« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月

2005年8月22日 (月)

呉-尾道

 三原からは国道2号線を走ることになります。

 いきなりの大渋滞でビックリしましたが,市街地をはずれると解消されましたがながれは早くなく,サイクリストにとってはありがたいスピードです。

 次に見えてきたのは「因島大橋」です。

 国道二号線とは別れて尾道市街へ入り,JR尾道駅前から駅前渡船に乗れば正面に大和のロケセットが見えています。

 ロケセット見学の後は新幹線で帰るだけなので,約150km走った汗と埃を落とすために風呂へいったのです・・・
 尾道から北へ10km程行った「養老温泉本館」で日帰り入浴が出来るのですが,遠いので,近くの銭湯を選んだのです。

 場所はわかりやすく,サティの北側ですが・・・のれんをくぐった途端に40年前にタイムスリップです・・・ドラえもんもビックリ!

因島大橋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国道185号線

 呉で大和ミュージアムを見学した後は,尾道にある1/1大和です。

 しかし,このルートは市街地が続いていて,楽しく走れる道路ではありませんでした。

 ようやく忠海あたりまで来て海岸沿いをサイクリングしているという雰囲気を味わうことができます。

 海のむこうには,しまなみ海道の「多々羅大橋」を見ることが出来ます。
多々羅大橋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇品港

 今回は大和を結ぶサイクリングということで,スタートは広島駅です。

 宇品港まで市内を走り抜け,ここからはフェリーで江田島へ渡ります。

 途中で,なんと!潜水艦に遭遇。
潜水艦
 細かなアップダウンの続く江田島を走り抜け,ループ式の取付道路を持つ音戸大橋を渡ります。

 このあたりは道も狭く,車の通行も多いのでゆっくり走るわけにはいかず,とにかく早く走り抜けようと走ったので橋の上からの景観どころではありませんでした。

 その後,呉までも車が多く走っていて,楽しい道ではありませんでした。
音戸大橋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男たちの大和ロケセット

 こちらは1/1の大きさで再現された大和,とは言っても映画男たちの大和のロケセットとして作られたので,一部分だけです。

 しかし,実物大というのはたいした迫力で迫ってきます。

 駅前渡船を下りたところが入口で,そこからシャトルバスに乗せられます。

 廃墟と化した日立造船所跡の中を抜けていくと大和が見えてきます。

 バスを降りたところで入場料を払って,大和の艦上へ
男たちの大和

大和

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大和ミュージアム

 2005年の4月にリニューアルオープンした大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)には1/10の戦艦大和をメインに,零戦や回天が展示されています。

 じっくりと見て回れば半日はかかりそうなぐらいの展示物がならんでいますが,私の目当ては零戦です。

 1/10大和もなかなかの迫力で,細部も見事に表現されています。
呉 大和
 この機体は1978年に琵琶湖の湖底から引き上げられ,復元後,「京都嵐山美術館」−「南紀白浜零パーク」−「大和ミュージアム」と移ってきたもので,62型という事になっています。

 回廊を回って上から,再現されたコクピットも見ることができます。
零戦

コクピット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月21日 (日)

都道府県対抗ロードレース(のじぎく兵庫国体プレレース)

 来年兵庫県で開催されるのじぎく国体のプレレースとして開催されました。

 神戸市西部・明石市の人にはおなじみの,明姫幹線を閉鎖しての公道レースだということなので見に行ってきました。


 交通規制が始まってから国道2号線を西へ,スタート地点をめざして走っていると,交差点という交差点はガードマンと警察官でものものしい警戒ぶりで自動車は一切入れないようにしていました。

 スタート・ゴールのマイカル駐車場ではチーム関係者ばかりで一般観客はほんの少しと,寂しい状況です。

 レースがスタートして,沿道を東の折り返しへと移動していきましたが,もの凄い観客ではなくて・・・警戒ぶりです。

 警察官・ガードマン・自衛隊・ボランティアがずらーっと並んで沿道を埋め尽くしていました・・・ちょっとオーバーやけど,すごい人数でした。

 レース結果は3周回目で帰ってきたのでわかりませんが,開催県の兵庫県は強化もしているようなので,いい結果を残していることでしょう。


 22日と23日は明石公園にある競輪場で,トラック競技だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月14日 (日)

野島鍾乳洞

全員のスタート後,ゴールの始まる11時まではヒマなので,今回は野島鍾乳洞を見に行ってきました。

北淡野島からの登りはハンパじゃない・・・

なんとか淡路景観園芸学校まで登ったものの鍾乳洞はどこだ?
GPSに入れたポイントはすぐそこなのだが行く道がない・・・

ウロウロ・グルグルと走り回って,登って・下って,やっと見つけた鍾乳洞入口は草に覆われていました。(写真右の岩)

ここへ入った人の体験記も見ていたので,とてもじゃないが中へ入ろうという気にはなれず,入口を見ただけで退散です。

鍾乳洞入口
で,帰りは来たときとは反対側へちょっと行ったら,この看板です。

カントリーメイツ牧場の北側から来ればすぐに見つけられたのでした。

入口看板

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツール・ド・アワジ

お盆休みの恒例のイベントツール・ド・アワジも20回ちかく(いつから始まったかかよく分からない)回数をかさねてきましたが,三年連続で天候不良となって

日頃のおこないが・・・なのか?

で,参加者は7名と低調でした。
今にも降りそうな曇り空をものともせず,100kmコースと50kmコースに別れてスタートし,全員無事に走りきることができました。

石屋神社前

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 7日 (日)

西神ニュータウン ロード走行会

 西神ニュータウン ロード走行会
,9時をちょっと過ぎて待ち合わせ場所(ワイン城の樽の前)に着くと,Mさんがお待ちかねの様子。

 さっそく二人で走り出す。一周目の終わり頃にOさんが逆走してやってきて合流,二周目の終わり頃にはHさんが合流。

 でも,私は用事があるので二周でおしまい。

残った三人はどうしたのでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 1日 (月)

パンク

しないときは,まったくしないが,しだすと続く・・・

発端は四万十川源流で,ダートを走ったときに痛めていたらしく,後輪が何カ所も切れていたり小さな穴が開いていた。

気がつかずに乗り続けていたら,先日,見事にパンク。

チューブは修理で済んだが,タイヤはどう見ても使用不能。

走行距離は短いのに新品と交換するはめに。

数日後,原因不明(フラップで切れた?)のパンク・・・チューブの修理のみで復旧・・・今のところ大丈夫。

と,ここまではロード。

MTBも最近空気の減りが早いので,別のチューブと交換して出かける。

10分ほど走った先で,数分の用事を済ませて出てくると,後輪がぺちゃんこ!

近くへの用事だったのでスペアチューブもポンプも持っていないし時間もないので,パンクしたまま乗って帰る。

上り坂をグリグリと乗って帰ったら,タイヤのサイドはボロボロ,チューブもダメで交換。

この一週間で50kmしか走ってないのに,タイヤ二本,チューブ二本を消費・・・う〜ん

まあ,この二年間パンクしてなかったからね〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »