます。

1115_seirin  北はりまエコミュージアムのすぐ近くに「西林寺」があります。

 紅葉がきれいなお寺です。ここで三ヶ所目です。

 西脇市内を抜けて四ヶ所目をめざしている途中のちょっとした登りで足が攣ってきました。重装備での走行が祟ったようです。

1115_shunsai
 今日の最後のポイント「北はりま旬菜館」です。

 あと6km程で目的の木谷山キャンプ場ですから、攣らないようにだましだましながら走っていきます。

 予定よりは少し遅れていますが、日没まではまだまだ時間があるので慌てる必要もありません。

1115_baji
 ゆっくりと登ってきて、あと少しですが、ここ、西脇馬事公苑で小休止して足を休めておきます。

 であいの里の看板を左折して簡易舗装の道を上って、左へ行くとキャンプ場に到着です。

 着いた頃からまた雨が降り出して、結局一晩中降り続いていました。テントは東屋の中に張ったので、濡れずに過ごす事が出来ました。

1116_kitani
 朝6時、空が明るくなってきました。

 雨は止んでいますが、気温は2℃とずいぶんと低くなっています。

 今日のコース詳細
 → 轍(コースタイム・プロフィールマップ・GPSログ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 8日 (木)

ススキの曽爾高原

Uda  ここは奈良県です。せんとくんがいます。

 針T.R.S.を出発して道の駅宇陀路室生までやって来ました。
 補給食用にと名物の草餅も買いました。
 この先、室生寺から曽爾高原へと向かいます。

 この辺りの道は神戸に比べて登りも下りも距離が長いし、斜度もきつめです。前途多難が予想されます。

Murou_t
 やまなみロード(広域農道)は交通量も少なくアップダウン以外は走りやすいルートです。

 室生トンネル、全長1.7km超と長い上に、照明が届かずに真っ暗な部分もあってヘッドライトは必須です。

 トンネルの先のT字路を左へ行くと室生寺、右へ行くと曽爾高原方面。

Murou  

 赤い太鼓橋の向こうが、女人高野とも呼ばれる室生寺です。

 拝観する時間も宗教心もないので、写真を写すだけのバチ当たりなジジイです。

Murou_1
 バチ当たりついでにもう一枚。

 紅葉がきれいです。




Pass
 伊勢本街道を栂坂峠まで登ってきました。
 平日だからか?そう言う場所だからか?車がほとんど来ません。

 気温は低め(12℃くらい?)で、曽爾高原で10℃前後の気温を想定して来てきたウエアでも、汗をかくことなく走れています。

Tutiyabara_t  土屋原トンネル。
 このトンネルは新しいタイプのトンネルなので、広い歩道も付いています。
 距離も短く、出口が見えています。

 この先で、みつえ高原牧場へ向かうために左折することになりますが、新道は工事中で通行不可でした。
 工事のおじさん曰く、このちょっと先の信号の手前の旧道を行くと上で合流するよ、と。

 ちょっとじゃなく、ずいぶんと下って行きますけど・・・、下った分は余分な登りがあるわけですよね・・・

 

Mitue なんの表示もありませんが、300m程先に信号が見えているし、その間には道路も無さそうなので、ここだろうと左折します。

 最後の激坂を過ぎれば高原に到着です。
 なんのこっちゃわからん写真ですが、みつえ高原牧場の建物です。

 ゆる~くアップダウンする道を行くと、崖崩れの場所があります。新道もこんなように崩れているんでしょうね。

Soni_bunki
 道路はきれいだし、下りだしと、気持ちよく走っていると見落としてしまいそうな看板です。

 実は、ちょっと行き過ぎて戻ってきました。

 激坂と評判の登りを恐る恐る登り始めます。確かに激坂ですが、短めで終わってくれて一安心です。

Miti
 登りがずっと続くのだと思っていたら、下って行きます。

 この先、二車線の道路になった先を右折して曽爾高原です。

 上には駐車場や曽爾青少年自然の家等もあります。

 Seinenn_ie
 曽爾青少年自然の家の入口です。右方向に高原が広がっています。

 写真はタイミングを見計らって、人が写り込まないようにしていますが、ハイキング姿の人が行き交い賑わっています。

Soni
 細くて滑りやすい道をお亀池の所まで、自転車を押して上ってきました。

 ススキの見頃は過ぎてしまっていますが、同じススキの名所砥峰高原とまた違った雄大な風景を見る事が出来ます。

 レーサーシューズではこの先は無理なので、下って昼食にします。

Farm
 レストランがあるだけでなく、土産物や米粉のパン、地元の野菜などが販売されています。また、横にはお亀の湯もあります。

 それほどお腹が空いているわけではありませんが、昼時だしという事で、ここで昼食をいただく事にします。

 食べ終わって外に出ると、体も冷えているし、風もあるしで、寒いです。
 防寒着代わりのレインウエアを上下共に着込んで下りに備えます。

Koyo
 下り始めは、なかなかに斜度のある下りなので慎重に下らないとオーバーランしてしまいそうです。

 青蓮寺川沿いの香落渓まで下って来ると、快適な下りになって紅葉を眺めながら走れます。

 ポイントポイントでは、車を止めて撮影に余念のない人達も・・・

Koyo_1_2  
 香落渓では紅葉だけでなく柱状節理も見る事が出来ます。

 ようやく気温も上がってきて、下っていても寒くなくなってきました。


Dam
 青蓮寺ダムまで下ってきました。

 ここまで来れば名張の市街もすぐそこです。

 なが~い下りも終わって、針まで登って行く事になります。


Hari
 針までの登りの途中。大和高原らしく茶畑が出てきました。

 残る距離は10kmほど。頑張って登ります。

 平地のほとんど無い、登るか下るかのコースで走り堪えのある100kmでした。

 今日のコース詳細
 → 轍(コースタイム・プロフィールマップ・GPSログ)
 → CatEye Atlas(GPSログ・コース動画) 針から曽爾高原
 → CatEye Atlas(GPSログ・コース動画) ファームガーデンから名張

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »