« サイクリングシューズ | トップページ | 播磨サイクリングロード »

2007年4月12日 (木)

SHIMANO SH-R300レーサーシューズ














 シューズねたが続きます。


一世を風靡したTIMEの黄色いシューズEQUIPを履き続けて来ました。

カラーコーディネートは無視か?と言われても,足下は黄色いシューズ・・・で,まだまだ履き続けるつもりでいました。

 長時間(10数時間とか)履き続けると圧迫感はありますが,どこかが痛くなるわけでもなく不満は何も(色以外)ないので。


でも,SHIMAOが「SH-R300」なるシューズを発表しました。「温めた後にバキュームで成型することで,あなたにジャストフィットなシューズが出来上がります」と,いうふれ込みです。

 シマノの発表後は,お客様からの問い合わせも多く,安くはない金額ですが専用のオーブン・バキューム一式に投資をする事にしました。


シマノは実地に講習をしてからの納品となりますと言っています。で,今日講習の順番が回ってきました。

 講習では一足作っていただきます,実際に自分が履くシューズを作って,その後も履き心地を試してもらうのが一番いいのですが・・・とは,シマノの言い分(費用は請求されるからね)。そこで,しかたなく(・・・な,はずもなく,喜んで)自分のシューズを作る。


「SH-R300」はE(ワイド)タイプのみです。標準のシマノのシューズよりも幅広くなっています。

今までは,SHIMANO・SIDI・adidas・TIMEと履いて,サイズは「42」でちょうどだったのが,半サイズ小さい「41.5」がちょうどです。本当は左足「41.0」,右足「41.5」がピッタリでしたが,それだと二足買わないといけなくなるので,大きい方の右足に合わせることにします。

 成型する前でもフィット感は良いです。ワイドタイプだけあって,小指に余裕があります。

SH-R300
 さて,オーブンも温まって,インソールの成型から始めます。


温めた後,シューズの中に入れて履きます。そして,しっかりと加重をかけます。


左右とも同じ事をして,インソールが出来上がれば,一旦シューズから取り出します。

インソール
 次は,いよいよシューズを温めます。


オーブンの中は100℃〜120℃です。成型するために,温めたシューズを履くときはソックスを履いておかないと,火傷するかもしれません(試してみたくはない)。


オーブンから取り出し,インソールを入れて履いたら,袋を被せて中の空気を抜きます。

 空気が抜けるともの凄い圧力を感じます。一分半の辛抱で,あなただけのシューズが出来上がります。


両足を作り終わるまで,約一時間・・・作る方はもちろん,作ってもらう方も体力がいります・・・


でも,時間とお金をかけた甲斐はあると思います。フィットしているというより,優しく包み込まれていると言ったほうがより適切に表現出来ている感覚で,足にストレスを感じなくなります。

シューズ

|

« サイクリングシューズ | トップページ | 播磨サイクリングロード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SHIMANO SH-R300レーサーシューズ:

« サイクリングシューズ | トップページ | 播磨サイクリングロード »