« シマニョーロ | トップページ | 2007 PRO »

2007年2月 5日 (月)

淡路島一周






















 淡路行きの高速船がジェノバラインになって初めての乗船です。

 運賃値下げの効果か?乗船客が増えたように思います。

 私自身も運賃の安い「たこフェリー」に乗ることが多かったのですが,安くなれば速いほうがいいなと思ったわけですから,人のことは言えませんね。


 9時20分発としてやって来たのは小型のほうの「レッドスター」でした。前の方の席に座ると目線が低く,今までない新鮮な風景を見ることが出来ました。

ジェノバライン
 朝寝坊をしてしまって,予定より一時間遅れでのスタートとなたので,外周を回るか,どこかでショートカットするかは走ってみた都合で決めることにして,西側海岸,県道31号線を南下(実際は南西方向)します。


 西淡まで二時間弱と,いいペースで走れたので外周を行くことにして,県道25号線(うずしおライン)で福良をめざします。

 途中,より外周を走ってみようと,県道をはずれて津井港へ寄り道してみました。海岸沿いをのんびりと走れていい雰囲気でした。


 黄線が県道,赤線が今回走ったルート


拡大地図はこちら

津井港
 のんびりしてられるのはこの辺までで,いよいよアップダウンの連続が始まります。


 阿那賀を過ぎて,淡路島南I.C.あたりから見えた鳴門海峡大橋です。今回は橋まで行くつもりがないのでここで写真を写してみましたが,霞んでいてわかりにくい写真になってしまいました。

鳴門海峡大橋
 観潮船「咸臨丸」の看板にひかれて,うずしおラインをはずれて福良の町へ降りれば,道路が広げられて走りやすくなっています。

 咸臨丸・日本丸と名付けられた帆船風の観潮船でうずしお見物ができるそうです。


 プラザ淡路島(ホテル)横の展望所から,帰港する咸臨丸がタイミングよく見えました。

咸臨丸
 もう一箇所より外側の道を行ってみました。


 最初はいい雰囲気だったのですが,登りが始まると道も荒れてきて,とうとうとんでもない急勾配まで現れて逆方向(淡路島時計回り)以外は走りたくないですね。


 黄線が県道,赤線が今回走ったルート


拡大地図はこちら


 その後は順調に走り続け,水仙峡の盛況を横目で眺め,夏より車が多いな〜とか思いながら由良を過ぎれば,残りは2時間程度で岩屋へ到着です。

阿万

|

« シマニョーロ | トップページ | 2007 PRO »

Cycling」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 淡路島一周:

« シマニョーロ | トップページ | 2007 PRO »