« ANCHOR 2010年モデル展示発表会 | トップページ | グラファイトデザイン カーボンフレーム »

2009年9月21日 (月)

四国うどんツアー

Photo 秋の大型連休、シルバーウイークまっただ中、無謀にも高速道路を使って四国へ行って来ました。

 1,000円高速の威力はすさまじく、早朝5時過ぎにもかかわらず明石海峡大橋は、渋滞寸前と言ってもいいくらいの交通量です。

 幸いなことに、日頃の行いがいいのか渋滞にはならず、目的地の「道の駅香南楽湯」へは2時間で到着。

 前日から四国入りしている、M・O両氏と合流。

Photo_2
 隊列を組んで朝食へ GO!


 今回はうどんマイスター?S氏の案内でのうどん店巡りです。
 さて、何店回って、何店でうどんが食べられるのでしょうか?


Photo_3
 「喫茶スタート」でモーーニングをいただいて、今日のサイクリングのスタートです。

 このモーニングには四国らしく?手打ちうどんが付いています。




Photo_4  「赤坂」です。

 数台しか止められない駐車場(単なる空き地?)に止まっている車は他府県ナンバーばかりです。
 ここでは全員の分をまとめて注文しないと、おばちゃんに怒られます(笑)。また、薬味のネギは自分でハサミで切って入れます。
 時間が早いからか、ならばずに済みました。

Photo_5
 「中西うどん」です。
 すでに20人ほどの列が出来ています。
 ここは、どんぶりの色でうどん玉の数が決まっています。どんぶりを差し出せば決まった数のうどん玉を入れてもらえます。まだまだ先があるので一玉です。
 硬めに茹でてあるので、店の中央には自分でゆで加減を調節できるようにお湯が沸いています。

Photo_6
「山下」です。

 道路から奥まっているのでこの看板を見落とすと行き過ぎてしまいそうです。
 列は30~40人ほどでしたが、我々が食べ終わる頃にはもっと長くなっていました。



Photo_7
 ここでは、ちょっと趣向を変えてざるうどんにしてみました。

 お支払いは食べた後に自己申告です。
 先払いじゃないのは何故なのでしょう?




Photo_8

 平坦ばかり走って、四連続で食べ続ければお腹も満腹に近くすぐに次だと辛いので、腹ごなしに山越えのコースを選択。

 城山へと登ります。



Photo_9
 やって来たのは「長田うどん」

 おまわりさんまで出て交通整理をしています。駐車場は満車。長蛇の列。

 ここは諦めてすぐ近くの別の店へ・・・

 そこも、すでに終了!列の最後尾のお兄さんが僕で最後ですと、言っています。

Photo_10
 本日はあえなくこれで終了かと・・・
 Sさん携帯で六人分置いといてと、予約?を入れています。

 最後のお店「丸美屋」です。

 各店それぞれに特徴のある麺を堪能することが出来ました。

Photo_11

 香南楽湯で一日の汗を流した後、あっさりとした昼が終わればこってりと、骨付き鳥「一鶴」で夕食です。

 朝から食べ続けの一日も終わり、瀬戸大橋の渋滞もなんのその、帰路につく食いしん坊一行でした。




 本日のコース詳細

|

« ANCHOR 2010年モデル展示発表会 | トップページ | グラファイトデザイン カーボンフレーム »

四国Cycling」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ANCHOR 2010年モデル展示発表会 | トップページ | グラファイトデザイン カーボンフレーム »