« カーフマンジャパン近畿ステージ | トップページ | 走行会(岩谷峠) »

2010年11月15日 (月)

紅葉の再度山から六甲山

Photo
 再度山(ふたたびさん)への登りは、街中から北への突然の急勾配の道から始まります。

 西から行った場合は、写真の「再度山5km」の標識を過ぎた信号を左折します。東からは判りません。







_
 登り口の交差点を上から見た所です。

 薄茶色のビルが曲がる所の目印になります。

 入口から、この少し先のトンネルまではコンクリート舗装がされています。






Photo_2
 トンネル内も登り続けています。

 トンネル内は照明されているのと、それほど長くはないので安心して走行出来ます。







Photo_3
 ビーナスブリッジまで登ってきました。ここまで来れば勾配も少し緩やかになります。









Photo_4
 登りばかりではなくて、下りもあります。でも、下った分は登らないといけないので喜んでばかりはいられません。

 また、路面状況が良くないのとコーナーが急なのでスピードには注意しましょう。






Photo_5
 大龍寺の山門です。

 大昔、多分小学生の時にお参りした事がありますが、それ以降は通り過ぎるだけというバチ当たりなサイクリストです。







Photo_6
 左へ行けば再度山公園。中には修法ヶ原池(しおがはらいけ)があり、奥へ行けば外人墓地もある。

 再度ドライブウエイは道なりに行く。







Photo_7
 森林植物園西口まで登ってきました。ここまで約7km。

 トイレ以外には何も無いので、先に進みます。








Photo_8
 森林植物園西口をすぎて、五辻を右に行けば西六甲ドライブウエイに入ります。

 再度ドライブウエイにくらべれば勾配は緩やかになりますが、交通量も増えてきます。

 六甲山牧場に到着です。ここには売店とトイレがあります。トイレは24時間利用可能ですが、売店は六甲山牧場の営業時間内のみです。



Photo_9
 記念碑台です。左の駐車場から上に登れば展望台があります。

 交差点を左に行けば、裏六甲ドライブウエイを唐櫃へ下ります。

 右に行けば、サンライズドライブウエイ。直進すればサンセットドライブウエイで高山植物園の上で合流します。

 ここにはトイレと自販機しかありませんが、近くには六甲山ホテルや商店もあります。


Photo_10
 高山植物園の前の急坂を登り切れば、カンツリーハウスです。この先にはガーデンテラスもあります。

 ずいぶんと登ってきました。残りは高低差で約50m、距離は約4kmです。






Photo_11
 一応の六甲山山頂、一軒茶屋前です。写真は東側写しています。

 最高点へは、ここからもう一仕事残っています。








P1000424
 えげつない急坂を登って、階段を担ぎ上げれば、この最高点に到達します。

 この、西側から六甲山を登るコースが一番楽なコースです(再度山除く)。
 同じ道を帰れば、快適なダウンヒルとコーナリングも楽しむ事が出来ます。



 今日のコース詳細(GPSデータもあります)

|

« カーフマンジャパン近畿ステージ | トップページ | 走行会(岩谷峠) »

ミディアムライド」カテゴリの記事