« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月30日 (月)

日生でかきおこ

Bridge
 相生駅を出発して日生をめざして走っていますが、交通量の多い国道250号線を避けて、IHIの横を抜けていきます。

 トンネルを二つ抜けて、アップダウンを越えて行くと、坂越へでます。



Photo
 坂越も牡蠣の町ですが、今回はここが目的地ではないので、先に進みます。







Photo_2

 神戸の市章山のように赤穗の「赤」が浮き上がらせてあります。

 赤穗を通り過ぎれば日生(実際は寒河ですが)まではあと少しです。



Photo_3
 今日の目的はここ玉ちゃんです。

 平日(月曜日)だと言うのに大盛況です。名前と注文を書いて待つこと約40分、ようやく名前を呼んでもらえました。

 しかし、盛況な理由もうなずけます。テレビなどでよく紹介されているだけでなく、美味しいことこの上ありません。

 と、言うことで腹ぺこだったのと、美味しいのとで、写真を写すことに気がついたのはほとんど食べ終わってからでした・・・よって写真はありません。
Photo_4
 日生まで来ればここは外せません。

 日本最古の民間学校「閑谷学校」です。

 手入れの行き届いた施設は静まりかえっていました。



Photo_5
 帰りはここ、吉永駅から輪行です。







 今日のコース詳細(コースがGPXファイルでダウンロード出来ます)

| | コメント (0)

2009年11月29日 (日)

岩谷峠

Dvc00004
 毎週日曜日、恒例の走行会です。

 いつもの集合場所に着いてみると一面、大根だらけです。

 六甲のめぐみがオープン5周年を記念してイベント「1万本の大根を干してギネスに!?挑戦」を開いているそうです。

Dvc00006
 岩谷峠を越えて道の駅淡河で休憩しています。

 寒くなった方が参加者が増えているような・・・






 今日のコース詳細(コースがGPXファイルでダウンロード出来ます)

| | コメント (0)

2009年11月23日 (月)

永沢寺で蕎麦

Photo
 ワイン城前を出発して青野ダムまでやって来ました。

 前日まで天気予報に心配させられましたが、快晴で暖かい一日となりました。

 全員集合の写真撮影です。



Photo_2
 下青野公園で小休止の後、今日二つ目の長い登りへと向かいます。


 周囲の山は紅葉真っ盛りです。



Photo_3


 いよいよ登りが始まりまり、だんだんと勾配がきつくなってきています。

 

Photo_4


 上の方には母子茶の茶畑が道の両側に広がっています。





Photo_5

 お昼は「いまきた」さんで母子蕎麦をいただきました。


 母子産の抜き身を粉に挽いた母子蕎麦はのどごしがよく食べられます。



Photo_6


 デザートには蕎麦粉を団子にしたぜんざいをいただきました。

 走り疲れた身体には、この甘さが何とも言えません。



Photo_8
 古い民家を店舗として使っている「いまきた」さん。


 前庭で出発準備をする面々、永沢寺を経由して帰路につきます。




Photo_7
 しょうぶ園で有名な永沢寺まで登ってきました。


 まだ少し、登りは続きます。





Photo_9

 相野駅の先、少しきつめの登りが続きます。







Photo_10
 
 道の駅とうじょうまで帰って来ました。

 黒豆コロッケを食べて、しばし休憩。





Photo_11 最後はワイン城(神戸ワイナリー)でホイリゲを飲んで、解散です。

注:ホイリゲ(神戸ワイナリーHPより引用)
「ホイリゲ」(果実酒もろみ)とは、
ワインの醸造は、ぶどう果汁に酵母を加えて平均30日間発酵させたうえで熟成させますが、完全に発酵するまでの液体(酵母も含む)を「ホイリゲ」(ドイツ語)と呼びます。日本酒の「もろみ」と同じもので、ワインの醸造期間中しか味わうことができないものです。その性格上、神戸ワインの「ホイリゲ」は、この時期にワイン醸造場である神戸ワイナリーでしか味わうことができません。

 

 今日のコース詳細

| | コメント (0)

2009年11月16日 (月)

倉敷寿司&倉敷バーガー

Photo
 倉敷天領寿司祭りに誘われて倉敷まで行って来ました。

 倉敷までは車で移動、本通りから路地をちょっと入った駐車場に車をデポ。

 こちらでびっくり巻き(本当にでかい)が入った、びっくりチラシ寿司をいただく。見た目以上のボリュームで満腹になりました。
Photo_2
 倉敷まで来て寿司を食べただけではもったいないので、美観地区へも足を運んでみます。

 看板に偽り無しの美観に見とれるだけでなく、川の両側に並んでいるお店を次々と訪れていると、あっという間に時間が経ってしまい、3時間が経過してしまっていました。



_3

 

 遥々やってきた、もう一つの目的はこの倉敷バーガーです。新倉敷駅を少し南へ行ったところにある倉敷カフェで販売されています。
 値段の割には小振りですが、お味はなかなかのモノでした。
 美観地区で遊びすぎたので、時間がなくなり当初の予定から大幅に短縮して、直行したルートは車が多すぎたので、帰りは少し遠回りして倉敷まで帰って来ましたが、ちょっとはましと言う程度で、サイクリングは楽しめませんでした。




| | コメント (0)

2009年11月 9日 (月)

アンクルのマロンパイと室津のアナゴ丼

Photo_3
 下車したのは、姫新線播磨新宮駅。

 なぜ?播磨新宮駅かと言えば、揖保川沿いに走ってみたかったからです。

 駅前には喫茶店とデイリーヤマザキしかありません。



Photo_4
 出発前の腹ごしらえに、明石のアンクルで買ってきたマロンパイをいただきます。


 おおきなマロンが入っていて、評判通りの味です。




Photo_5
 国道179号線に併走するように揖保川堤防上に道がつけられています。


当然、遙かに交通量の少ない堤防上を走って南下してきます。



Photo_6
 揖保川に架かる姫新線鉄橋です。


 つい先程、ここを渡ってきました。





Photo_7 途中でちょっとしたトラブルがあって、遠回りしたお陰でここ堀市への到着が遅れてしまいました。
 ここは、魚や貝類を買ってその場でバーベキューが出来ることで有名です。
 お昼を遙かに過ぎた2時頃でも、まだ数組がバーベキューをしているだけでなく、次々とお客がやって来ていました。
 我々は、アナゴ丼とにぎり寿司、タコの煮付けをいただきましたが、また来たくなる味でした。
Photo_8
 室津漁港です。

 間もなく牡蠣のシーズンが始まります。

 周辺には牡蠣のお店がたくさんありました。




Photo_9
 赤穗まで行く予定を短縮して、今日はここ、相生までで終了です。







 今日のコース詳細

| | コメント (0)

2009年11月 2日 (月)

秋の瓶ヶ森&もどり鰹

P1020485

 いつものように、ジャンボフェリーとJRを乗り継いで、出発地の伊予西条まで移動します。

 特急の車両最後尾には、輪行袋が入れられるスペースがあります。テーブルが邪魔ですが、なんとか収まっています。





Photo

 伊予西条駅に着いたときには雨が降っていましたが、出発する頃には止んでいました。しかし、前途多難を思わせる空模様です。


 この後、雨が降る事はありませんでしたが、寒い一日を過ごす事になりました。




P1020489

 国道194号線を登って行くと、紅葉した木々が見られるようになってきました。

 今回は、ここから標高1000mまでですばらしい紅葉を見る事が出来ました。

 路面は所々濡れていますが、ほとんど乾いてきています。



Photo_2

 今回が初寒風山のNさん、すごい!すごい!の連発で、写真撮影に余念がありません。


 道は旧道に入っていて、ここから寒風山隧道までつづら折れが続きます。




Photo_3
 左手に深い谷が見えて、道路の直線部分が長くなってくると、まもなく寒風山隧道に到着です。


 このあたりまでの紅葉が真っ盛りで、この先(この上)はすでに終わっていました。

 相変わらず曇り空が続いていますが、少しずつ日の差す時間が長くなっていて、天候が回復してきているのが判ります。 


Photo_4
 寒風山隧道を東へ抜けると広場があって、そのまわりに休憩所・トイレ・寒風茶屋があります。

 平日はしまっているはずの寒風茶屋が営業していました。紅葉の時期でお客さんが多いからでしょうか?

 天候は回復していますが、高度が上がるにつれて気温が下がってきています。つま先が冷たいのでシューズカバーを着けて走り出します。



Photo_5
 寒風茶屋から先の紅葉はほぼ終わっています。

 今までより道路の斜度もきつくなりましたが、そのぶん高度をどんどん稼いでいきます。

 熊笹の山肌が見えるようになり、まず姿をあらわすのがこの伊予冨士です。




Photo_6

 そして今日のお目当て、瓶ヶ森です。

 ここからしばらくは、この姿を見ながら登って行きます。


 瓶ヶ森を通り過ぎたあたりがこの林道の最高地点で標高1700mです。ここからは、あと100m登ります。



Photo_7

 瓶ヶ森への登山口にある広場です。ここにはトイレもあります。


 見た目は穏やかそうに見えますが、じつは強烈な風が吹いています。

 空は晴れていますが、気温が下がってきている上に強風で、寒い事、寒い事!



Taki

 とにかく気温のあがる下までさっさと下ろうと走り出しますが、濡れた路面に張り付いた落ち葉と、強風で飛んできた枯れ枝に邪魔をされて思うようにスピードを上げる事が出来ません。


 氷室の大滝まで降りてきて、やっと一息。小休止です。




Photo_8

 思惑通り、下るほどに気温も上がって気持ちよく走れるようになり、道の駅633美の里で休憩の後は、追い風にも助けられて快調な走行となりました。


 かんぽの宿伊野で入浴したのち、高知までの10kmは追い風に助けられて楽々と走れました。



Photo_9
 今回のもう一つの目的はこの鰹のたたきです。
 ひろめ市場内のやいろ亭の塩たたきは絶品です、これを食べれば他では鰹のたたきは食べられなくなってしまいます。
 他にも鯖の刺身等々を食べて、ビールをしこたま飲んで、いい気持ちで高知駅に着いたまでは良かったけれど・・・アクシデント発生!

 最終の岡山行き特急に乗り遅れたなんて、恥ずかしくて口が裂けても言えません。その後に高松行き特急があったので、ジャンボフェリーを使って翌日早朝には帰って来られましたが、一時はどうすればよいかと酔いも醒める思いでした。


 今日のコース詳細

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »