« 2011年4月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年5月

2011年5月30日 (月)

如意寺

Nyoiji
 台風2号と梅雨前線の影響で降り続いた雨が上がったので、午後から走りに出ました。

 晴れていますが、強い風が吹いています。距離を走るつもりで出かけましたが、走りにくさに一気にやる気をなくして、その辺をポタポタと・・・

 それで思い出したのが如意寺です。西神南ニュータウンの西の谷にあって、すぐ近くなのですが、近くを通り過ぎるばかりでした。

 前回(いつだ?)訪れたときは、こんなに整備はされていなかったような・・・

 後は、印字から神出を回って40kmほど。

|

2011年5月25日 (水)

志染の石室

Kinsui
 金色に光っているこれは何でしょう?

 「光り藻」が洞窟のなかで、晴れた日には金色に光って見えるそうです。

 御坂サイフォンの近くを山の方へ入っていきます。駐車場から先は未舗装で、最後は階段を下る事になります。

 三木防災公園の外れにある御坂サイフォンの出口へも行きましたが、うまく写真が撮れなかったので、写真は省略です。

|

2011年5月21日 (土)

「四国の右下」ロードライド

Shikoku
 2011年7月11日(日)に開催される案内が届きました。

 「日和佐道路」の開通イベントの一環として、開通前の自動車専用道路の一部をコースとして、サイクルイベントが開催されるそうです。

 詳細は → こちら

 申込は → こちら(スポーツエントリー)

|

2011年5月16日 (月)

乗鞍スカイライン

Photo  前夜に出発して、途中で仮眠をして、約380kmを車で移動してきました。10時半に到着して、さっそく準備を始めます。外していた前後輪を装着して、ロードバイクを組み立てます。
 ここ、ほうのき平の気温は16度と春ですが、これから登る畳平は午前9時の気温がー1度と真冬ですね。
 春のウエアで登り始めて、下り用に冬のウエアを持って行く事にします。

 乗鞍スカイラインがオープンした翌日という事だからでしょうか、平日にもかかわらず20台程度の車が駐車場に止まっています。畳平へのバスもほぼ満席で発車していきました。
 さて、今年は平湯峠のゲートを無事に通過できるのでしょうか?天候は薄曇りなので問題ないでしょうが、ちょっと強めの風が吹いています。
 ゲートの係の方に「上は寒いから気をつけて」と声をかけていただいて、関門を無事通過。一本目のボトルの水が残り少なくなるくらい汗をかいて登っていても、寒さを感じるようになってきています。

 平日には珍しく、MTBで下ってきた方とすれ違います。しっかりと、防寒着を着ておられます。

 1時間ほど登ってきた来ましたが、夏用の指切り手袋では指先が冷たくなってきたので、手袋を冬用に交換して、ウインドブレーカーも着ます。

 ダンシングとシッティングを交互に繰り返しながら登って行きますが、ペースは上がりません。膝も痛くなってきて、コンパクトクランクを付けてこなかった事を後悔してもはじまりません。
 夫婦松をすぎて少し斜度がゆるくなって、楽をできましたが、それも束の間、また10%程度の斜度が繰り返し現れます。残り5kmくらいの所で小休止、足の屈伸をしてスタートします。200m進んだ所で工事による交互通行の信号が現れ、またストップです。青信号の時間は3分ぐらいのようで、時間内に通り抜けられるのか心配ですが、距離が短かったのでなんとか通り抜けられました。
 ここで最初の雪の壁が出てきます。つづら折れを登りきれば畳平も目前です。
Photo_2

 畳平には観光バスでたくさんの人が登ってきています。気温は4.9度ですが、日差しがあるので寒さは感じません・・・登ってきたにもかかわらず暑くもないけど。





Photo_3

 レーサーシューズなので歩き回るわけにはいかず、食堂で腹ごしらえをした後は写真を写しながら下る事にします。登りは、ひたすら登ってきたので、写真を一枚も写していません。




Photo_4
 鶴ヶ池は雪と氷に覆われています。池のむこうがわはエコーラインのゲートです。







Photo_5

 畳平を出た所の雪の壁が一番高く、4m程度あります。







Photo_6

 そのまま下るのではなく、エコーライン側へちょっと寄り道してみます。
 当然ながらゲートは閉まっています。





Photo_7

 エコーラインは、まだ雪で道路が塞がれたままです。例年、オープンは7月です。






Photo_8

 乗鞍高原(左下)方面が一望できます。







_

 寄り道を終わって、雪の壁の間を抜けて乗鞍スカイラインに戻ります。






Photo_9

 下り始めはなだらかな勾配ですが、遮る物がないので風が強くて、ゆっくりとしか下れません。






Photo_10

 穂高がきれいに見えています。

 乗鞍スカイラインを下るのは三度目(登ったのははじめて)ですが、まえ二回は雲の中だったので道路しか見えず、ただただ下るだけでした。



Photo_11

 同じ場所で、穂高をバックに入れたつもりですが、身体で隠れてしまっています。






Photo_12

 写真ではなだらかに見えていますが、直線部分には10%勾配の標識があります。






__2

 信号待ちの間に写しました。つづら折れを抜けて、スカイラインは左手の方向に下っていきます。風が無いと気持ちよく下れるのですが、今日は風が強くてあまりスピードが出せません。




__3 

 展望台の跡らしき所からも穂高がきれいに見えました。







Photo_14

 ずいぶんと下ってきました。写真右上の先が平湯峠です。もう少し下れば、夫婦松展望台です。






Photo_15

 帰ってきました。朝にはたくさん止まっていた車も少なくなっています。

 自転車を積み込んだら、平湯の森へ汗を流しに(温まりに?)行く事にします。





 今日のコース詳細 → こちら

|

2011年5月12日 (木)

淡路島サイクリングマップ

Awaji_map
 また一つ、淡路島のサイクリングマップが出来ました。

 こんな文書と共に、当店の取引先であるダイナソアから送られてきました。

 あわいちだけでなく、洲本からのコース等も掲載されていて、淡路島でのサイクリングのお供にすれば役に立ってくれそうです。

 ご希望の方にはお渡しいたします。無料ですので、ご遠慮なくお申し出下さい・・・ご希望でなくても、渡すかも・・・

|

2011年5月 8日 (日)

走行会(六甲山)

0508_1
 六甲山への走行会の日は集合時間が、いつもより1時間早いのを忘れていて、気がついたら15分前になっていました。慌てて用意をして出かけたけれど、集合時間に15分遅れてしまいました。
 もう誰もいません、天気が微妙だったので誰も来なかったのか?解散してしてしまったのか?どうなったのか判りませんが、とにかく後を追いかける事にします。
 日陰部分はまだ濡れた所が多く残っています。行きの登りはスピードが出ませんから心配ありませんが、帰りは下りでスピードが出るので気をつけないといけません。
0508_2
 記念碑台は気持ちよく晴れています。

 結局、誰にも会わなかったので参加者はゼロだったようです。

|

2011年5月 2日 (月)

氷上で卵かけご飯

Photo
 いつものようにワイン城前で集合した三人。国道175号線を北上していきます。黄砂の影響で霞がかかった様ですが、自転車で走るのには影響はありません。

 無風の中の走行で、予定よりもずいぶんと早く「北はりまエコミュージアム」へ到着してしまいました。当然、開店前です。開店を待って、草餅で補給して、いちご大福をこの後の補給食として購入してから出発。

Photo_2
 今日の昼食の予定地「かどのの郷」をめざして走り出します。しばらくは平和な走行が続きますが、山南町を過ぎた辺りから向かい風がきつくなってきます。かどのの郷は開店が11時なので、時間には余裕があります。それなりにペースを落として走り続けます。
 それでも、早く着きそうなので氷上で小休止して時間稼ぎをします。


Photo_3

 それでも、時間調整のかいなく11時前に着いてしまいました。






Photo_4

 少し奧へ行ったところに、達心寺と言う国宝(実際は重要文化財)のあるお寺があると教えてもらったので、時間つぶしに行ってみました。

 なかなかりっぱなお寺でした。



Photo_5

 ようやく昼食の卵かけご飯にありつけます。味噌汁付き350円(おかわり自由)に加えて豚汁付き450円(もちろんおかわり自由)がメニューに追加されていました。





Photo_6

 まだまだ北へ向かいますので、向かい風の中を走り続ける事になります。
 遠坂峠へ到着しました。今日、一つ目の峠です。

 下ったところで、いちご大福で補給をします。



Photo_7

 山東町から生野峠へ向かっては、追い風です。一気にスピードアップして快調に峠も登れてしまいます。今日の二つ目の峠で、今日の大きな峠は終了です。

 生野町で補給のために小休止。栃原トンネルを越えると、寺前に向かって下っていきます。


Shatihoko
 寺前では銀の馬車道ラーメンを食べるのを予定していましたが、三人共にお腹いっぱいでとても食べられる状況では無いので、次回(あるのか?)という事になりました。
 追い風に乗ってどんどんと南下していきます。
 最初に見たときはビックリした、瓦工場の金のシャチホコも見慣れた風景となりました。

 県道65号線に入って、東へと走っていても追い風は続いています。追い風に助けられて、予定よりも随分と早く帰って来られて、明るい内に家に着く事が出来ました。


 今日のコース詳細 → こちら

|

« 2011年4月 | トップページ | 2011年7月 »