« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月24日 (土)

CARRERA Ilos

 鋭い加速とシャープなハンドリングが評判のCARRERAに,新たなモデルが発表されました。

「Ilos」(イロス)

最新マテリアルを使いつつも,古典的ロードレーサーの美しさを持つフレーム。
 このコンセプトの元に作られたIlosの語源は,かつてCARRERAのラインナップの中心モデルに採用されていた,コロンバスのEL-Oversizeに由来しています。

僅かにスローピングしたフレーム単体の重量はMサイズで約890g,フロントフォークは約320gと軽量です。

日本での発売と価格は今の所,未定だそうです。

Ilos

| | コメント (0)

2007年2月22日 (木)

チネリ歴史上初のプロチームへフレーム供給






 Cinelliはコンチネンタル・プロチームの「チネリ・エンデカ・インタリンプ」のスポンサーとなりました。


1948年から始まったCienlliの歴史の中でも,プロチームにフレームを供給するのはこれが始めての事です。

 「チネリ・エンデカ・イタリンプ」が使用するフレームとして,数あるチネリのフレームの中から,プロ選手達が選んだのは


「エストラーダ」


このフレームが採用された理由は次によるものだそうです。



  • 反応性,加速性が素晴らしい。
  • 下りでのコントロール性に優れている。
  • クラシカルなロードレーサーのイメージとファッション性を両立。
  • フレームデザインとウエアが良くマッチする。

cinelli

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月16日 (金)

Cinelli ESTRADA

 昨年放映された草薙剛主演のテレビドラマ「僕の歩く道」で使用されたチネリエストラーダと同色のチネリエストラーダが限定発売され,昨年中にSサイズを1本予約していたものが入荷してきました。

 

  • サイズ:S
  • 適応身長:165cm〜175cm(乗車姿勢でも変化します)
  • 色:イエロー(少し緑がかっています)
  • 重量:1,720g(フレーム/フォーク/ヘッドパーツ/FD台座)
  • 付属品:カーボンシートピラー・ステム(NERO)・ハンドルバー(NERO)
  • 価格:312,900円(税込)
estrada

| | コメント (0)

2007年2月14日 (水)

RPJ P&A展示会

BBB/DMT/CrankBrothers/PEDROS/モンベル etc.






 荒らしのような雨の中「RPJ P&A展示会」へ行ってきました。

 収穫はDMTのスモールサイズからビッグサイズまで揃ったレーサーシューズです。

 二本ベルトの「gass:13,440(税込)」は33(約21cm)から46(約29cm)まで14サイズ,三本ベルトの「young:14,490(税込)」は33(約21cm)から41(約26cm)まで9サイズがラインナップされています。他のメーカーにはない小さなサイズの33から35(young)を予約してきましたので,発売され次第入荷してきます。


RPJ(ライトゥエイプロダクツジャパン)では新たにモンベルの商品も取り扱う事になったそうで,当店ではインターマックスと並んで二社から取り寄せが可能になりました。


最後に値上げのお話し・・・輸入品が軒並み値上げされている中で心拍計で有名な「POLAR」も,3月から数パーセントの値上げになります。人気商品のCS200cadをねらっている人は,今の内に注文を下さい。

DMT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月12日 (月)

大崎上島・神峰山

 今日も温かくて良い天気だなあ〜等と思いながら三原港へ着いて,急いで乗船券を買わないと間に合わないと,窓口を探しているときに目に入った電光掲示板。10時4分発の表示がなく10時34分発と表示されている。時刻表を確認すると1月27日からダイヤ改正となっている・・・便数減って改悪やろ!

山陽商船の高速船には4名が乗船,途中の大久野島では乗降がなく,桟橋に着けることなくスピードを落としただけで素通り。めばる港では私が降りただけでした。

はやぶさ
 桟橋の先はすぐ道路と,な〜んにもないめばる港で待ちくたびれたSさんと合流,30分遅れでの出発となりました。機関車なSさんと二人きりなので気楽なもんです。

気楽さ全開,予定時間に遅れているというのに,商船高専の練習船を発見してストップ。

練習船
 目指す神峰山(しんぽうさん:453m)へは,県道65号線から左へ(わかりやすい道路標識あり)別れて,もう一度写真の小さな看板の所を左へ入れば道なりの一本道となり,残すは3km少しとなります。 神峰山
 集落の中を抜けるまでは平和な道かと思いきや,突然の激坂,所々勾配が緩くなって休めるところがあるものの,残り1.5kmを切る頃には息も絶え絶えとなって小休止,坂バカなSさんはとっくに先に行って影も形も見えません。

 息を整えて,体制を立て直して出発してみれば100mほどで勾配が緩くなり,この後山頂の駐車場までは10%程度の勾配でした。

駐車場の展望台からは,北側に180°以上のパノラマが広がっています。徒歩で500m先の山頂展望台では360°のパノラマを満喫できます。写真は東側にある大三島・宗方方面です。

神峰山展望台
大崎上島
 少し霞んでいるのが残念でしたが,来島海峡大橋や広島方面を眺めていると時間を忘れてしまい,木江で乗るフェリーの時間まであと1時間となってしまいました。

残りの距離は25kmで激坂もないので間に合うはずですが,大事を取って二箇所の寄り道をやめて直行する事にします。

 向かい風区間では機関車Sさんが頑張ってくれて,余裕で木江港に着けました。

 写真は木江港を出港していく大三島ブルーラインのフェリー上からです。

木江港
 宮浦港からはしまなみ海道サイクリング道を行きます。三村峠を越えたところで,尾道へ向かうSさんとは別れて,私は一人で立石展望台(254m)へ登ります。

大したことのない勾配なのに,坂バカな神峰山でやられてしまった足には結構な負担でした。でも,頑張った甲斐あって北東に広がる景色はすばらしい!の一言です。

 多々羅大橋と西瀬戸道・生口島が一望できます。

立石展望台
 一気に下って井口港へ着けば今日の走行は終了です。輪行して三原行きの三原・瀬戸田共同ラインの高速船の到着を待ちますが,港は寂れていて待合所の窓口には誰もおらず乗船券は券売機で買わないといけません。しかも,その横には「アナウンスはありませんので,時間が来れば桟橋に出ておいて下さい」てな事が書いてある。

入港してきた高速船からは誰も下りてきませんでしたし,乗船したのは私だけ・・・船員(船長?)さんは「今日は貸し切りだよ」って・・・まさか?

井口港
 すぐに出港した高速船の中から多々羅大橋を写したり,ビールを飲んでいるうちに瀬戸田港に到着。本当にだれも乗ってきません。三原港まで貸し切りでした。 多々羅大橋
大三島
地図

| | コメント (0)

2007年2月 8日 (木)

OPERA LUXURY BIKES

 昨日に引き続き,今日も大阪は堺市までおでかけです。

ドグマに代表される高級ロードフレームで世界的に有名なイタリアのピナレロ社がOPERA LUXURY BIKESとして今春から販売を開始するバイクの発表会です。

しかし,自転車は軽いけど,この公式サイトは重いですね〜

で,肝心のバイクはイタリアのデザインらしく,華やかだけれども落ち着いた雰囲気となっています。

  • MERUCURIO(メルキュリオ)
       
    • 仕様:ホリゾンタルフレーム・シングルスピード(固定ではありません)
       
    • size:440・480・520(C-C)
       
    • 色:black/gray・white/black
       
    • 価格:\122,850(税込)

  • CARAVAGGIO(カラヴァッジオ)
       
    • 仕様:スローピングフレーム・Nexus8S
       
    • size:420・460・500(C-T)
       
    • 色:black/gray・blue/white・wine/cream
       
    • 価格:\119,000(税込)
       
    • Option:マッドガード(\3,800/税込)

  • ARTEMISIA(アルテミジア)
       
    • 仕様:スタッガートフレーム・Inter3
       
    • size:400・400(C-T)
       
    • 色:gold/copper・white/pink・white/blue
       
    • 価格:\104,000(税込)
       
    • Option:マッドガード(\3,800/税込)


OPERA

| | コメント (0)

2007年2月 7日 (水)

2007 PRO

 シマノ臨海が取り扱う「PRO」「SelleRoyal」「Weider」等々のプレゼンテーションを受けてきました。
 「シマノ臨海」と言う社名は会社が海のそばにあるからだそうで,自転車業界の「輪界」ではないという事です。

 PROからは前輪用バトンホイールと,改良されたリア・ディスクホイールがまもなく発売され,クリンチャーモデルも用意されます。ただし,残念な事にクリンチャーの場合はリム部分がアルミになってしまいます。

  • 4-RAYSホイール  
         
    • 重量:649g〜    
    • \147,020(チューブラー)    
    • \155,798(クリンチャー)  
  • ディスクホイール  
         
    • 重量:1090g〜    
    • \147,020(チューブラー)    
    • \155,798(クリンチャー)  

 2007年のPROで注目は「PLTコンパクト U」というハンドルバーでしょう。リーチ・ドロップが小さいだけでなく,グリップ位置からブレーキレバーまでの距離が小さくなるような曲げを採用しているので,手の小さな人にも使いやすいのではないかと思います。

  • Size:400/420(C-C)
  • ドロップ:144mm
  • リーチ:78mm
  • 重量:275g
  • 色:HPグレー・SBブラック
  • 価格:\6,834(税込)

ホイール
 SelleRoyalからは「ERGOGEL(エルゴゲル)」という,コンフォートサドルが発売されます。

 「アスレティック」「モデレート」「リラックス」と名付けられた三種類の乗車姿勢に合わせたサドルが,それぞれ男女別に用意されています。
 三種類とも同じゲルが使われていて,アスレティックな人にはここまで必要ないだろうと思わせるほど柔らかな感触のゲルが使われていて,のんびり走るには良いサドルではないでしょうか。

  • 色:ブラック
  • 価格:\5,985(消費税込)
サドル
 Weiderの取扱も始める(シマノ臨海さん・・・取扱品目がどんどん増えてますね〜)という事で,管理栄養士の資格を持った方から,サプリメントの摂取についての説明がありました。

 この方は「SKIL SHIMANO」チームの栄養士もされていて,自転車でのトレーニングやレース時の,スポーツドリンクやプロテインの摂取についての説明が詳しくてわかりやすく,Weiderの注文書に思わずサインをしそうになってしまいました。

 が,そこは一旦思いとどまって・・・後日,熟考の上という事に・・・

skil SHIMANO

| | コメント (0)

2007年2月 5日 (月)

淡路島一周






















 淡路行きの高速船がジェノバラインになって初めての乗船です。

 運賃値下げの効果か?乗船客が増えたように思います。

 私自身も運賃の安い「たこフェリー」に乗ることが多かったのですが,安くなれば速いほうがいいなと思ったわけですから,人のことは言えませんね。


 9時20分発としてやって来たのは小型のほうの「レッドスター」でした。前の方の席に座ると目線が低く,今までない新鮮な風景を見ることが出来ました。

ジェノバライン
 朝寝坊をしてしまって,予定より一時間遅れでのスタートとなたので,外周を回るか,どこかでショートカットするかは走ってみた都合で決めることにして,西側海岸,県道31号線を南下(実際は南西方向)します。


 西淡まで二時間弱と,いいペースで走れたので外周を行くことにして,県道25号線(うずしおライン)で福良をめざします。

 途中,より外周を走ってみようと,県道をはずれて津井港へ寄り道してみました。海岸沿いをのんびりと走れていい雰囲気でした。


 黄線が県道,赤線が今回走ったルート


拡大地図はこちら

津井港
 のんびりしてられるのはこの辺までで,いよいよアップダウンの連続が始まります。


 阿那賀を過ぎて,淡路島南I.C.あたりから見えた鳴門海峡大橋です。今回は橋まで行くつもりがないのでここで写真を写してみましたが,霞んでいてわかりにくい写真になってしまいました。

鳴門海峡大橋
 観潮船「咸臨丸」の看板にひかれて,うずしおラインをはずれて福良の町へ降りれば,道路が広げられて走りやすくなっています。

 咸臨丸・日本丸と名付けられた帆船風の観潮船でうずしお見物ができるそうです。


 プラザ淡路島(ホテル)横の展望所から,帰港する咸臨丸がタイミングよく見えました。

咸臨丸
 もう一箇所より外側の道を行ってみました。


 最初はいい雰囲気だったのですが,登りが始まると道も荒れてきて,とうとうとんでもない急勾配まで現れて逆方向(淡路島時計回り)以外は走りたくないですね。


 黄線が県道,赤線が今回走ったルート


拡大地図はこちら


 その後は順調に走り続け,水仙峡の盛況を横目で眺め,夏より車が多いな〜とか思いながら由良を過ぎれば,残りは2時間程度で岩屋へ到着です。

阿万

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

シマニョーロ










 シマノとカンパニョロのコンポをMIXした場合使えるのか?


既に多くの方が実践しておられる,カンパニョロのエルゴレバー10S+カンパニョロリアディレーラーとシマノの9速スプロケットの組み合わせ以外にはどうなのでしょうか。


今回は,「カンパニョロのエルゴレバー10S+シマノリアディレーラー+シマノ9S」では使えるのか?です。

結論から言えば,使えなくもないが「エルゴ+カンパRD+シマノ9S」程には上手く変速してくれませんでした。


一番ましに変速するのは,写真のように,スプロケットの2速-3速と3速-4速(小さい方から)のスペーサーを9S用から8S用に変更した場合でした。

この状態で色々と調整を試したところ,1速-2速が変わりにくい,2速-7速はスムーズに変速する,7速-8速は行き過ぎようとする状態に調整をすれば,フロントのインナー・アウターにかかわらず全てのギヤが一応使える状態になりました。

スプロケット
 午前中に兵庫まで出かける用事があったので,昨夜の内に調整しておいたCARRERAで実走行の調子を見てみました。


行きは,ずっとアウターでの走行で,トップ・セカンドに入れる事は出来ませんでしたが他のギヤは全て使っての走行でした。

やはり7速から8速への変速で,一旦8速ギヤを乗り越えようとしてから8速ギヤへおさまります。

その他は,スムーズに変速してくれたので,全てのギヤで変速することになります。


帰りは,舞子で写真を写した後,インナーギヤを多用する事になります。

インナーギヤでも挙動はアウターギヤと同様でした。


この日の組み合わせは,ケンタウルのエルゴレバー+シマノRD-7700+シマノCS-7700(9S)です。

このRD-7700は9Sの時代から使い続けていて,今は10SのSTIと組み合わせてFELT君で使っている物で少々くたびれてガタが出ているので,新しいリアディレーラを使えば調整ももう少し楽にきまるかもしれません。

全体

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »