« ブレーキ鳴きが止まらない | トップページ | 2007 KHS »

2006年10月 9日 (月)

砥峰高原サイクリング





























 予定の朝7時に出発。30分後にワイン城前で最後の一人と合流,今日の参加者は5人。


 しかし,今日は微妙に後ろからのプレッシャーが強く(誰のせい?),ついついペダルにちからが入る。

 予想外に交通量の多い笠松峠を登り,グリーンピア三木を過ぎたあたりからようやく車の量も減ってくる。

 175号線が拡幅されバイパスも出来た今では,抜け道として使う意味のなくなった桃坂から社町への道は元の田舎道に戻ったようです。

 社町の名前の由来となった,由緒正しい佐保神社でバチあたりなオッサン達はトイレ休憩。


 滝野町,加西市と抜けて,釜坂峠(240m)への登りでちょこっとぼやきが入った程度で,平和な走行が続く。

佐保神社
 市川沿いの道に出たとたん,緩い登りに向かい風と私の一番苦手とするパターン,たまらずMさんに先頭を変わってもらう。

 いきなり5km/hのスピードアップ,なんてことするねん!と思いつつもなんとか食らいつく。心拍数も落ち着いた頃にJR寺前駅前に到着。

 この先コンビニどころか自販機も期待できそうにないので,補給を兼ねて小休止。6Kmほど先には厳しい登りが待っている。


 長谷ダムにつく頃には,他の四人は遥か先・・・開き直って写真を数枚。

 ダムまで登り,深山トンネルを出れば少し下った後,川上まで平坦基調が続く。

 先行した四人が待っていてくれて合流,この先通行止めとなっているが自転車なら通れるらしい。行ってみれば,自動車でもなんとか通れる迂回路(?)がありました。


 さあ!ここからは3Kmで300m登らなければなりません,平均勾配10%ということです。

長谷ダム
 四人にはあっさりと見捨てられ,なんとか登りきった砥峰高原。

 全員揃ったところで記念撮影です。
集合写真
 ススキの見頃にはまだ少し早いようですが,たいそうな人出で,自然交流館で昼食のつもりが,行列に恐れをなして,売店でアイスクリーム買って食べるだけで辛抱する事になってしまいました。


 30分程度の休憩後,峰山高原へむかう。

 峰山高原までの「おおかわち高原ライン」は舗装されているらしいということだけで,道路状況がわからないまま走り出す。

 たいした登りは無い・・・などということはなく,150m登って,150m下って,100m登れば峰山高原と,なかなか楽しませて(?)もらいました。


 簡保の宿が衣替えして出来た「リラクシア」は,高級リゾートという趣で,レストランもそれなりのお値段と,ここでも昼食はあきらめ,あと16km下るだけ,寺前駅前まで行こうと衆議一決。

ススキ
 下り始めれば,急勾配も手伝って車も追い越さんばかりの勢いで下る。


 30分少しで16kmをクリアして,14時を少し過ぎた頃には寺前駅前で,ビールに餃子・唐揚げと,懲りないオッサン達の反省会(?)は始まっていました。

寺前駅前

プロフィールマップ

拡大














出発07:00
ワイン城07:30
寺前11:00
砥峰高原12:30
休憩12:30〜13:00
峰山高原13:30
寺前14:00
昼食(宴会?) 
JRで輪行 
JR寺前駅16:06
JR明石駅17:20


走行距離:117Km


コース図はこちら

|

« ブレーキ鳴きが止まらない | トップページ | 2007 KHS »

Cycling」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 砥峰高原サイクリング:

« ブレーキ鳴きが止まらない | トップページ | 2007 KHS »