« 見土呂 | トップページ | 見土呂から平荘湖 »

2009年1月12日 (月)

淡路島で淡路牛丼

 昨秋に予定したときは雨で中止となってしまいました。さて、今回は?

 強風と雪で危うく中止となりかけましたが・・・11人の熱気で強風も雪もはじき飛ばしてしまいました。

Photo

 岩屋港に勢揃いした11名、この先に待ちかまえている苦難を知らず、笑顔です。

 天気予報は見事に的中して、とんでもない強風です。岩屋までの高速艇の揺れもなかなかのモノでしたが、走り出してからの向かい風も手強いモノでした。
 県道31号線を松帆の浦を過ぎた途端に台風か?と、思うような強風です、早々に退散することにして予定のコースはあきらめて、国道28号線を走って洲本へ向かうことにします。

 山に遮られていて少しはましとはいえ、向かい風は強烈な上に雪まで降り出しました。

Photo_2

 いつもなら止まることのない東浦バスターミナルで、トイレ休憩です。
 ここで問題発生!このまま国道28号線を行くと、洲本への到着時間が早すぎます。今日の昼食(メインイベントの牛丼)を予定しているレストランの開店時刻が11時半です。
 このまま行くと洲本で一時間近く時間をつぶさないといけなくなります。そこで途中の「たこせんべいの里」へ寄り道することに衆議一決。

 ところが、またまた問題発生!11人が一列縦隊で走れば、追い越していく自動車の迷惑になるだろうと、隊列を二つに分けて走行していたのが徒となり、前の組は場所を知っていて直行してしまいました。後ろの組も場所を知っているモノだとばかり思っていたら、誰も知らなくて、お互いが迷子になってしまいました。
 連絡が取れたときには、後ろの組が先行して洲本近くまで行ってしまっていました。洲本のジャスコで合流したときは、ちょうど11時半で今日行く予定のレストラン「タイムアフタタイム」の開店時間でした。

Photo_3

 ウェイトレスのお姉さんのセールストークに乗せられて、アイラン丼1000円に300円追加でサラダ・コーヒー・デザートも付けることに。

Photo_4

 11人分の牛丼(アイラン丼)を頼んだのでどれだけ待たされるかと・・・覚悟していましたがそれほど待たされこともなく、全員の分が揃いました。見た目では少なそうに見えますが、器が大きいので充分なボリュームです。でも、まだ足りないと言った人物が居たことは内緒です。

 昼食後は補給食?の調達にジャスコへ戻ります。最近個人的に(家族で)はまっている鯛焼きです。鯛焼きを買って、ようやく帰路につきます。

 走り出していきなりの激坂にはビックリしましたが、それだけでは終わらず、激坂は次々と現れます。

_1

 しばらく続いた平和なサイクリングも県道から外れた途端に終わり、ポラールCS400の表示で最大斜度21%などという激坂が現れました。

 この後も、激坂を登っては、ゆ~るく下りの繰り返しとなりました。

 最初に,車の多い海岸沿いは走らないコースにしようと決めて,それでもきつい所は避けたつもりでしたが、過去に走ったことのある、きつくないコースをつなぐために設定した部分がことごとく激登りと、いう事になってしまいました。

Photo_5

 東山寺への登り始めです。まだまだこんなのは序の口という事を、この後思い知らされます。

Photo_8   

 25%(今回の最大斜度)を過ぎて10%程度の所を登っています。

Photo_9

 今回、一番キツくて、長かった東山寺への登りを終わって小休止。

Photo_11

 こんな坂やら

Photo_12

 こんな坂も登って

Photo_13

 でも,こんなのどかに走れるところもあったり

Photo_15

 花さじきへ到着しました。冬なので花はまったくありませんが・・・

Photo_14

 花さじきから岩屋へは下るだけです。

 登りの激坂が多すぎて、予定よりは1時間も遅れてしまいましたが、全員が元気に?記念写真です。

 今日のコース詳細

|

« 見土呂 | トップページ | 見土呂から平荘湖 »

淡路島Cycling」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見土呂 | トップページ | 見土呂から平荘湖 »