« 走行会 | トップページ | 特選サイクリングコースガイド »

2008年4月16日 (水)

雨天時の装備

雨天走行時の装備
 雨の日は走らないに越したことはないのですが,そうも行かない場合があります。
 真夏の雨はシャワーのようで気持ちいい(?)と言ってられますが,他の季節にはそんな事は言ってられません。雨天走行では濡れないように対策しなければいけません。

 

 濡れるのは降りそそぐ雨だけではなく,自分の自転車が跳ね上げる水でも濡れてしまいます。

 

 私の雨天対策を紹介します。

 

Rain

 

前輪
 「SKS RACE BLADE」の後ろ用を前に使っています。
 出来るだけ前輪の下側までカバーする事で,前輪が跳ね上げた水がシューズの底にかからないようにしています。
 シューズの上側は,シューズカバーをする事で濡れることから防げますが,シューズカバーの底側はペダルに当たるので大きく開いていて,跳ね上がってきた水には無防備です。なので,できるだけ跳ね上げを少なくすることで,シューズの濡れを少なくすることが出来ます。

 

後輪
 「ORTLIEB saddleBag F96 LL」をサドル下に装着しています。
このサドルバックは,大きくてたくさん荷物が入るだけでなく,完全防水なので中の荷物が濡れる心配がありません。
 また,写真のように後方へ突き出しているので,後輪の跳ね上げた水がお尻へかかるのを防いでくれます。

 

泥除け・サドルバック共にワンタッチで着脱出来るので輪行時にも困ることはありません。

 



 

 

|

« 走行会 | トップページ | 特選サイクリングコースガイド »

Cycling」カテゴリの記事