« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月29日 (月)

朝来から高野峠越え

Photo 
 今回は福崎まで車で移動してから走り出しました。自宅から走り出すと走行距離が230kmくらいになって、峠を4つ越えるのは、私の力ではとてもじゃないが無理です。
 でも、高野峠はどうしても越えてみたいので、距離を短縮するために車での移動を選択しました。

 JR寺前駅でトイレ休憩。駅前には「カーミンの観光案内所」なるものが出来ていました。


Photo_2
 長谷を過ぎて栃原トンネルへと登って行きます。

 快晴ですが空気は冷たく、気温は9℃ぐらいでしょうか?






Photo_3
 生野北峠は栃原トンネルよりも少し低いのですが、距離も近いので、これで一つ目の峠越です。

 ここからは312号線を走るので大型トラックの通行も増えてきます。




Photo_4
 朝来で左折して国道429号線に入ります。

 しばらくは緩やかな勾配で川沿いを登っていきます。

 このあたり神子畑には明延鉱山から運ばれてきた鉱石選鉱して生野まで運んでいた馬車道の遺構や、選鉱所跡等が数多く残されています。
 写真は、神子畑の鋳鉄橋です。

Photo_5
 もう少し登れば神子畑選鉱所跡が見えてきます。

 ここを過ぎれば、いよいよ笠杉トンネルへ本格的な登りが始まります。

 ここまでは西風に悩まされましたが、山の中へと入っていくと風は山に遮られてしまい、気にならなくなりました。


Photo_6
 二つ目の峠、笠杉トンネルです。

 ここは、夏に一度越えていて様子がわかっているので、それほど苦労せずに登れました。





6
 兵庫県道6号との重複区間には、のんびりとした田舎の風景もあらわれます。

 快調に下っていきますが、この先には未知の高野峠が待っています。




Photo_7
 兵庫県道6号から別れた直後にはこんなのどかな風景も・・・







Photo_8
 ここからは、呑気な事も言ってられません。

 一気に道幅が狭くなると同時に勾配もきつくなります。

 とは言っても、どうしようもないほどきついわけではなく、7%~8%ぐらいの勾配でしょう。今日はなぜか勾配が表示されないので正確なところが判りません。


Photo_9 このあたりの道路幅は広めです。

 川に沿って高度を稼いでいって、きついところもない代わりに、緩いところもなく、だんだんと足に疲れが溜まってきます。
 時々ダンシングを混ぜながら、登っていけば高度も上がって、残りは100mほど登るだけ。これなら楽勝じゃないかと思ったのも束の間・・・楽はさせてもらえません。
 激坂の登場です。延々と10%超が続きます。所々で休める区間がありますが、最大は15%程度でしょうか。
 この激坂区間のなかに、わき水が汲めるところがありましたが、写真を写す余裕もなく横目で見て通り過ぎるだけです。
 結局、頂上までいじめ倒されました。
Photo_10
 峠の証しはこれだけです。

 ウインドブレーカーを着て、早々に下ります。

 東側も、今登ってきた西側と変わらず、激坂で狭い道が続きます。



R29

 国道29号線とはT字路で出会います。

 左折してどんどんと下っていきます。





Photo_11

 最近の道の駅は食べ物が充実しています。

 パワーバーはここへ来るまでに食べてしまったので、次の坂ノ辻峠に備えて、パンを買っておきます。





Photo_12
 坂ノ辻峠を目指してここまで登ってきました、ここで力尽きました。腹ぺこです。

 もっと手前で補給しておけばよかったものをズルズルとここまで登ってきてしまいました。

 先程、道の駅で買ったパンを食べて、この先に見えている急勾配に備えます。

Photo
 走り出してみれば、休憩は大正解でした。
 この先の勾配はハンパじゃなく、緩くなるところも全くと言って良いほどありません。
 すでに峠を三つ越えてきて、疲れているのもあって、ダンシングでないと進めません。
 それでも、高度の数値を見ながら、あと100m、あと50mと気持ちを奮い立たせて、なんとか登りきりました。
 しかし、どこも同様とは言え、そっけない峠です。

Photo_2

 猿、発見!


 快調に下っている途中で発見。
 民家のすぐ近くです。



Photo_4
 無事生還。

 ここまで来ればあと少しです。

 寺前近くのコットン亭です。

 缶コーヒーで糖分を補給して、福崎まで残るは10kmです。

 今日のコース詳細(GPSログ付き)

|

2010年11月28日 (日)

六甲山(走行会)

1128_
 今日の参加は3名です。寒くなって少し減ってきています。

 森林公園西口ではまだ紅葉の盛りです。カメラを持って撮影に余念のない方もいらっしゃいました。

 爆音のうるさいオートバイに閉口しながら、記念碑台で折り返しました。

|

2010年11月23日 (火)

走行会(初心者の日)

Photo
 また冬が戻ってきてしまいました。気温が低い上に風が強いので余計に寒く感じてしまいます。

 連休の最終日という日程が悪かったのか?寒すぎたのか?二名の参加でした。

 風が強いので、風の影響を受けにくいコースという事で、明石川沿いを下って、印路から神出へと周回してきました。

|

2010年11月21日 (日)

走行会(岩谷峠)

1121_
 快晴で気持ちよく走れます。今日の参加は7名で、岩谷の峠の登りは各自のペースで登ってもらい、淡河の道の駅で集合しました。

 その後は隊列を組んで11時にはスタートしたワイン城前に戻ってきました。

|

2010年11月15日 (月)

紅葉の再度山から六甲山

Photo
 再度山(ふたたびさん)への登りは、街中から北への突然の急勾配の道から始まります。

 西から行った場合は、写真の「再度山5km」の標識を過ぎた信号を左折します。東からは判りません。







_
 登り口の交差点を上から見た所です。

 薄茶色のビルが曲がる所の目印になります。

 入口から、この少し先のトンネルまではコンクリート舗装がされています。






Photo_2
 トンネル内も登り続けています。

 トンネル内は照明されているのと、それほど長くはないので安心して走行出来ます。







Photo_3
 ビーナスブリッジまで登ってきました。ここまで来れば勾配も少し緩やかになります。









Photo_4
 登りばかりではなくて、下りもあります。でも、下った分は登らないといけないので喜んでばかりはいられません。

 また、路面状況が良くないのとコーナーが急なのでスピードには注意しましょう。






Photo_5
 大龍寺の山門です。

 大昔、多分小学生の時にお参りした事がありますが、それ以降は通り過ぎるだけというバチ当たりなサイクリストです。







Photo_6
 左へ行けば再度山公園。中には修法ヶ原池(しおがはらいけ)があり、奥へ行けば外人墓地もある。

 再度ドライブウエイは道なりに行く。







Photo_7
 森林植物園西口まで登ってきました。ここまで約7km。

 トイレ以外には何も無いので、先に進みます。








Photo_8
 森林植物園西口をすぎて、五辻を右に行けば西六甲ドライブウエイに入ります。

 再度ドライブウエイにくらべれば勾配は緩やかになりますが、交通量も増えてきます。

 六甲山牧場に到着です。ここには売店とトイレがあります。トイレは24時間利用可能ですが、売店は六甲山牧場の営業時間内のみです。



Photo_9
 記念碑台です。左の駐車場から上に登れば展望台があります。

 交差点を左に行けば、裏六甲ドライブウエイを唐櫃へ下ります。

 右に行けば、サンライズドライブウエイ。直進すればサンセットドライブウエイで高山植物園の上で合流します。

 ここにはトイレと自販機しかありませんが、近くには六甲山ホテルや商店もあります。


Photo_10
 高山植物園の前の急坂を登り切れば、カンツリーハウスです。この先にはガーデンテラスもあります。

 ずいぶんと登ってきました。残りは高低差で約50m、距離は約4kmです。






Photo_11
 一応の六甲山山頂、一軒茶屋前です。写真は東側写しています。

 最高点へは、ここからもう一仕事残っています。








P1000424
 えげつない急坂を登って、階段を担ぎ上げれば、この最高点に到達します。

 この、西側から六甲山を登るコースが一番楽なコースです(再度山除く)。
 同じ道を帰れば、快適なダウンヒルとコーナリングも楽しむ事が出来ます。



 今日のコース詳細(GPSデータもあります)

|

2010年11月14日 (日)

カーフマンジャパン近畿ステージ

Photo  早起きしてやって来たのはグリーンピア三木です。

 今日はここで開催されるデュアスロン大会でのメカニックサービスです。

 メカニックサービスの忙しいのはレースの始まる前で、レースがスタートしてしまえば手持ちぶさたです。

|

2010年11月13日 (土)

2010サイクルモード大阪

Cyclemode  今年も大盛況で、通路も歩きにくいほど人で溢れていました。試乗も大人気で、長蛇の列のブースやら展示車の無くなってしまっているブース等もありました。

 私にとっての一番のトピックは、このカンパニョロ電動メカです。今回発表されたのはプロトタイプで、市販されるのはまだまだ先の事だそうです。

 プロトタイプは、ピナレロのドグマに搭載されてモビスター(元ケースデパーニュ)へ供給され、そこでレースに参加しながらテストされる事になっています。

 シマノの電動デュラエースの場合もプロチームでテストが始まってから市販まで数年かかっていましたから、カンパニョロの場合も市販されるまで数年はかかる事になるのでしょう。

|

2010年11月12日 (金)

たこフェリー存続?

 11月15日で運航停止となる「たこフェリー」が来年3月に復活するようです。
 詳しくは → こちら

|

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »