« 再度山 | トップページ | たこフェリー運航休止 »

2010年10月 7日 (木)

2011年FELT Fシリーズ カーボンモデル

P1000026
 2011年モデル発表会で見てきた新製品の紹介です。

 Fシリーズのカーボンモデルはフレーム形状が一新されて、直線を組み合わせたデザインでシャープなロードレーサーのイメージをよりいっそう強調しています。
 製造方法も進化して、剛性アップと軽量化を実現しています。
 剛性アップの一環として、ヘッドは上下異径で下側が1-1/2に大口径化されています。またBB(ボトムブラケット)もBB30が採用されてBB部の剛性アップを実現しています。

 カーボンモデルの中で最廉価の「F5」はSHIMANO-NEW105をメインコンポに採用して20万円と低価格を実現しています。チェ-ンホイールがFSAなのはチョット残念ですが、このクラス最軽量とも言える8kgを切った車両重量はりっぱです。
P1000028

 モノステーからカーボンフレームでは珍しい二本ステーに変更されています。
 これによって、ねじれ剛性が高まっているそうです。







P1000031
 BB部分のカットモデルです。
 内側も外側と変わらないほどに綺麗な表面に仕上がっています。
 FELTが「inside-out」と呼ぶ製造技術で造られて、重量増につながる余分な材料をシェイプしてあります。

|

« 再度山 | トップページ | たこフェリー運航休止 »

ロードレーサー」カテゴリの記事