« DE MARCHI(デ・マルキ) | トップページ | Prologo(プロロゴ)by CycleMode大阪 »

2008年10月27日 (月)

紅葉の寒風山・瓶ヶ森

 紅葉を期待して,寒風山から瓶が森へと走って来ました。
 四国へ行くのには定番のジャンボフェリーですが,ダイヤが改正(改悪)されて,高松駅始発の普通電車には乗れなくなってしまいました。それだけではなく始発の特急にも間に合わないかもしれない事になっています。
 始発の特急に間に合わない場合も考えて,走行予定は充分に余裕を持ってたててあります。

 今回は定刻に入港したおかげで,始発の「いしづち1号」には間に合いました。

Saijo

 朝7時頃の伊予西条駅は,ちょうど通学時間帯で,高校生達で賑やかです。天候は曇りで,気温も低く,SKINSの長袖に薄手の長袖ウインタージャージでは寒く感じますが,すぐに登りが始まるので,このまま出発します。

Kyudo

 国道194号線を南下,徐々に標高を上げていきます。寒風山トンネルの少し手前で旧道へ入り寒風山隧道を目指します。

Kyudo_2

 杉木立の向こうに,今登ってきた道が見えています。

Kyudo_3

 あと少しで寒風山隧道です。木々も少しだけ色づいてきました。

Kanpusan

 寒風山隧道南側の駐車スペースは,ほぼ満車状態だし売店は閉まっているので,素通り。少し先から振り返れば,このあたりの紅葉はまだまだです。

Koyo_1

 1200mまで登って来ました。ようやく紅葉が見られるようになってきました。
 自転車はいいですね~,絶景ポイントを見つけたらその場で止まれますから,自動車だとこういう狭い道ではそういうわけには行かないで,すれ違いの出来る場所でしか止まれませんからね。

Iyo_fuji

 1550mまで来ました。写真の右端には伊予冨士が写っています。

Kamegamori

 1580mまで来ました。瓶ヶ森が見えてきました。ここまで来ると紅葉する木は少なくなり,熊笹がふえてきます。

Kame_2

 1600mです。瓶ヶ森が雲に覆われかけています。この少し後には1600m以上は雲の中となってしまいました。

Koji

 工事区間へ到着したときには,通行止めが始まっていました。自転車は通してくれるかな?という甘い期待は打ち砕かれて,道路いっぱいを使って工事をしているので再開まで待ってくださいと言われてしまった。40分程足止めです。
 前もって通行止めの時間帯は調べてあったのですが,写真を撮るための停車が多すぎて(ホントよく止まりました)タイミング悪く,通行止めが始まったときに着いてしまいました。
 予告どうり12時ピッタリに通行止めは解除され,長く延びていた車列は動き出しました。

Tozan

 ようやく走り出せて,瓶ヶ森への登山口には10分もかからずに到着。でもあたりは真っ白。ここまでも前も後ろも,ありったけのライトを点灯して走ってたくらいですから予想は出来たことですが,ガッカリです。
 瓶ヶ森への登山はあきらめて下っていくことにします。

Koyo

 1550mまで下ってきました。雲の中からは脱出しました。
 紅葉のトンネルです。南側の方が赤い色が多く,きれいに見えます。
(写真ではうまく表現できてませんね~)

Taki

 氷室の大瀧
 見落とさないようにとSさんに教えてもらっていました。写真が下手ですね~現地で見るともっと迫力あります。でも,この道へ来る人はいないですね,たくさんいた車はみんな石鎚スカイラインへ行ってしまったようです。

Taki_2

 滝をバックに記念撮影。下りは寒いのでウインドブレーカーを着込んでいます。

Dam

 吉野川本川最上流部に建設された長沢ダム。

Honkawa

 本川トンネル。
 手前から吉野川沿いの旧道があるのですが,入口だけかもしれませんがトラックが走り回っていたので,トンネルを抜けていきました。平日だけあるいは時間帯によるのかもしれませんが国道194号線,閑散としています,車はほとんど来ません。

Kanpu_2

 道の駅「木の香」で休憩の後,寒風山トンネルまで登ってきました。時間には余裕があるので旧道を登って,朝に通った寒風山隧道から下ることも出来ましたが,好奇心には勝てず,全長5432mと長大なトンネルを抜けていきます。
 やっぱり長いです。下り方向なので11分で走り抜けましたが,反対方向は厭ですね。

Isiduti

 今日の風呂・飯はこの石鎚温泉です。印象は・・・
 帰りは,伊予西条駅から輪行して岡山経由です。

 約110kmの走行距離のうち,100kmは信号が全くないというコースでした。

今日のコース詳細

|

« DE MARCHI(デ・マルキ) | トップページ | Prologo(プロロゴ)by CycleMode大阪 »

四国Cycling」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« DE MARCHI(デ・マルキ) | トップページ | Prologo(プロロゴ)by CycleMode大阪 »