« 六甲山 | トップページ | 走行会 志染30k »

2012年10月18日 (木)

芹生峠と花脊峠

Kibune  今日は朝から京都までやって来ています。ダイナソアの展示会がみやこメッセで開かれているので午前中はそちらに出席してお仕事です。ところが午前中で終わるはずが、試乗車に試乗するのに夢中になりすぎて午後も大幅に過ぎてしまいました。

 途中で買ったおにぎりを昼食がわりに食べながら車のデポ地、上賀茂へと向かいます。

 日没までに使える時間が短くなってしまったので予定のコースを短縮して、芹生峠と花脊峠を回って帰ってくる事にします。

 芹生峠を越えるには、貴船を抜けていく事になります。平日の午後なのに人通りがそこそこあって、自転車乗りは通行の邪魔かもしれないと思ってしまいました・・・けっしていやな顔をされたりしたわけじゃないですよ。

Seryo

 貴船神社の奥の院までは無難にやって来ましたが、この先が中々の難所でした。インナーローは当然で、ダンシングも交えながらやっとこさといった感じで峠に到着です。

 難儀したのは路面も良くないからだと言うのは、言い訳になってしまいそうです。

 登りきって暑いはずなんですが、寒いです。汗が冷えて余計に寒さを感じます。早々にウインドブレーカーを着込んで下る事にします。



Hanse
 下って行くほどに気温が上がってくるかと思いきや、ほとんど上がった感じはなく花脊峠へ登りかけてしばらくして、ようやくからだが温まってきました。

 芹生峠の北側の下りから花脊峠までは路面も良く、花脊峠へはたいした苦労もなく登り着きましたが、気温は11℃です。寒い!
 こんな気温に身体が全く慣れていないので、余計に寒く感じます。一度脱いだウインドブレーカーをまた着込んで下りに備えます。

Kurama
 花脊峠もまた南側の路面が荒れています。うっそうと茂った杉林のためもあって薄暗く、余計にスピードが出せません。スピードを出し過ぎないように慎重に下っていると寒さ感じる閑もなく、ほどなく鞍馬に到着。

 すでにあちこちに明かりが灯っています。私も、前も後ろもありったけのライトを灯してデポ地まで下ります。

 今日のコース詳細
 → CatEye Atlas(GPSログ・コース動画)

|

« 六甲山 | トップページ | 走行会 志染30k »

ショートライド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芹生峠と花脊峠:

« 六甲山 | トップページ | 走行会 志染30k »