« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

2005年10月27日 (木)

2006 RUDYPROJECT

●IMPACT X
 フレームは継続で新商品の発売はありませんが,レンズに新商品が追加されます。
 元々軍事用に開発された「IMPACT X(インパクトエックス)」はポリカーボネートを越える強度と透明度,軽量性を持っており,ピュアレンズと調光レンズが提供されます

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006 Campagnolo

●コンパクトドライブ
 2005年はカーボンクランクのみだったコンパクトドライブにアルミクランクが発売されます。
Campagnolo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006 CINELLI

●SPIRIT(クロモリ+カーボン)
 フォークとバックにカーボンを使っているので,振動吸収性はすばらしい。

写真はXPERIENCE

cinelli

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006 ORBEA

●ONIX(カーボンフレーム)
 マイルドな乗り心地ながら,登りは軽い

●Aqua(アルミ+カーボン)
 メイン三角にアルミ,フォークとバックにカーボンを使ってリーズナブルな価格で,軽い登りと振動吸収の良さを実現している

写真はOPAL

orbea

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006 CARRERA(カーボンフレーム)

●Estremo(写真)
 乗って楽しいのは一番だったが,硬い!
 石畳での乗り心地は,角は取れているものの硬さははっきりと感じ取れます。

●Frisuco
 エストレモほどではないものの,硬いです。

carrera

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006 TIME(カーボンフレーム)

●VX RS ULTEAM(写真)
 VXRSをさら125g軽量化フレーム単体で915g

●VXS
 試乗した感想は,ダンシングでもシッティングでもしっかりと登り,石畳の下りでの振動吸収もすばらしく,乗りやすいフレームでした。
●VX EDGE
 極上の乗り心地!この日試乗したなかで最高の乗り心地でした。しかも,登りで柔らかさを感じさせないのはさすがTIMEです。

time

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年モデル発表会

郡山城趾のすぐ横の会場で開催され,各ブランドの代表車種は試乗車が用意されており,お堀沿いに登っていき石畳を下るという1周約1kmのテストには絶好のロケーションで,次々と試乗してきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月26日 (水)

2006 LiteSpeed

 チタンで最軽量(772g)と,重量計に載せられて展示されていました。価格は\609,000(税込)だそうです。

 サイフも軽くなるなあ〜

ライトスピードフレーム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TOPEAK

 使い勝手のいい商品を多数上市しているトピークからは,2006年の新製品として,LEDライト・ポンプ・リアキャリア等が展示されていました。

LEDライト
 3ワットLED/1ワットLEDを使い,リチウム電池(CR123A)で約3時間点灯。別売のパワーパックを使えば7時間〜10時間に点灯時間が延びます。発売は1Wモデルが11月,3Wモデルが2月の予定です

ポンプ
 カーボン(重量:55g)あるいはアルミボディ(重量:65g)の超小型ポンプが発表されていました。発売はアルミが12月,カーボンが1月の予定です。

キャリア
 従来からのリアキャリアが改良されて,ディスクブレーキ台座に干渉しないように脚がオフセットされたものが12月に発売されます。

TPEAKライト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月17日 (月)

義経道・長坂山




 久しぶりにオフロードを走ってきた理由は,サイクルスポーツ誌から12月号に掲載される「蔵出しコースガイド」の原稿を依頼されたからで,細かなところの再確認をしてきました。

 一番大きく変わっていたのは,いつも使っていた衝原湖東側の駐車場が有料(9時〜18時/1回500円)になっていたことです。
 で,車を止めたのは衝原湖展望台駐車場(無料)。そこから神出山田自転車道をウォーミングアップ代わりに5kmほど走って,義経道へ入る。

 

 藍那までの約4kmにある枝道をすべて確認していると結構な時間がかかってしまい,次の長坂山のルートを見る時間が心配になってくる。

衝原湖
 でも,お腹も空いてきたので,長坂山までの途中にある,少し開けた田んぼの横でお昼にする。
 ここまではなんとか乗って来られた道も,より勾配が増し押し上げて行くことになる。
 長坂山側は枝道も少ないので,あっさりと下まで降りて来られました。

 家に帰ってから原稿を書いて送りましたが,プロの編集者とはスゴイもので,内容はそのままに,読みやすい文章に変わっています。
 その他,細かな確認があってようやく終わりましたが,周辺情報の収集等,編集作業の大変さの一端をかいま見せていただく事ができました。

長坂山

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月10日 (月)

因島大橋

 生口橋を渡って因島へ。

 途中からは,山の中へ入っていくサイクリング道をはずれて,海岸沿いを行く。

 因島大橋を渡ると向島で,サイクリングも終盤です。
 向島は,尾道に近づくほどに都市化が進んでいて,信号も車も増えてきます。

 いつ乗っても昔の風情を感じさせてくれる,駅前渡船で尾道駅前へ渡ると今日の走行もほぼ終了です。

 当店のサイクリングでは珍しく,晴天の一日となって楽しく過ごせました。

因島大橋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多々羅大橋を走行

 宮窪で折り返して,伯方島・大三島から多々羅大橋を渡って生口島へ。

 瀬戸田で小休止。

 小休止のついでに,伯方島の塩ソフトクリームに続いてレモンソフトクリームを食べる。
多々羅大橋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

潮流体験

 伯方・大島大橋で大島へ渡って,宮窪へ。

 ここでは10月末まで,能島付近で潮流体験ができます。

 宮窪港で待つこと20分,小さな漁船が帰ってきました。

 板を渡しただけの簡単な座席に15名ほど乗せて出発。

 村上水軍の説明を聞きながら,間近に急流を見ることが出来ました。

急流

| | コメント (0) | トラックバック (0)

集合写真

 大三島に上陸して,いよいよ今日のサイクリングの始まりです。

 盛から海岸沿いに南下していきます。

 多々羅大橋をバックに記念写真。

 多々羅しまなみ公園で「しまなみ海道サイクリングチケット」(\50x10)を購入,これで橋の料金所で小銭を用意しなくてもよくなります。

 どんどん南へ進んで大三島橋を渡って伯方島へ。

 北側から伯方島を半周して木浦へ到着,名物塩ラーメンで昼食です。

集合写真

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多々羅大橋

 フェリーは大久野島を経由して,盛港まで約20分。

 左手にひょうたん島を,正面に多々羅大橋を見ながらの航海です。

多々羅大橋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しまなみ海道サイクリング

20051010_0_2 しまなみ海道サイクリング,山陽新幹線・JR呉線と乗り継いでやってきたのが忠海。

 最近建て替えられたのか,きれいな駅舎です。

 駅のすぐ裏手にある,忠海港からフェリーで大三島・盛港へ渡ります。

 自販機で切符を買って,適当に桟橋で時間待ちをしていると,盛港からのフェリーがやってきます。

 
 全員(車より乗客の方が多い)が下船したら,どこからともなく現れた係のおじさんに切符を渡して乗船と,なんとものんびりしたものです。

 コース詳細

| | コメント (0)

2005年10月 5日 (水)

2006 パールイズミ

UVカット製品が充実して,来春には夕イツ・女性用グラブも発売されます。 パールイズミ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006 HAYES

ブレーキの作動が体験できるディスプレイで試してみたら,メカニカルモデルの引きが軽いのが印象的でした。 HAYES

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006 ROCKSHOX

フロントサスペンションは商品構成(商品名?)が変更され「duke」「PILOT」がなくなり「Recon」「Revelation」「TORA」が発売され,1機種増えて8機種になっている。 リアショックユニットは「PEARL」「MC」の2機種が追加され4機種となっている。 RockShox

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006 GIANT

広い会場にゆったりと並べられて,見て回りやすくなっています。 DAHONだけでなく,ジャイアントも折りたためない小径車を発売するそうです。 小径車
このフラットバーロード,カーボン製エアロ形状フレームに,ワイヤー類も内蔵される凝った造りですが,いまいち用途が理解できない。 フラットバーロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 2日 (日)

ロード走行会

 月1回,恒例の走行会です。

 雲行きの怪しい中を喜々として走り回る,怪しげなオッサン三人。

 雨も恐れをなしたのか降ることもなく,11時頃には帰路につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »